2014年02月27日

【閉店】中華蕎麦 きみの@飯田橋(醤油 58/'14)

訪問日時:2014/02/26 12:00


2月24日開店の新店。

情報を見る限り、どこぞの紐付きでもなさそう。


神楽坂の下の方、神楽小路に入って行くと、

脇のみちくさ横町に店はあった。




なお、この先はドンツキ。


ここに曲がる道は細いけど、

人通りは多いし、目に止まり易いかも。。




粋だ。

小料理屋のようだ。


店に入ると、狭い物件というのが第一印象。

L字型カウンター8席で、

人が座っている後ろを通るのに気を使う。


券売機の写真は失敗したので、お品書きを記す。


塩750、醤油750


ご飯(穀米)100、焼豚飯280、炊込み飯(日替り)280、

ちーず飯(日替り)280、おりーぶ飯(日替り)280

それぞれ少なめは-80円


ねぎ、のり100

めんま、味玉120

焼豚(1枚:120、2枚:240、3枚:360)

贅沢のせ250


緑茶200、生ビール(小:290、中:390、大:490

おつまみ全盛セット600


ランチタイムは大盛りサービスのようだ。

また、2月末まで中華蕎麦は650円で提供。




女将さんが丁寧に商品の説明をしてくれて、

塩推しのようだけど、私は醤油を購入。

あとちーず飯少なめも。


一番奥の席に案内され、着座。

まずはこれが目に入る。




右側の入れ物はすだち果汁。

そして、箸置きの下側は調味料入れになっている。




引き出しの引き手がそのまま匙になっていて、

これはおしゃれだ。


左から一味、七味、胡椒、伊達の旨塩。


厨房内は店主さんと助手君。

開店したてだし、忙しそうだけど

慣れた手さばきで4分後到着。




ふわーっといい香りが。

これは好きなヤツ!




芽葱がおしゃれですね〜〜

こういう盛り付け好き。


スープは大山地鶏をベースに野菜鰹節、

煮干しなどの魚介、昆布、椎茸などを煮込んだもので、

タレは4種の塩を合わせた塩味と店主故郷の宮城の醤油を使用した醤油味。

無化調だそうだ。




丁寧に仕事した感が伝わる。

実にやさしい、まろやかなスープ。


麺はカネジン食品の中細やや縮れ。

しっかしした食感でスープをうまく拾ってくる。







ウ(◎◎)マ〜〜〜!!!




こりゃおいしいぞ!

なんだか神楽坂にはこんな中華蕎麦がよく似合うという感じ。


チャーシュー、かなりおいしい。




大判で食べ応えもある。


メンマもこだわりの一品と思料する。




柔らかい食感がすばらしい。


うまうまと食べ進み、

あっという間に麺はなくなってしまった。

大盛りでもよかったなー


でもこいつがある。

ちーず飯。




これが至極の味わい。

チーズはパルミジャーノかな。。

実に好みの味だよ。


こりゃいろいろ遊ばないと、

ってことで、




最高!!


もういっちょ。





ウ(゚∀゚)マ!!




例の調味料入れから七味、胡椒を仕使用。

満足である!



すだち果汁を少し入れた醤油スープを

お伴にしながら、楽しい楽しい。


すだちはちーずご飯にも合うです。


双方きれいに完食し、

店をあとにした。

また来てみたい店だ。



お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。

感想など。。。
posted by ぼぶ at 10:06 | Comment(0) | TrackBack(1) | 東京都新宿区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月27日

Kitchen 山ちゃん@飯田橋(豚担麺汁あり 374/'13)

訪問日時:2013/12/26 11:53

仕事のあとさきを考えると
神楽坂が便利かな、
ってことで、Kitchen 山ちゃんへ。



元々「中華料理山ちゃん」(1976年創業)という中華店だったけど、
さまざまな事情により閉店を決めていた二代目店主さんが、
縁あって神楽坂の炭火焼き店「炙屋小鉄」などを展開するBOWSへ
店を引き継ぐことになり、11月10日リニューアルオープンとか。
いわゆるホワイトナイトですか。。
そして、12月2日よりランチを開始した。

コンセプトは中華&イタリアン。
中華料理担当として元店主さんも引き続き厨房に立つことになった。
その辛い料理が前から評判だったらしい。。

店はすいていた。
っていうか先客なしだった。



ランチは中華だけ。

担々麺ではなく、豚担麺なのね。
汁なしもいいらしいけど、
汁ありでお願いした。
辛さは指定できない。


店内はイタリアンと中華の料理が
混在してベタベタと貼られている。



楽しそうな店だ。
夜にも来てみたいな。

泡はなみなみとついでくれるらしいし。



店主さんが慣れた所作で鍋を振り、
3分後到着。



ほー。
胡麻のいい香りだ。
花椒は控えめだな。。



具は肉味噌、チャーシュー、ねぎ、チンゲンサイ。
肉味噌は予めスープに溶けてエマルジョン状態。

スープをすすって、衝撃!




(゚∀゚)!!!


なんとおいしい・・・

上質な胡麻の香りとコク、
ほどよい辛さ、
そして基本のスープの良さがよくわかる。

こりゃ、来て良かった。







ウ(◎◎)マ〜〜〜!!!





