2024年05月21日

富喜製麺研究所 六本木店@六本木(中華そば)087

訪問日時:2024/05/21 10:56

六本木に来たついでに
寄っていきますか。


3人目にシャッター。
最近、よく並んでるんだよ、ここ。。

熊本からやってきた富喜製麺研究所。
元は製麺所とのこと。
2023年8月4日開店。

商品は鰹昆布水のどごし生麺(つけ麺)、
中華そば、罪なき二郎。


時間通りに店は開き、
券売機に臨む。


豚そば、罪なきまぜそば、熊本ラーメン、
なんてのもあるんだね。

のどごし生麺はスープも冷たい、
ひやひやタイプなのか、、、、
苦手な部類なので回避だな、、、
中華そばを購入した。

カウンターは、一番端の席に
段ボールが置いてあり、減席していて4席。
テーブル席は4人卓×3?

つまみ、酒類も豊富。


のどごし生麺の食べ方指南書。


スープがあったかければ、
食べたいけどね。

卓上には藻塩と果実酢。


3番目で6分後到着。


チャーシュー、メンマ、ねぎと
シンプルな具構成。


スープは和風出汁香り、
野菜由来か甘味を感ずる仕上がり。


多めの油でコクを演出。

麺はさすがに製麺所。




ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!



このスープなら、もう少しすすりやすい、
細麺がいいような気もするけど、
美味しい麺だし、スープも絡むし、
文句はない。

チャーシューは薄い。


癖なく美味しい。

メンマは薄切り。


こちらも癖なく美味しい。


中華そば、
卒ない感じだけど美味しかった。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。




感想など。。。
posted by ぼぶ at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都港区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年04月20日

Minatoya 3@乃木坂(肉やきそば)073

訪問日時:2024/04/20 11:45

六本木まで来たので、
テクテクと乃木坂方面へ。。。


久々のMinatoya3。
温かい肉そばに加えて、
肉やきそばがリリースされてるのよね。

セルフコーナーで花椒とラー油を
取って待つ。


4番目くらいで8分後到着。


麺はそば粉も練り込んだ
玉子入り小麦粉麺。


パッと見、中華麺なので、
もうそれでいいかと、食らいつくと、、、


ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!



あの港屋独特のごわごわ蕎麦。
それを彷彿とさせる食感にテンション上がる。

ソース味にかなりのニンニク度合いで、
パンチのある焼きそばっすね。
これはうまい。

具は豚肉とねぎのみ。
肉そばの肉と一緒。
そしてこのねぎが実にいいね。
肉そばでも存在感あるんだよ。

花椒をパラッと、


もっとほしかったけど、
取りに行くのが面倒なのでやめた。

ラー油もかけた。


でも、味変はいらないね。
やや濃い味付けなので、
ライスがほしいかも。。。

付属の温玉を、


ややマイルドになるけど、
パンチある印象は変わらず。
最後まで楽しくいただいた。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。




posted by ぼぶ at 22:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都港区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年04月09日

鶏そば炭や 新橋店@新橋(特製炭焼鶏そば)064

訪問日時:2024/04/09 11:29

すごい雨だけど、
ちょうど小ぶりになったところで、
ニュー新橋ビルの新店へ。


鶏そば炭や新橋店
2024年2月6日開業。

銀だこなどを展開する、
茨城県常総市に本店がある。

入口は外だけでなく、建物内部からも入れる。
でも、券売機は外の入口脇のみ。

店頭のメニュー。


純生白湯鶏そばが基本で、
それに炭焼鶏、炭餃子が乗ったものを用意。

ご飯物も充実していて、炭焼とり重、
チキン南蛮丼(小)、油淋鶏丼(小)、鶏そぼろ丼(小)、
明太子ご飯(小)がある。

ラーメンもご飯物も
鶏を前面に出してますねー。

店に入って券売機の前へ。


表の看板と並びが一緒。
とっても良いことだと思う。

特製炭焼鶏そばと鶏そぼろ丼(小)を
購入し席に着いた。
9席のL字型カウンターに先客は1名。

ご案内書あり。


目の前では鶏もも肉を炭火焼きしている。
宮崎の居酒屋を思い出す。。。
ふーん、ねぎも網に入れて焼いてるよ。


調味料類は黒七味、柚子胡椒。


7分後到着。


炭焼き鶏もも肉、焼きねぎ、水菜、
ラディッシュ、海苔が乗っている。


炭火焼きの香りがないところへ
レンゲを差し込む。


ひゃー、うまいね。
とてもきれいな鶏白湯だね。

では、麺を、、、




ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!