中太縮れ麺もこだわりの食感を見せる。
特にインパクトのあるものではないけど、
スープが充分に乗ってくる一口一口が実に楽しい。

チャーシューは普通だけど、
チンゲンサイの茹で方も抜群なら、
麺と一緒に口に入ったときのねぎの食感がとってもいい。
そして、肉味噌のおいしさもよくわかる。


途中で花椒を持ってきてくれた。

「ひとふり ふたふりしてみてください。味が変わります」

いやいや、

バサバサっとね



「ああ、かけ過ぎかも・・・」

と言われたけど、
私には全然ありだよー。
ウマウマだよー。
痺れるよー。


こりゃライスを欲するな、
欲しいな、
と思いながら、担々麺では珍しく
一気にスープまで完食してしまった。

汁なしも是非食べたみたいぞ。



お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。


感想など。。。
posted by ぼぶ at 11:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都新宿区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月06日

山形らぁめん 豚村 てじまぅる@新宿(昔ながらの山形らぁめん 352/'13)

訪問日時:2013/12/06 12:30


新宿の新店を目指すもまだオープンしていなかった。

なので、つい最近、情報を仕入れたお店へ向かった。




このビルの地下にある。

濁酒本舗てじまぅるという居酒屋のランチ業態。

この9月から山形らーめんを始めている。




「らーめん」の幟はあるものの、

全然その感じがしなくて、

おそるおそる階段を降りていくと、




どうやらここがそうらしい。

ってことで、入店。


お。

何人かお客が慣れた様子でいる。

すでに認知されている雰囲気もある。


テーブルに座って、メニュー拝見。




つけそばと山形正油らぁめんとあどだし酒田らぁめんの

3種類にトッピングの違いであれこれ。


平田牧場の三元豚を使っているとのことで、

チャーシューには自信を持っているみたい。


昔ながらの山形らぁめんと、とりカレーミニ丼をお願いした。


卓上には胡椒と水とステンレス製のカップ。




お箸は先端が上を向いてささっているけど、

逆の方がいいね。


夜は居酒屋の店内。

椅子はカン(^^;




きた。




昔ながら、って表現がぴったりだね。




昔はカイワレなかったと思うけどね。。


スープはノスタルジックそのもの。




いいね。


麺は細縮れ。




もしゃもしゃした食感が

いかにも山形。


麺、おいしい。


チャーシューはさすがにおいしかった。




これは現代風だね。

柔らかくて正油ダレの味が濃い。


メンマがたっぷり!




癖がなく、食感がいいので、

たくさんあってもじゃまでない。


鶏カレーミニ丼。




鶏はとろとろになって存在している。

鶏出汁の濃いカレー。

ご飯もおいしく、これは食べてよかった。



目新しさはないものの、

安心の味わいを求めるのか、

お客がそこそこ多いのにこちらも安心した。





お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。



感想など。。。
posted by ぼぶ at 15:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都新宿区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月30日

油そば専門店 GACHI@曙橋(つけ油そば 324/'13)

訪問日時:2013/10/30 12:05

麺や庄の系列4店舗目は油そば専門店。



自家製麺は最近ではあまり目を引く言葉ではなくなったけど、
「打ちたて」は数少なかろう。。

まさに店の奥の製麺室では
リアルに麺を作っていた。

店に着くと2人待ち。
先に食券を買って、スタッフさんに渡す方式。



店頭の図説入りのメニューが実にわかりやすい。
何にしようかな、と迷った。

でも、油そばのおいしさは先人達のレポートで知っているところ。
それよりも26日に追加発売された、つけ油そばが気になるので、
それを購入した。
あと、おいしいと評判のほろほろ鳥のスープも。

ちなみに月曜限定の油そばカレーは28日より正式発売されている。

やがて店内に呼ばれ奥から2つ目の席に着座。
L字型カウンター7席。
少々狭さを感じるかな。。

ほろほろ鳥のスープはセルフで、
ということで、カウンターの奥へ。



ごはんもセルフでおかわり自由。。

スープは右側の鍋に。
器を取り、タレ、香味油、三つ葉少々を入れて、
スープをレードルで注いだ。



これがおいしいのよ。
鍋の底からかき回すとガラとか
いろいろ浮いてくるので、
ちょっと入れてみた。



ほろほろ鳥ってわかる皮のところ(^^;
でも、それなりにおいしいす。。。

卓上調味料は豊富。



練り唐辛子、ラー油、唐辛子マヨネーズ、コンブ酢、
ハーブニンニク、フライドガーリック、黒胡椒。

油そばの食べ方指南書あり。



未食のお客1名で座って4分後到着。



写真解説では、豚骨魚介スープとだけ書いてあって、
麺とスープがどういう風に分かれてるのかな、
と思っていたけど、スープというよりソース的なものが
かけてあるということなのね。

これは斬新なビジュアルだ。

「まずは麺から召し上がってみて下さい。
軽く塩味もついてまーす!」

デュラムセモリナ粉100%の麺をぱくり。

うほほ

うまい!!

軽く縮れているけど、



ストレートだったら、生パスタの麺として通ずるね。
しなやかでとってもいい麺だ。

では、スープをつけて麺をいただくことにする。





!!!



ウ(◎◎)マ〜〜〜!!!




このスープを別の器に入れて出したら、
濃厚豚骨魚介つけ麺としての要素が勝ってしまうだろう。

でも、麺の軽い塩味のせいで、
豚骨魚介は軽く味付けする的なポジションになる。
この提供の仕方は非常に面白い!

チャーシューは鮮烈にうまい。



もう200円出して、チャーシュー増しにしてもよかったな。

メンマも癖がなくていい感じ。



では、味変を試みてみようかの。。。

フライドガーリック。



合う。

ハーブニンニク。



合う!
これはいい!

練り唐辛子(正式名称は不明)。



合う!!
辛くなるけど、香りとパンチが増してまいうー!