クリーミーなスープをよく持ち上げ、
つるつるもっちりな麺と絡み合う。
めちゃ美味いじゃん。

炭焼き鶏は、


抜群に美味しい!
宮崎鶏ではないみたいで、
柔らかだけど、香ばしくて
旨味がつまっている。

これには当然柚子胡椒。


うーん、焼酎がほしくなる・・・

この鶏肉のあった周囲のスープは


それほど炭の香りが移るわけではないね。
実は炭火焼き鶏を別皿で
お願いできないか聞いてみようと
思っていたんだけど、
この程度なら問題なし。
基本の鶏白湯のボディは頑丈。

そうそう。
焼きねぎも甘くてかなり効果的な
脇役に思う。


鶏そぼろ丼。


一口食べると、とても美味しい!
上質なそぼろ丼に笑みがこぼれる。

このままでも美味しいけど、


鶏肉を移住させておいたよ。
抜群のサイドメニュ−になったよ。

最後はスープに浸して、


これやった方がいい!
ご飯に合うスープだと思った。



美味しかった!
正直あまり期待していなかったけど、
来てよかった。

ただ、炭焼き鶏重のミニがあったほうが
絶対に良いと思う。
メニュー可をご検討願う。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。




感想など。。。
posted by ぼぶ at 19:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都港区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年04月04日

NOODLE EDGE Tokyo@東京都港区(醤油らぁ麺)062

訪問日時:2024/04/04 12:00

ある日知り得た。

大阪の鶴麺、ボストンのTsurumen、
(1000日だけ営業し,すでに閉店)の
大西氏が東京で新たな店
NOODLE EDGE Tokyo
4月1日にOPENさせる。

それも住所非公開、ラーメン一杯2500円
とのこと。
限定で優先チケットが販売されると知り、
何とかOSASOIサイトにて本日の予約に成功した
(現在はTablecheckで受け付けている)。

予約すると2500円は先払いとなり、
メールで住所が送られてくる。

で、今日向かってみた。
へー、ここなんだ。。。。
店名も何もないドアを恐る恐る開けると、
笑顔のスタッフさんに招き入れられた。


明るい店内。
厨房に面したカウンター9席。
大西さんがちゃんといらっしゃるよ。


醤油らぁ麺と鶏きんかんTKGをお願いした。

こだわりいろいろ。。。


注意書きはきちんと守ります。


制作は大西さんと
恐らくはこちらの店長さん?
1杯ずつ丁寧にやっている。

麺はテボを使って茹で、その後お湯を張った
ステンレスの中華鍋に移してから、
平ざるで仕上げていた。
ぬめりとりの目的もあるのかな。
塩らぁ麺の手揉み麺はその工程はなかった。

9分後到着。


有田焼の上品な器がいいね。

チャーシューは豚肩ロースと鶏もも肉。
ワンタン、メンマ、ねぎ、小松菜、味玉
が乗っている。


東京しゃもの丸鶏を使ったスープは


鶏の旨味が重厚で、
ボストンでも使っている醤油タレは
キリッとしながらも丸みがある。
鶏油もかなりの存在感。

麺屋棣鄂の細ストレート麺を、




ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!



うーん、やっぱり美味しい。
しなやかながらしっかりとコシもあり、
咀嚼が楽しい麺だ。
スープとの一体化も見事。

メンマは極太。


非常に美味しい。

東京しゃものもも肉。


弾力があり、旨味の塊。
これをアテに日本酒飲みたい。

レア仕上げの豚さんは、


熊本の豚だそうだけど、
薄味で臭み一切なく、すごい。

ワンタンは餡が少な目の折りたたみ型。


あってうれしい美味しさ。

後半にトリュフペーストを溶いてみる。


確かなトリュフの香りに笑みが浮かぶ。
やりすぎでない感じがいい。

味玉はあまり味がしみてない。


黄身がとろーり。


鶏きんかんTKG。


キンカンの醤油漬けだね。


これはうまいね。
ご飯そのものがめちゃ美味しいし、
これはオススメしたい。


大西さんはまたすぐにボストンへ
帰られるそうだ。
次は7月ころに来るかも、
と仰っていた。

食後、QRコード決済にて
追加の550円を支払い、店をあとにした。

美味しかった〜〜〜
でも、塩が激しく気になる・・・・


NOODLE EDGE Tokyo
予約サイト Tablecheck
席は12:00、13:30、18:00、19:30の
4回転。


感想など。。。
posted by ぼぶ at 19:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都港区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年03月19日

麻布 昊@麻布十番(重ねだしそば)052

訪問日時:2024/03/19 11:30

一時休業のあと、
無事に再開を果たした、麻布昊へ。


麺の休業中に始めた洋食太郎には
2回ほど行っているよ。
洋食のフルコースで、すばらしいのよ!