唐辛子マヨネーズ・・・・合う!!!
コンブ酢・・・・合う!!!
ラー油・・・・合う!
胡椒・・・・普通。

といった相性でしょうか。

こんな遊びも楽しい。



徐々に豚骨魚介のスープが混ざっていくスープは
甘みあるものに変わっていく。
これまた一興。

おいしかった。
油そばの概念を一段と進化させた店の誕生だ。
すぐに話題になったし、
人気店として認知されていくことだろう。



お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。


感想など。。。
posted by ぼぶ at 14:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都新宿区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月24日

可成家 TOKYO代々木店@代々木(徳島ラーメン定番茶系 290/'13)

訪問日時:2013/09/24 11:53

徳島ラーメン。
東京では、できてはなくなり、
できてはなくなりの繰り返し。

でも好きなんだよなー。
わかりやすい味だし、
甘辛の感じがたまらない。。

9月4日に新たに誕生した徳島系。



徳島からの東京初進出店。

徳島ラーメンの元祖の白があるということで、
話題になっている。



店頭の券売機で、定番茶系とライスを購入した。
やっぱり徳島は茶色でなけりゃ。。

入り口は両脇にあり、
店内は6席ずつのカウンター12席。
カウンターの中が厨房で、
様子が全てわかる。

卓上の調味料は唐辛子と胡椒のみ。

製作過程を見ていて、不思議に思った。。
器にタレを入れ、ほんの数秒バーナーで炙っている。
これはなんのため?
焦がし臭はこれじゃつかないし、
単に温める?

そして、麺がゆであがると、
一旦テボを置いてから、
器にスープを注いでいた。
それから麺を入れるわけだが、
うーむ、ここは逆の方がいいんじゃないかと。。。

未食の先客なしで、4分後到着。



お盆に乗っているのがうれしい。



うう、ピンぼけた。
なので小さくしてごまかす。。

さて、いい色でありんす。
スープは塩味が少しおとなしい、豚骨醤油。



もう少しタレを びしっと きかせたやつがいいな〜

麺は定番細ストレート。



しっかりしたコシがいい感じ。
ざっくり感がたまらん。

無料の生玉子ももらいましたよ、もちろん。



徳島と言えば生玉子とライス。
すき焼き大好き人間としては
最高の食べ物っす。



じゅるっと玉子が絡んだ麺もまた。。。

ライスをやっつけるのが
実に楽しい。



からの、



さらに、



ああ、おいしかった。
でも、やはりもう少しタレの味がほしい。。。

JACに行きたくなってしまったな。。




お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。


感想など。。。
posted by ぼぶ at 13:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都新宿区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月13日

【閉店】川越らーめん やべや@牛込神楽坂(川越ラーメン 280/'13)

訪問日時:2013/09/13 11:57

神楽坂はいい。
好きな街だ。
店を探していて、

え。こんなとこ入るの?!

というシチュエーションもしばしば。
迷い込んで歩いてもそれはそれで新しい発見があったりする。

今日もそうだった。



え。
このビルとビルの間かい!

入っていくと、



果たして目的の店はあった。



やべやは月曜、火曜、金曜の昼だけの営業。
水曜、土曜の昼は「麺や 藤井」として営業。
深夜は「中華そば まる田」として営業。

それぞれ別のTwitterアカウントでつぶやいている。
なんか忙しそう。。。

麺や藤井は nextさんサル番長さんがレポートされている。
この9日から、三毛作目のやべやがスタートした、
ということでよろしいか。



では、潜入いたしましょう。

店内はカウンター4席、
掘り炬燵式の小上がり2卓。

一番手前のカウンター席に陣取り、
川越ラーメン、発注。



ライス無料おかわりOKとは太っ腹。

カウンターの壁には説明書き。



写真通りの現代風(?)ちょんまげの店主さんがいる。
川越ラーメンはサムライラーメンか。。。
よくわからんけど、楽しみ。

卓上調味料は白胡椒、辛酢、唐辛子、辛いニンニク味噌。
あと、ご飯用にきゅうりのキューちゃん。



7分後到着。



「藤井」と器は一緒ね。
渋いね。

で、じっくり見てたまげた!



どろんどろんのスープだよ!
久しぶりにへたくそな動画でも。。。



スープをすすると、

ずずず〜〜

ではなく、

じゅるじゅる〜〜

って音がする。。



で、またまた驚いた。

こりゃうまい!
豚骨の旨み、甘みが存分に味わえる。
そして、とろとろの正体はベジポタのようだ。

麺は中細縮れ。



一気に口へ放り込む、、



ウ(◎◎)マ〜〜〜!!!



賛否あろうけど、
私はこれ、大好き!!

塩分のちょうどいい どろどろスープが絡みつき、
しこしこの麺を引き立てる。
ほうれん草もいい感じに合っている。

チャーシューがすごい。



でっかくて、食感が絶妙で、
味わいもよし。
チャーシューメンでもよかったな。。

では、調味料テイスティング。

辛酢。



確かに辛い酢だ。
さっぱり辛くなる(^^;

唐辛子。



辛くなる。(^^;

辛いニンニク味噌。



これが一番合っている。
ドボっと入れたよ。

無料のライスはもらわなかったけど、
ライス割りしたらおいしいに違いない。
実際、隣人のそれが超おいしそうだった。。

スープまできれいに完食。
500円を支払うと、チラシをくれた。
今月末までは川越ラーメン700円が500円になる。
チラシが必要かどうかは不明。。

いや、でも、700円でも私は食べたい。
久しぶりにちょっと感動した。

でも、謎多き店ではあるな。。


店を出て、せっかくなので、
小径を歩いてみた。

粋な黒塀のBAR。


三年坂のような階段。


思わず引き戸を引いてみたくなる和食屋。


一度行ってみたいARBOL。


石畳がいい。


路地の出口にあるイタリアン。


神楽坂はどこを歩いても
そそられる店ばかりだ。



お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。


感想など。。。
posted by ぼぶ at 14:28 | Comment(2) | TrackBack(0) | 東京都新宿区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月23日

らーめん 五ノ神製作所@大久保(海老油そば 257/'13)

訪問日時:2013/08/23 11:42

らーめんの方の五ノ神に再訪問。
8/9より海老油そば、8/15より海老トマトらーめんが始まっている。



よっしゃ!
あるある。

早速潜入し、一番奥に着座。

卓上には案内を書いた、立方体。



底を除く、五面にインフォメーションが書いてある。
メルマガ、お水はセルフ、カレースパイスの使い方など。。

スタッフのみなさんもとても感じがいい。
空気で いい店になってきたのを感ずる。

10分後到着。



うほ。
結構な量がありそうだ。

タレ煎りの生玉子もやってきた。



あとでつけ麺風にしてもいいし、
混ぜてもいいし、
と言われた。。

紫キャベツも健在ね。



具はチャーシュー、メンマ、青ねぎ、キャベツ、紫キャベツと、、、
奥の茶色はフライドオニオン?