で、
3月15日と16日は、再開記念の
無料50杯イベントをやっていたけど、
開始7分で整理券がなくなってしまったとか。
その反動で今日はすいているはず、
と思いドアを開けると、、、

すいていた(≧▽≦)

カウンター真ん中に座り、マリコさんに
再開の祝意を告げて、お品書きを見る。


価格と一部名前が変わっている。
重ねだしそばをお願いした。

調味料類は黒酢、花椒、五香粉、胡椒
に加えて、味の素(^^;


Instagramストーリーに書いてあってけど、
当然無化調なので、物足りない人は
使ってみてください、ってこと。

3番目で10分後到着。


移転する前の銀座昊時代、
一番最初にいただいているけど、
貝割れが水菜になったね。


以前は鶏塩そばにプラスして、
鯛出汁と貝出汁が小皿で付いてきて、
自分で重ねていくスタイルだったけど、
最初から混ぜてある形になった。
以前はその小皿の出汁をまるで
使わない人がいたんだとか。
なんで頼んだ?

その重ねだしは、、、


ためいきがでる。
うますぎる。

パッツン麺を、



ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!


鶏塩そばももちろん魅力的だけど、
味に深みがでる重ねだし。
これの方が好きだな。。

デュロック豚のチャーシューには


結晶タイプの塩が乗っている。
もともと美味しいチャーシューが、
この塩で旨味を増す感じだ。


そしてスープまで完食。
間もなく、夜営業でも〆のラーメンを
出す予定とか。
それも楽しみ。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。




感想など。。。
posted by ぼぶ at 19:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都港区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年02月16日

らぁー麺 なかじま@広尾(特製らぁー麺)030

訪問日時:2024/02/16 11:44

今日仕入れた情報、
またまたその日のうちに。。。


らぁー麺なかじま
2月1日OPEN。
際グループ総帥の中島 武氏自らが
店に立っている「食十二ヶ月 中島 武」の
ランチ形態。

際グループはすごい。
中華のみならず、様々なジャンルを手掛けていて、
どこでいただいても標準以上の味を楽しめる。

今回はその集大成みたいなものらしい。
ワクワクと店にたどり着いた。


上湯らぁー麺のほか、
高級麺が多数あるらしい。


店に入ると、気品ある広い空間が広がる。
L字型カウンター10席?にテーブル席、
奥には個室もあるようだ。


お盆にお品書き、箸、レンゲ、おしぼり、
紙エプロンがセットされている。

お品書きを広げる。


上湯らぁー麺、特製らぁー麺、叉焼麺、薬膳スープらぁー麺、
海老雲呑麺、チャシュー麺、牡蠣麺、黒毛和牛麺、
神戸ビーフ麺、熊肉らぁー麺、熊の掌らぁー麺、
ふかひれ姿麺、ふかひれほぐし麺、鮑麺、
というゴージャスな品揃え。
熊のラーメンなんて業界初でしょうな。

特製らぁー麺をオーダーした。

店内は静かで、軽い緊張感に包まれる。
二人の厨房スタッフさんが
堂々とした所作で作っておられる。

2番めで8分後到着。


ひゃー、なんか香りからして違うわ。


銘柄豚林SPFのチャーシュー4枚、穂先メンマ、
白髪ねぎ、菜花、わんたん、どんこ、味玉 が
絵画のように並べられている。

そして、スープはすごいの一言・・・


化学調味料やたんぱく加水分解物
を使っていなく、自然物だけで
調合したとは思えない。奥深さ。

自然由来の甘さが印象的。
やはり甘みは旨味だなーと思う瞬間。

麺を一気に、、、、




ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!



高級なものをいただいている感が湧く。
つるつるシコシコの麺が
いっさいのひっかかりなく体に吸い込まれていく。

穂先メンマ。


繊維を断っては噛み切れない。
でも全体を咀嚼すると複雑な味わいに
思わずゆっくりと楽しんでしまう。

豚叉焼はバラ肉で脂身が多い。


でも、あっさりといただける。

海老雲呑はやばい。


大きな海老の食感豊かで、
こんなの食べたことない。
雲呑も奥が深いわ。

味玉もぬかりなく。


とろりとした黄身がナイス。

そして、具の中で一番驚いたのは、


どんこ。
何、この厚み、美味しさ!
どんこ椎茸麺2000円も俄然気になってくる。

黒七味とゆず胡椒が供されている。


黒七味はそれほど必要としなかったけど、
ゆず胡椒は香りがすばらしい。
でも、スープのバランスは壊さないから、
それもすごいところだ。

今日も自然にスープまで完食。


すると、中島総帥が店に入ってきて、
いきなり厨房で作業を始めた。
今でも鍋を振るうとは聞いているけど
すごいオーラを発しているなあ。
食べ終わっているのにしばし見とれていたよ。


ひとりで再来するのもいいだろうけど、
お客さまをお連れするものアリだし、
食十二ヶ月に来てみたいな、
と思いながら店をあとにした。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。




感想など。。。
posted by ぼぶ at 23:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 東京都港区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年02月05日

蝋燭屋プレミア@六本木(麻婆麺BLACK)022

訪問日時:2024/02/05 11:43

1月22日にOPENした、
蝋燭屋の新店にGO!