麺はらーめんより太い。



それほど混ぜなくても味は付いている。
むっちりした麺で海老風味がすごいわ。

混ぜる。



ぐわしぐわし、と食べる。

こりゃ、おいしい!
まさに海老油そばというネーミングがぴったり。

でかいチャーシューもかなりおいしい。

そしてフライドオニオン?がかなりいい効果だ。
タレをすって、麺に絡みついてくるので、
味が余計にのってくる。

玉子はまずはこうしてみた。



ふむ。。
なんかピントはずれなような。。。

とりあえず、玉子は無視して、
カレーパウダー投下。



海老とカレー風味ってつくづく合うなー
と思う。

たっぷりの麺をやっつけたあとは、、
バジルご飯。



ひゃー、こんなにたくさんか!
ご飯はチキンライスの型に入れられて盛られる。
なので、お茶碗たっぷり二杯分くらいはありそうだ。

で、

このバジルご飯、めちゃくちゃおいしい!!
これだけでもいい塩梅の味がついてる。
でも、これにらーめんのスープをかけるのが正解だろうな、、、

とか思いながら、、、



このライス割りは異国情緒たっぷりだ。
海老とバジルも合うんだな〜〜

使いあぐねていたたまごも利用。



ふむ。
やっぱりピンと来ないかな。。。

生玉子は麺に和えるのが正解かな?

おいしかった−。
ぶわー、おなか一杯だ!


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。


感想など。。。
posted by ぼぶ at 13:38 | Comment(2) | TrackBack(0) | 東京都新宿区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月12日

【閉店】和酒おばんざい 和ごころ@四ッ谷(広島つけ麺 244/'13)

訪問日時:2013/08/12 11:56


広島風つけ麺が食べたくなった。

四ッ谷のぶちうまを思い出したけど、

すでに閉店していたのね。。。

人気店だったのにね。。。


で、その近くの居酒屋さんのランチへ。




四ッ谷駅の交差点を渡ってすぐ。

外堀通りから入ってすぐのビルの2階。

「和酒おばんざい 和ごころ」。




ふむふむ。40辛まであるのね。




麺は180g。

つけ麺としては少ない方だな。


店に入ると当たり前だけど、まんま居酒屋。


卓上のメニューを確認するまでもなく、




これしかないので、辛さのコールだけ。

20辛でお願いした。


前金制なので、先にお会計。。


調味料は酢と花椒。




花椒はうれしい。

あとでたっぷり入れるぞ、と。


と、スープ到着。




辛そ〜〜。


ホールの片隅にはすでに1辛のスープが

置かれていて、ホール係の女子が辛味をすくって入れていた。

1杯で10辛2杯で20辛みたい。


そして、麺到着。




およ?




廣島つけ麺ぶちうまにそっくり!


あとでわかったけど、
閉店したぶちうまの味を目指しているらしい。


それにしてはスープにゴマがないな。。


ま、いいや。

いただきまーす。






うほ。







ウ(◎◎)マ〜〜〜!!!








ぶちうまのような、トマトの酸味はないけど、

辛いだけでないコクもあり、

広島つけ麺のつけダレとして非常にいい。


辛さは20倍で私にはちょうどいい。

でも、冷や冷やのつけ麺なのに、

徐々に汗が噴き出してきた。。


つけ合わせのレタス、キュウリも実に合う。




途中でレモンを搾ってみたけど、

これはもっとたくさんほしいな。

レモンの酸味が実に気持ちよかった。



久しぶりの本格広島つけ麺だけど、

やはりおいしい食べ物だ!


チャーシューもうまい!




それから、花椒も入れてみた。




できれば挽いておいてほしかった、


or


ミルに入っていてほしかった。

香りだけは楽しめた。。



私より早くきた隣のカップルよりも

早く食べ終え、〆ごはんをお願いすると、

手渡し方式で返ってきた。




小さなお匙も添えられている。

ご飯は温かいのでありがたい。


そのまま食べると辛さはややマイルドに感じた。

こりゃーうまい!

ぶちうまではご飯がなかったからね。。。


一口食べたあとは、

このために残しておいたやつで飾りつけ〜




ごきげんな食べ物に変化。


大満足で店をあとにした。

帰りにぶちうまのあったところに寄ってみたけど、

看板はあるものの、確かに営業していないようだった。


広島風つけ麺は東京でも

はやるような気がするけどなー。

和ごころでも、女子のお客様が多かったし。


なお、こちらの広島つけ麺は夜もいただける。




お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。



感想など。。。
posted by ぼぶ at 14:15 | Comment(2) | TrackBack(0) | 東京都新宿区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月25日

俺の空 新宿店@新宿(和え豚そば 221/'13)