六本木ヒルズノースタワーのB1Fにある。
六本木駅から地下道直結ね。


店は扉がないオープンスタイルなので、
これより上はちょっと撮ることをはばかる。。

すぐに座ることができた。
でも、外観、内観含めて、
プレミア感はあまり感じないな・・・(^^;

お品書き拝見。


麻婆豆富定食と麻婆麺がある。
それぞれ、STANDARD、REDHOTS(痺れ辛さ増し)、
YELLOW(カレー)、BKACK(イカスミ)があり、
麺には痺れ麻婆まぜそばもある。

麻婆麺BLACKとパクチーをお願いした。

調味料類はぶどう山椒オイルと唐辛子。


本店でこれらの美味しさは
かなり印象に残っている。

箸、紙エプロン、楊枝、紙おしぼりは
引き出しの中。


1番目で5分後到着。


ひゃー、黒いね!


本店と同じ様にスープがはってあり、
そこに麺と麻婆豆腐。


そして、底の方から麻婆豆腐をからめて、




ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!



やっぱり麻婆が美味しいね。
ザラつきある麺がよく合っている。
辛さ、痺れ、共によく効いている。

でも、イカスミ感はあまり感じないな。
イカスミパスタが好きなので頼んだけど、
その点はちょっと肩透かし。。

麻婆豆腐だけでも


かなりいける!

パクチー早めに投下。


そりゃ合うよ。
合うけど、なくてもいいかな、
なんて思った。


そして山椒オイルがやはりナイス。
和山椒の香りがぶわっと広がり、
また違った風味でいただける。


麺はあまり量がないのかな?
150gくらい?
すぐに麺がなくなった感じで、
ライスに移行。


これはうまし!
麻婆豆腐はやっぱりご飯だな、、、
と、この手のライス割りをするたびに
そう思う( ̄▽ ̄;)


イカスミパスタを食べたときより、
お歯黒にはならなかったな、
と思いながら店をあとにした。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。


022


感想など。。。
posted by ぼぶ at 18:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都港区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年01月26日

麻布 チャーシュー軒@六本木(ラーメン)016

訪問日時:2024/01/26 11:44

麻布チャーシュー軒
2023年6月15日OPEN。

情報は2022年秋頃に情報が出て、
同年12月までには開店の予定だったように
記憶している。

ずいぶんと遅れたけど、そのネーミングは
センスを感ずるし、鴨to葱系から独立し、
荻窪のthere is ramenと関係あるらしいし、
すぐにでも行きたい、と思っていた。。

でも、当初の営業時間は19時〜翌7時。 
なかなか行かれないな、と思っていたんだけど、
最近Instagramを見たら、11時〜翌7時に
なってるじゃん。

じゃあ、行く。


実質、営業時間が8時間も増えたわけだけど、
従業員の問題、客入りの問題、どうなんでしょ。

店に入ると、明るい店内。
ランチ用のメニューは一箇所に掲示。


ラーメンとルーロー飯のセット
オーダーした。

6人がけの長テーブルが3卓。
なんか、台湾あたりの食堂の雰囲気作りかな。。

調味料類は、京一味、醤油、酢、
胡椒、辛味噌。


調理スタッフ2名、ホール1名で、
楽しそうに働いている感じが
とてもいいね。

1番目で4分後到着。


店に入ったときから感じていた、
永福町大勝軒風の煮干しの香り。
それが、今 目の前に。


ナイスなビジュアル。
さっそく、スープを、、、


ぴゃー!
うまいね!

永福町と荻窪系の中間、と言えばいいかな。
煮干しの効かせ方が実に絶妙。
豚が強めの清湯で、品ある甘みもあり、これは好み。
表面のラード?も効果的。

麺をずずず、、、




ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!