訪問日時:2013/07/25 11:45

俺の空が3店舗目をオープンさせた。
その昔、日本テレビのラーメン店ランキングで
一位になったのには少々驚いたりもしたけど、
その味は確かだった。

池袋の2店舗目「我空」が俺の空池袋店に
変わったと思ったら、ついに新宿ですか。



あまり人通りが多いところではないけれど、
昼前なのにすでに混み合っていて、人気のようだ。

券売機で未食だった和え豚そばを購入。



ホット、カレー、麺まし無料のようだ。
でも、券売機のボタンは押せなかった。。
どうやら口頭で伝えるようだ。

大きな店内。
カウンターに案内された。

味変用に無料のカレー粉を別皿でもらえないか尋ねたところ、
それはできないとのことだった。
最初からカレー味にしてしまうようだ。



ホットとカレーは浸けそばめんと和えそば。
麺ましはつけ浸けそば、替え麺は掛けそばの限定アイテム。


ブラックペッパーの入れ物がかっこいい。
でも、どばっと出るので注意が必要。。



嶋本さんはやっぱりいないよね。
あの武道家系の腕の筋肉を久しぶりに拝みたかった。

我空では緩く感じた店の空気は
ここでは全く異なり、活気にあふれている。
スタッフが元気すぎないのもちょうどいい。


7分後到着。



おお、意外と量があるのね。

具はシンプルだけど、
必要かつ充分な盛り付けだと思う。



麺は掛け豚そばとは異なり、
中太のやや平打ち。



もちっとした食感、
タレの味わい、塩加減、
どれもいいね!


混ぜ。







ウ(◎◎)マ〜〜〜!!!






具はほぐしチャーシュー、玉ねぎみじん、青ねぎ、卵黄、のりだけなのだけど、
ゆで野菜盛り付け系に比べても具の乏しさを感じない。

ほぐしチャーシューもたっぷりあるし、
玉ねぎの食感がそうかんじさせるのかもしれない。
一番の原因は全体的においしいことだね。

最後はライス割りにベストマッチのタレが残る。
今日はしなかったけど、いずれ試してみたいところだ。
あと、カレー味でも食べてみたい。

麺量は220gくらいだと思う。
おなか一杯になってしまったので、
連食はあきらめた。


さて、本日のスペシャリテの冷たい煮干そばも気になったけれど、
嶋本さんがブログで言っていた、ガスパチョ仕立の冷そばが
非常に気になる。
お目見えしないのかな。。。

それにしても3店舗とも大きく味を変えてるわけではないのに、
それぞれ人気なのはすばらしいことだ。



お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。


感想など。。。
posted by ぼぶ at 16:46 | Comment(2) | TrackBack(0) | 東京都新宿区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月12日

らーめん 五ノ神製作所@大久保(海老リッチらーめん 205/'13)

訪問日時:2013/07/11 11:50

今日何を食べたいかな、
と体に問うたら、「エビ」が浮かんできた。

ならば、7月8日に開店したらーめん五ノ神にしようってことで、
大久保に向かった。

小滝橋通りから斜めに入り、

まだかなー、

と思ったころプーンと海老の香りが。。。



着いた。
暑かった〜〜

中に入るとすぐに券売機。



なんだー、
まだ海老リッチらーめん1種類か。。
海老トマトか海老油か迷いながら来たんだけど、
じゃ仕方ないので、デフォルトの海老リッチを購入。

バジルとかバジルご飯とか焼きチーズ飯とか
気になるけど、まあいいや。

12席のカウンターは9席埋まっていて、
未着の先客はなし。

5分後到着。



カウンターのタイルもいい感じだ。

具はチャーシュー、三角メンマ、キャベツ、紫キャベツ。



いつ樹系列は実は初めて。
海老にそれほど思い入れがないし。。

でも、スープをすすって驚いた。



息を飲んだ・・・
これはすごい・・・
豚鶏も使っている、ということなれど、
濃厚なオマールと伊勢エビのビスクだ。

そして、そのとろみが実に心地いい。
さすがというか。。。

合わせる麺は中細ストレート。



細身ながらがっしりしたボディで、
力強いスープをしっかり受け止める。
ベストマッチだ。

チャーシューは豚肩ロース?



ちょっと固いけど、おいしい。

三角メンマが面白い。



形は違えど、渡なべスタイルを踏襲する味わい。
このメンマおいしい。
もっと食べたかった。。

そして、キャベツと紫キャベツがいい箸休め。

箸も竹を割ったような風合いでいいね。



卓上には唐辛子、胡椒、カレー粉。



唐辛子には興味なかったけど、
カレー粉が実にいい!



決して飽きたわけでもないけど、
このスープならばカレーが合うだろうと、直感的に思い、
後半は海老カレーらーめん、として大いに楽しんだ。

そして、気がつけばスープ完食。

やっぱりバジルご飯なぞをぶちこめば、
極楽の味に違いない。
また来たいな。
トマトか油そばか迷うところだ。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。

感想など。。。
posted by ぼぶ at 14:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都新宿区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月17日

渡なべ@高田馬場(富山ブラック 169/'13)

訪問日時:2013/06/17 12:25

軽く感動した、渡なべの富山ブラック
2月以来、再びやるというではないか。。

今年は新店にあまり行かれていないし、
今度はどうしようかな、と思っていたけど、
大喜で使っていた醤油を取り寄せ、
しょっぱいメンマも乗せただと!

ぐぬぬ、行くしかない・・・

満席でしばらく待って入店。
今度はライスも100円だけどデフォルトで用意されてるね。



お?



なんか、ワイルドな盛りつけだけど、
かえって本場っぽいじゃん!