めっちゃうまし!
つるつるで適度なシコシコ感がスープと合う。
ここ数年でもトップクラスのお気に入り度。

チャーシューは極限のトロトロ具合。


店名を冠するだけにかなり美味しい。
これはチャーシュー麺が最低の注文かもね。

色濃いメンマも最高。


もっとほしい。


ルーロー飯。


青ザーサイが添えられ、
これまたすっげー美味しい!
ご飯自体が美味しく、本場の香りに包まれ、
ガツガツと箸が進む。

一味と辛味噌もよく合う。


スープも油以外はほぼ飲み干して
箸を置いた。
there is ramenも行かなくてはならんか、
と思いながら店をあとにした。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。


016


感想など。。。
posted by ぼぶ at 18:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都港区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年01月25日

まぜそば ごち麺 赤坂見附店@赤坂見附(グリルチキンのまぜそば)015

訪問日時:2024/01/25 11:45

1月16日、

「新感覚のまぜそば」

という謳い文句の店が赤坂にOPENした。


まぜそば ごち麺 赤坂見附店

種々の飲食店を展開する
株式会社eatopiaの新たな店。
昨年11月ころに新店として情報が出て、
12月にはメニュー構成まで発表されていた。
とても魅力的に見えたので楽しみだったよ。

店に入ると広い店内に2割程度の入り。
厨房に向いたカウンター8席、壁に向いたカウンター3席、
中央に置かれた大きなテーブルに10席、
4人卓×3。

大きなテーブルに座って、お品書き拝見。


すでに頭に入っていたので、
決めていたグリルチキンのまぜそばの赤と
ごちめしセット小盛をお願いした。

「赤」は麺が違う。
白はデュラム小麦の麺だけど、
それに唐辛子味噌と魚貝を練りこんだもの。

テイクアウトもあるね。


まぜそばはテイクアウトに向いているよね。

眼の前には食べ方指南と、
LINEの案内。


200円オフになるというので、
登録させてもらった。

お冷は路易波士茶・・・って何。
セルフコーナーで自由におかわり可能。


飲んだ感じはルイボスティかな。
飲み慣れているし、美味しくありがたい。

調味料類は辛味オイルとフルーツビネガー。


おそらく2番めで6分後到着。


ごちめしセットは
鶏ガラスープと、それで炊き込んだご飯、
というセット。


乗せ物はグリルチキン、レタス、水菜、
青ねぎ、ミニトマト、紫玉ねぎ、人参ラペ。
サラダ麺的な感じだからか、
圧倒的に女性客が多いのもよくわかる。

麺を持ち上げてみると、底にはあまり水分がない。


そのまま一口いってみると、
確かに辛い!

軽く混ぜていただきます。




ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!



パスタのようなもっちり麺に
ちょうど良い塩分の味が絡む。
どのような味かは表現しづらい。

油っ気はあまりなく、やはりヘルシー感が漂う。
でも、食べごたえもしっかりあり、
これは満足感高い。

後半はレモンを絞って、


さっぱりと。
また、フルーツビネガーもよく合う。


グリルチキンが美味しい!


タレが少ないし、
割り飯はあまり効果的でないとふんだので、
これをおかずにご飯をいただいた。


スープ炊きご飯、美味しい。

スープもとても美味しい。


スープをご飯にかけてもいいと思う
(しなかったけど)。


満足の完食。
いずれ別のメニューをいただいてみたい。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。


015


感想など。。。
posted by ぼぶ at 18:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都港区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年01月24日

虎ノ門 嚆矢@虎ノ門ヒルズ(がんちゃんラーメン塩)014

訪問日時:2024/01/24 11:15

4棟ある虎ノ門ヒルズ計画のうち、
2023年10月に開業した
虎ノ門ヒルズ ステーションタワー。
日比谷線「虎ノ門ヒルズ」駅と一体的に開発
というとんでもない大仕事。

1月16日に4階フロアの飲食店エリアに
27店舗が新たにOPEN。
銀座に次ぐ2号店となる虎ノ門嚆矢にて待ち合わせ

普段、支店までは行かないけど、
こちらは銀座とはメニューが若干違う。


え?
最初に見た品書きと違う!
スパイスカレーRAMENがなくなり、
「ちゃん系中華そば」が「がんちゃんラーメン」に。
カレーラーメン目当てだったのに〜〜〜

店はまだ空席が目立つ
(退店のころは満席近かった)。
14席?のカウンターに、2人卓×6。

着座するとオーダーは席毎に
QRコードを読み取って行う。
私はがんちゃんラーメン塩、氏はがんちゃんラーメン醤油
をそれぞれミニカツ丼セットでオーダーした。


それにしてもこの短時間の間に、
品書きを全て刷り直す速さたるや。。。


大人の事情があちこちでうごめいたのが
計り知れる。
ま、こちら側には関係ないすけど。

調味料類はマヨネーズ、醤油、だし酢、胡椒、
七味唐辛子、刻み生姜、辛いペースト。


品書きにある やみつきにんにく はない。

2番めで6分後到着。


具は直前に切り分けて炙りを入れた
チャーシュー2種、ねぎ、メンマ、なると。


チャーシューがたくさん入っているし、
色合い的にも、この塩はちゃん系インスパイアに見える。

スープはうまし!


牡蠣を使用と書いてあるけど、
タレに使ったのかな?
豚鶏の清湯がベースではあるけど、
そこに牡蠣の旨味が上手く演出されている感じ。

麺は柔らかい。




ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!



食感の第一印象はテロテロなんだけど、
これが妙に合っている。
スープがよく絡んでくるし、
コシもあってバランスよし。

いやー、めっちゃ美味しい!
ちゃん系に近いと言えば近い。
でも、もっと深い味わいを感ずる。


チャーシューがまたうまいわ。


バラ肉。
ふわふわという表現が合っているか、、、
とても柔らかで、切リたてフレッシュ。

ごろっと切られた鶏肉?も
すばらしい。


メンマは印象に残らないけど、


癖なく美味しい。

ミニカツ丼。


なにこれ、というくらい美味しい!!
薄めだけど柔らかな豚肉、


そして甘さのバランスが良い味付け。
カツ丼として非常に上物。
七味をかけ、刻み生姜を乗せて、
ゆっくりいただいた。


氏の醤油。


具と麺は同じ。


これは塩とは全くの別物。
美味しいけど、醤油ダレがキリッとしていて、
これはちゃん系とはほど遠い。
でも、醤油ラーメンとしてはとても美味しい。


美味しかった〜
ここではがんちゃんラーメン塩をオススメしたい。
あ。丸七みたいな勝烈丼も興味あり。。。   


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。


014


感想など。。。
posted by ぼぶ at 18:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都港区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年01月19日

らぁ麺 善治 新橋店@新橋(淡麗醤油らぁ麺)010

訪問日時:2024/01/19 12:20

横須賀に本店を置くらぁ麺善治
新橋店ができた。


2023年12月22日OPEN。
同年8月には赤羽店が出来ていて、
それで横須賀の本店を知った次第。。。


7人が並んでいた。
11席あるらしいし、流れはいいだろうと予測。
まあ、15分くらいで入店できるとふんで接続。
果たしてその通りに店内へと案内された。

券売機。


スープは鶏白湯の 濃厚 と
鶏ガラ豚骨牛骨魚介の 淡麗 の2種類で、
それぞれの醤油と塩がある。


油そばもあるのね。

一番気になっていたのは実はうなぎ丼。
それがあるから来てみたかったのもある。
淡麗醤油らぁ麺とうなぎ丼を購入し、席に着いた。


こだわりをゆっくり読む。


調味料類は胡椒、一味唐辛子、山椒、おろしニンニク。


5分後、あとから入った客に
先に濃厚醤油が届けられた。
まあ、ロットの都合だろうけど、
多少イラッとしているとその1分後到着。


具は炙りを入れたチャーシュー、メンマ、
青ねぎ、江戸菜、小梅。


ではスープを、、、


ああ、うまいね!
鶏ガラ・豚骨・牛骨を低温で炊き、
鰹節・昆布を合わせたという。
確かに重層的な味わいで、
遠慮気味な鰹節の効かせ方がナイス。
醤油タレはマイルド。

麺は細ストレート。


意外にもパキパキタイプなんだね、
でも、


ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!


好みから言うと、昨日のような麺
合うような気がするけど、
これはこれでアリ。

チャーシューは炙りが香ばしい。


柔らかくてとても美味しい。

メンマはスープをじゃましない。


あっさりといい感じ。

江戸菜は確かに小松菜よりも
苦味がなくて具としてナイスだね。


さて、うなぎ丼。


小梅ちゃんはこちらに乗せてみた。


昔は食べ合わせの悪い代表格だったけど、
そんなこと言う人は もういないね。
非科学的だしね。

で、これ、ふっくら鰻でめちゃ美味しいじゃん!
絶対食べた方がいい。
ラーメン店で見かけることは少ないけど、
もっとあればいいのに、と思いながら
店をあとにした。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。


010


感想など。。。
posted by ぼぶ at 18:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都港区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年01月08日