メンマもあるねー。



ずるずるっと、、、

ぐは。
しょっぱ!!
さらに醤油の尖った感が増して、
まさに富山ブラック。

すごいな、ここまで近づけるとは。。。

富山ブラックにしては良すぎる麺を一気に、、、



ああ、やっぱりこういうの好きだな。。
説明はできない。
ただ、こういうの好き。

メンマはとってもしょっぱく、かなり近い。
ただ、大喜のあり得ないほどの塩辛さではない。
ここまでやるなら、もっと塩辛くても。。

肉も上品。



たーっぷり入っていてうれしい、。

もっと塩辛くてもいいかもだけど、
そこまでやると、やり過ぎかもね。

ただライスのおかずにはぴったり。



麺を一口、ライス、スープちょびっと、、、

肉を一口、ライス、、、

メンマ一本、ライス、、、

この繰り返しだった。
本当に満足。

店長さんも私のことを憶えていてくれたし、
やはりいい店だな。
帰り際に入ってきた3人女子が美しかった。。。


なお、この限定は6月20日くらいまでらしいです。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。


感想など。。。
posted by ぼぶ at 14:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都新宿区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月07日

【移転】新宿モモンガ@西武新宿(つけめん 162/'13)

訪問日時:2013/06/07 11:46

新宿モモンガに初訪問。

店頭のメニューを見て、同行者が醤油らーめん、
と決めたので、私はつけめんをチョイス。



ガゴメ昆布の出汁に細麺、、、、
そーゆーやつか!

時代とレイアウトは同じだね〜
懐かしい。。。

着席5分後、つけめん到着。



ふむ。

具は麺にチャーシュー、穂先メンマ、とろろ昆布、鷹の爪。
スープには青ねぎ、白髪ねぎ。



麺をいただくと、
昆布出汁の濃い旨みが麺にからまる。



ざくっとした食感、好きなタイプ。

スープに浸す。





ウ(◎◎)マ〜〜〜!!!



飯田商店ほどのインパクトはないものの、
充分に引き込ませる魅力のあるつけめんだ。

あっさりタイプのスープはやや尖った醤油味ながら、
とろとろの昆布をまとって、それほどの塩気は感じない。
ただ、店側の指導通り、7割ほどをスープに浸すのがいいかもね。

そして、昆布出汁も加わり、
徐々に味が変化していくのも楽しい。

チャーシューも極上のおいしさ。



穂先メンマはかみ切れなかった。。



最後は残った昆布出汁の方に、
スープを加えて味付け。
おいしくスープ割りをいただいた。

同行者の醤油らーめん。



きれいな醤油色。



つけめんを味わったあとだと、ちょっと物足りないけど、
とってもきれいならーめんだ。



同じ細麺でも温かいスープに入ると、
表情がまるで変わる。

これもおいしいなー。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。


感想など。。。
posted by ぼぶ at 16:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都新宿区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月27日

桂花 西新宿店@新宿(桂花ラーメン 151/'13)

訪問日時:2013/05/26 12:40

京王プラザでバーゲン。
高いけどいいものがあるやつ。
私にはちょっと合わないので、回避して桂花。

ここはFC店なんだね。



太肉麺にしようかな〜
いや、今日は桂花ラーメン!



世の中に おいしいの うまいの という評価は
いらないラーメン店がある。
桂花もそんな存在だと思う。



やっぱりおいしい。
ときどき食べたい味ではある。



マー油のマーブル、
おいしいわい。

https://lh4.googleusercontent.com/-0NKEDIT06Ys/UaMSkhAWhdI/AAAAAAAAP00/9jd_pwv0ofU/s512/DSC01643.JPG

辣香もふったりして、



香りよし、うまし。

さくっと完食して、
ヨドバシカメラに寄って、
親しくなった店員さんから新発売されたRICHO GRの説明を聞いた。
とっても魅力的なカメラだ。

その店員さんも桂花によく行くとか。。。
ファンは多いね。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。


感想など。。。
posted by ぼぶ at 18:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都新宿区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月10日

中華そば 児の木@落合(中華そば 133/'13)

訪問日時:2013/05/10 12:12

燕三条系、とストレートに唱う店はあまり多くない。
でも、それだけで心躍る人は多いと思われ。




ちごのき 
と読ませる。
稚児から始まり、大人になっていくということかな。。

店頭の商品説明。



中華そばはご当地名が入るけど、
つけ麺はそうではない。
濃厚魚介は今や全国区だから仕方ないけど、
中華そばも「背脂煮干し」とかっこ書きした方が伝わりやすいんじゃ。。

まあ、そんな心配も杞憂のようで、
店は繁盛していた。

券売機で中華そばを購入。

店主さんとそのお母様?二人体制。
お母様?はえらくはりきっていらっしゃる。
でも、店主さんと行き違いがあって、
お互い語気がちょっと荒くなってたりして、ちょっと引いた。

8分後到着。



小さいな、と感じる器でやってきた。
でも、麺量は170g。
ちなみに大盛りは255g。
つけ麺は並255,中340,大425gだそうだ。


器も手伝ってか、見た目上品な感じ。



具はチャーシュー、メンマ、ねぎ、玉ねぎ、背脂、のり。

スープはどうじゃいな。。。



うは。
うま〜〜〜〜!!

煮干し感ほどほどで、
ワイルドさはないけど、かなりの仕上がり。

早く食べたいってことで、
麺に急ぐ。



もちもちの中太。


ウ(◎◎)マ〜〜〜!!!



これは食べ物としてかなり好み。
ときおり「しゃくっ」とくる玉ねぎのアクセントもいい。

またチャーシューがうまいね〜〜〜



ほぼ完食まで箸が一切とまらなかった。

化学感もあるけど、
これは好きなタイプ。

いい店だ。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。


感想など。。。
posted by ぼぶ at 16:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都新宿区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月22日

【閉店】らーめん 裸@西武新宿(らーめん 115/'13)

訪問日時:2013/04/22 12:20


予定の店舗にふられて、漂着。




店名の由来は、

女子スタッフさんが裸が好きなんだとか、、、、

それにつられたわけではない、と言っておく。。。


自動に見える手動ドアを開けて券売機の前へ。




らーめんの並と大盛しかないのね。

本体400円も安ければ、トッピングも安いこと。。


チケットを厨房にいる例の女子に渡す。

明るくて実に感じがいい。


席で待っていると3分後呼ばれ、

セルフで取りにいく。




お盆にレースの布が敷かれている。

滑り止めかもしれないけど、女性らしくていいね。


見た目はシンプル、、、とは言いにくいな。




チャーシュー2枚あるし、メンマやねぎもたくさんだし。


スープはやさしい味の清湯。




動物出汁が強いが、

角がない、まろやかなもの。


かなりおいしいんでないかい!