麺処諭吉 大門店@大門(ワンタン麺)004

訪問日時:2024/01/08 11:45

大門の新店にて待ち合わせ
今年もよろしくお願いします。


2023年12月19日OPEN、
麺処諭吉 大門店

茨城に本店を置く店で
こちらはFC店らしい。

チケットを買ってから並ぶシステム。


メニューは中華そば、白味噌拉麺、
にぼとんつけ麺、油そば。


店に入ると席の配置は変わっていない。
先客はまばら。

券売機で私はワンタン麺、
氏は白味噌拉麺を購入。


券売機に向かい合わせて
写真入り商品説明あり。


卓上には七味唐辛子、
ブラックペッパー。


3番めで6分後到着。


具はチャーシュー2枚、ワンタン、
メンマ、青ねぎ。


スープはきれいに透明。


懐かしめなだけどバランス良い貝出汁を感ずる。
確かに飽きの来ない味わいかも。

麺は手もみ入り。


うまい!
何の文句もない優等生的味わい。
もちもち麺がとても良い。

チャーシューは見た目 脂身多いけど、


実際口にするとそれほど気にならなかった。
美味しい。

メンマも太くていいね。


噛み切りやすいし、このラーメンに合っている。

ワンタンは折りたたみ型。


海老が香り、美味しい。


氏の白味噌拉麺。


ほどよくこってりな味わい。


でも、くどさは感じない。
これ、美味しい!

麺は中華そばと違う。



ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!


水戸市で一番食べられている味噌ラーメン、
と唄っているけど、確かにこれは人気かも。


楽しかった。
次に会う約束を交わして
店をあとにした。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。


004


感想など。。。
posted by ぼぶ at 22:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都港区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年11月28日

MENDOKORO TOMO Premium@赤坂見附(濃い卵とペコリーノ・ロマーノのまぜそば)

訪問日時:2023/11/28 11:30

赤坂の新店に待ち合わせて突入。


2023/11/23OPEN、
MENDOKORO TOMO Premium

赤坂麺処友の2号店。

ファサードが目立つ。


昼前ではあるけど、
2名が待っていた。
待合席前には大型のモニター。


商品などがエンドレスで映し出される。

券売機に向かう。


芳醇やきあごだし中華そば、
濃厚トリフュの鶏塩中華そば、
濃厚やきあごだしつけそば、
濃い卵とペコリーノ・ロマーノのまぜそば、
という4本柱。


私は濃い卵とペコリーノ・ロマーノのまぜそば
氏は芳醇やきあごだし中華そばをそれぞれ購入し、
椅子に座って待っていると、
待ちの先頭は限界さん!
お久しぶりですねー。
相変わらず半袖ですねー(^^;

さて、流れは悪いようだ。
厨房は女性が一人で作業、
麺処友の店主さん?がホールを担当している。

17分後席へと通された。


広くて明るくておしゃれな空間。
カフェみたい。
前身は串焼きバルだったらしいけど、
そのイメージは微塵もないね。

L字型カウンター7席、4人卓×3、2人卓×1、
という席構成だけど、実質2人卓が7卓、
という感じ。
外のテラスにもテーブルがあったけど、
使えるのかな?
今は人手が少なくて無理だね。

調味料類は、レモン酢、ラー油、
黒・白胡椒、一味唐辛子。


テーブル脇には追加などのメニュー。


英語でも対応。


しかしこの広い店内、
一人で作るのは無理がある。
隣の3人組はそれぞれが違うものを頼んでいて、
1つずつ作られていたようで、
最後のまぜそばが来たときには
最初に来た人は食べ終わっていた。。

座って17分後到着。


見た目はとても美しい。


チャーシュー、青ねぎ、紫玉ねぎ、ペコリーノ・ロマーノ、
干し桜えび、揚げねぎ?、マッシュルーム、
黒トリュフペースト、卵黄が模様のように盛り付けられている。
卵は青森県産十六代目真っ赤卵だそうで、確かに色が濃い。

麺をいってみると、
全粒粉入りのもっちりしこしこ。


味はすでに和えられていて、
パスタのようなイメージで美味しい。

混ぜていただきますよ。



ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!


おしゃれですぅ。
ベースの味はあまり主張して来ず、
やはりペコリーノがとても良い仕事ぶり。
芳香なチーズ風味がたまらん。

干し海老はあまり効果を感じないけど、
このまぜそばには食感とわずかな風味で
必須に思える。

トリュフは少し香るけど、それだけでなく、
いろいろな香りが交錯して面白い。

レモン酢とラー油は良き味変になる。


レアなチャーシューは激しく美味しい。


レアチャーシューの美味しさの分かれ目は
どの辺なんだろうと思う。
美味しいのは美味しいけど、
そうでないのはそうでない。。。( ̄▽ ̄)

チキンキーマカレー。


これが必須の激ウマもの!
スパイス香るキーマカレーがかなり美味しい。
ゆで卵とピクルスを添えたセンスは
さすがという感じ。


氏の芳醇やきあごだし中華そば。


本店よりもかなり美味しい、
とは聞いていたけど、
これは素晴らしいね!
一人でこれをいただきたい。

限界さんのつけそば。


麺はまぜそばと同じ、
スープはあごだし中華そばと同じ。
しかして、これまた美味しい!


時間がかかることを除けば、
すばらしい商品を揃えた良い店だと思う。
一ツ木通りから少し入ったところにあるので、
目立たないけど、がんばってほしい。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。


202


感想など。。。
posted by ぼぶ at 22:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 東京都港区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年09月19日

サ飯東京@赤坂(特製醤油ラーメン)

訪問日時:2023/09/19 11:45

KABOちゃんに会いに赤坂へ。


サウナ東京の地下にあるサ飯東京

麺屋KABOちゃんを閉店し。
今はこちらでラーメンを作っている。

階段を降りていくと、


靴を脱いで店に入るシステム。
中に下駄箱がある。

おしゃれな空間が広がる。
席はテーブル席のみ。
真ん中を水が流れている。


席は点在していて、半個室風だったり、
個室だったり、それぞれが独立しているかのようで
あまり隣が気にならない感じ。

お品書きを広げる。


これが、美味い。
とのことで、

   

特製醤油ラーメンをオーダーした。

今日はKABOちゃんがいるか聞いたら
いるとのことで、すぐに挨拶に来てくれた。
懐かし〜〜〜!
元気そうでよかった。
よく飲みに行ったし、
麺屋KABOちゃんにもよく行った。
新天地でがんばってね。

10分後到着。


ライティングの環境がいまいちで、
少し色が飛んでいるなー。


レアなチャーシュー、メンマ、なると、
ねぎ、味玉、ワンタンが乗る。

スープは感激ものの美味しさ。


大勝軒風スープに干しとんびを加え、
がんこに寄せる様に仕立てたとか。

麺は中細。




ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!



そりゃ、この人が作るなら美味いわ。
懐かしい感じがしながらも
新しさも漂う完成度が高い逸品。

メンマは感動もののめとき風。


すばらしく美味しい。

チャーシューはレアだけど、


めちゃくちゃ美味しい。
こんなに美味しくできるんだねえ。。

ワンタンは折りたたみ型が2枚。


しっかりした皮で私好み。


いや、美味しかった。
今後どうなっていくのか楽しみ。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。


164


感想など。。。
posted by ぼぶ at 18:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都港区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年08月29日

ホルモンらーめん 8910白寿 赤坂店@赤坂(ホルモンラーメン赤)

訪問日時2023/08/29 12:10

目的の店は、なんか入れなかったので、
すぐそばのホルモンラーメン屋さんに飛び込んだ。

すぐに券売機がある。


ホルモンらーめん 8910白寿
昨年9月に開店。
大阪からの出店。

券売機を眺めていると、
店員さんがやたらにランチセットを推してくる。


じゃあ、それにしますよ。
ランチAをまんまと購入。

卓上調味料類は
胡椒、韓国唐辛子、七味唐辛子、にんにく。


ラーメンは熱いからと
取皿もサーブされた。

冷やしも用意されているね。


ガーシーと仲の良い
ユーチューバー医師の監修。
全く興味なし。

4分後、ほぼ同時に到着。


ぐつぐつです。


スープはあっさりした牛骨の辛いやつ、


でも、辛さはそれほどない。
牛骨のコクがいいね。

麺は細、



ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!


確かに熱い。
でも、パツパツ麺は抜群の相性で、
箸が進む。

ホルモンはシマチョウ?


美味しい。

このまま5口ほど食べ進んだところで、
取皿を利用してみる。


食べやすくなった♪

そぼろ丼。


九条ねぎの盛り付けがきれい。
少し塩辛いけど、牛肉そぼろがいい感じ。

唐辛子も合う。


スープも合う。


今日は汗をかいたし、
これからもかくので、
塩分補強になったと解釈。
おいしかった。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。


145


感想など。。。
posted by ぼぶ at 22:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都港区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年08月21日

サ麺@赤坂(青唐辛子ラーメン)

訪問日時:2023/08/21 11:58

サウナ屋が作った本気のラーメン
とういう触れ込みの店が8月1日にOPENした。


サウナタイガーというサウナ屋さんの経営。
ここはちょっと前まで、サウナ東京という
このビルの1階のサウナ屋さんが経営するサ飯食堂
という店だったけど、同じサウナ業態の経営で、
似た名前の店が入ったということになるみたい。

かなり、ややこしい。。。
なお、サ飯食堂の方は同じビルの
地下に移動している。

店に入ると、きれいな空間が広がる。
カウンター席に着座。
お品書きは頭に入っている。


かき氷もあるのね。