麺はオーソドックスに、




中細縮れ。

しこっとしているし、過不足ない。


メンマもいやな香りはしないし、

歓迎ムード。


チャーシューはもも肉と肩ロース?




この価格で2種の肉が入っていることにも驚く。


卓上には胡椒と激辛ラー油とおろしにんにく。




ラー油をためしに使ってみた。




具だくさんでやはりかなり辛い。

辛いけど、香りがいいし、全体に入れてもいいと思う。


いろいろラーメンとは関係ない情報も錯綜するけど、

しっかりした作りのラーメンになんか安心。


満足して店をあとにした。



お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。


感想など。。。
タグ: ぐうの音
posted by ぼぶ at 14:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都新宿区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月04日

【閉店】廣島どらごん@面影橋(汁なし担担麺 93/'13)

訪問日時:2013/04/04 11:58

以前フラれた廣島どらごんへ。
2/28オープンが3/8までずれこんだようだ。。

最初の情報では「麻辣商人」だったけど、
いつの間にか「廣島どらごん」に変わっていた。
なんかあったのかな。。



「坦」じゃないんだよなー、
とか思いながら、店内へ。

券売機をカメラにおさめたあと、
「店内撮影禁止」の貼り紙に気がついた。
店員さんからも言われた。。。

なんか萎える。。。

券売機は「担々麺」になっている。
・・・統一してほしい。

汁なし担担麺600円、冷やし汁なし担担麺600円、それぞれの特製800円、
汁ありどらごん麺800円というラインナップ。
大盛り100円増し、特盛り200円増し。
トッピングはミンチ増量、青ねぎ増量、フライドガーリック、とろ玉。
おかわり自由のごはん100円。

汁なし担々麺とごはんを購入。

2番目の席につく。

卓上には花椒、激辛赤唐辛子、自家製辣油、激辛辣油、香醋。
また、ごはん用のザーサイもある。

7分くらいで到着したそれは、
麻辣商人にそっくり。

ザーサイの刻み方も同じ。

この前フラれたとき、麻辣商人と書かれた看板が
落ちていたので、関係はあるのだろう。

まあ、そんなことはどうでもいいけど、
肝心の汁なし担々麺、





ウ(◎◎)マ〜〜〜!!!






醤油ベースのタレ、
ちょうどいい感じの浅草開化楼の中細麺、
おだやかにおいしい肉味噌。

どれをとってもおいしいし、
バランスがいい。

花椒はもちろんたっぷり入れた。
辣油も激辛辣油も赤唐辛子も香醋も全部試した。

激辛辣油はすっげー辛かったけど、
どれも抜群の相性。

少ない麺量なので、あっという間になくなり、
ライスを入れてライス割り。

そこに刻みザーサイもたっぷり入れて、
混ぜてかきこむ。

これまたうまい!


やはり広島風汁なし担々麺はいい。
おいしいので、余計に写真におさめたかった。

なぜだめなんだろう。
ブログなどのネット情報に頼らなくてもはやるだろうけど。。。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。


感想など。。。
posted by ぼぶ at 13:59 | Comment(10) | TrackBack(1) | 東京都新宿区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月06日

【閉店】からしや@面影橋(からし麺 66/'13)

訪問日時:2013/03/06 11:30

西早稲田の新店に行ったら、お休みだった。



先月末にオープンしたという噂だったけど。。。
広島の麻辣商人の違うブランドらしい。
吉祥寺のお店はあっという間になくなってしまったよね。

それにしても、看板は落っこちてるし、
すでに閉店したかのような風情。

ま、いいっす。
気を取り直して、葛西から移転してきた からしやさんへ。



麺やRYOMA 高田馬場店、大安らーめん、と続いてきた場所ね。

葛西でいただいた、からし麺、おいしかったから、
ぜひまた来たかったのよね。

店に入ると、広い空間が広がる。
壁に向かったカウンター席に着席。

メニューを見て、





久しぶりのからし麺をチョイス。
サービスのライスはもちろんお願いした。
サイズは大中小選べるけど、小で。

いろいろ説明。



お品書きも含めて、葛西時代とほとんど変わってない。
納豆キムチからし麺が増えているのが気になるな。。



調味料は醤油、胡椒、酢、きざみニンニクに自家製のラー油と揚一味唐辛子。



このラー油と揚げ唐辛子にこだわって、「からしや」という店名なんだよね。

ティッシュも自家製(^^;



一度中身を出してから半分に切り、
両側から出すとういう、ケチくさ省エネスタイルね。

到着。



懐かしいビジュアルだ。



チャーシューは小ぶりになって、枚数が一枚増えている。

麺からいきましょっ。



おお!
むちむち、つるつるの麺、懐かしや。
あの当時は感動した思えがある。

混ぜるよ。



醤油がきいたタレの味が全体にまわり、
独特のおいしさ。

やっぱりこの味好きだなー。

唐辛子もラー油もいいけど、





揚げ唐辛子の香りが非常に印象的。
このあとも追加してかけてみたもんね。

うまうまと食べ進み、
麺はすぐになくなったけど、
チャーシューと味玉を残して、こうしてやったのさ。



こりゃ、ごきげんな食べ物だ!
がつがついってしまった。


会計後おつりをもらうときに、
キュートな女子の、手包みおつり渡しにやられた。。。

余計においしかった!
と思った・・・・



お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。


感想など。。。
posted by ぼぶ at 18:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都新宿区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月19日

渡なべ@高田馬場(富山ブラック 49/'13)

訪問日時:2013/02/19 12:53

樹庵さんのブログで情報を得た。
富山に行ってるんだな〜、とか思っていたら
富山ブラックを限定でやるとのいきなりの告知!
本日までなので、急いで行ってきた。



10年ぶりくらいになってしまう。
濃厚豚骨魚介の草分け的存在なれど、
相変わらず人気なのはすごいことだ。

中に入って券売機で、まだ限定があることを確認!



よかった。。。

チケットを購入して席につく。
お二人のスタッフさん、相変わらず丁寧な接客。
・・というか元々いい人なんだろう。
座っていて安心する。

5分後到着。



限定用の器かな?



うひゃー!
TB(富山ブラックね)そのものじゃないですか!

薄くてたっぷり入ったチャーシュー、
粗めに小口切りされたねぎ、
そして、黒胡椒。。。

どれどれ。。。



ぬおおお!

しょっぱい(> <)!!

でも、うまい!
本場はもっともっとしょっぱいけど、
ぎりぎりの濃度でうまく仕上げたな−。

麺は中太縮れ。





ウ(◎◎)マ〜〜〜!!!



麺がおいしいし、スープも出汁が濃いので、
かなりおいしい。

「本場の味に近づけてるので濃いですが、
ご希望なら薄めます!」

と言ってくれたけど、
カエシもそれほど尖っていないので、
このままずるずるいける。

ねぎも風味が強いもので、
TBでないとからすぎるだろうなー。

黒胡椒がやはりよく合うわ。


チャーシューもたっぷりだ。



これはしょっぱくない。
かなりおいしいチャーシュー。

切れ端もたくさん入っている。



夢中で食べ続け、
薄めることもなく麺と具はなくなった。

そこで、スープ割りをお願いした、。
その際、残ったスープを半分ほど捨ててから
注いでもらった。



ねぎも入って再登場。

これはうまい・・・
スープの出汁は鶏中心だと再認識。

あー、おいしかった。
限定なのはもったいない。
多くの人にTBを知ってもらいたいな。


そういえば次回の限定は福岡の豚骨ラーメンをやるそうですよ。
どんな感じになるのかな・・

*その後富山ブラックは24日まで延長が決まりました。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。


感想など。。。
posted by ぼぶ at 15:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都新宿区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月10日

らぁ麺 やまぐち@西早稲田(追い鰹中華そば 7/'13)

訪問日時:2013/01/10 11:30

麺創研かなでに関わったにゃみさんこと、
山口さんのお店がついに自分のお名前を掲げてオープン。



自作ラーメンのホームページ、麺屋にゃみ は
毎回参考にさせてもらっていたのを思い出す。
今でもそのサイトの痕跡は残っているね。


開店ちょっと前に着いたら、4人がシャッター中。



どっちにしようかな〜
寒いな〜
早く開けてくれ〜〜
とか思っていたらすぐに開いたので券売機の前へ。



結局、追い鰹中華そば 豚丼セットにした。

厨房に一番近い、奥の席に陣取り、
にゃみさんに開店の祝意を告げる。
おめでとうございます。お久しぶりでした。

コの字型カウンター11席のしつらえ。
椅子の背中側は結構狭い。。

丁寧な食材などの説明書もある。



ふむふむ。。。


そして、2廻り目のロットで12分後到着。



白くてきれいな器。



シンプルです。
見るからにおいしそうです。
いや、おいしいに決まってます。
香りがすばらしい。。。

スープは見事な鶏鰹節。



充分に濃い鶏の旨味をベースに
追い鰹の香りがすばらしい。。。

たまらずに麺をすする。

https://lh5.googleusercontent.com/-swE7JlGv8mw/UO5GYNaqf3I/AAAAAAAALCQ/jp_qyw6dQIs/s560/DSC09054.JPG


ウ(◎◎)マ〜〜〜!!!


しこっとした中細ストレート麺が
見事にスープをまとって、、

ただただうまい!

和風ラーメンの極みかもしれん。。。

メンマもチャーシューもぬかりなし。
うなりながら食べ続けた。

豚丼。



ピンク色の柔らかウマウマチャーシューの薄切りが
これでもか、とたくさんのっている。
いい塩梅のタレもたっぷりだし、
なおかつ黒胡椒もふんだんにかけられ、
これは最高のサイドメニュー。

スープをすすりながら、
もちろん一粒も残さず完食。


とってもおいしかったです。
にゃみさん、がんばってください。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。


感想など。。。
posted by ぼぶ at 15:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都新宿区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月19日

ラーメン ざうお@新宿(醤油らーめん 402/'12)

訪問日時:2012/12/19 11:14

あの釣りができる海鮮居酒屋のざうおが
ラーメン店も営んでいたのね。



新宿ワシントンホテル1階の奥にある。
本家のざうおの隣。。

メニューは醤油、塩、味噌、豚骨となんでもあり。。。



ランチ限定のつけ麺もあった。



それではっと、醤油らーめんと半チャーハンのセットください。

夜は簡単な飲み需要にも応えられるようだ。



卓上には餃子タレ、酢、ラー油、魚粉、白胡椒。



お客は誰もいなかったけど、
10分かかってやってきた。





具はチャーシュー、メンマ、玉ねぎ、のり、貝割れ。



あまり元気がないような表情。。。


スープはあっさり。



脂っ気が少なく、和風に寄っている。
動物系のボディは控えめ。。

麺は中縮れ。



非常にさっぱりと食べられるタイプ。
こういうタイプは飽きられないだろうな、とは思う。

チャーシューはおいしいけど、小さくて残念。
まあ500円だから仕方ないかな。

半チャーハン。



これも脂っ気が少なく、
けっこうおいしかった。

さくっと完食して、この近くの仕事先へ向かった。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。


感想など。。。
posted by ぼぶ at 14:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都新宿区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする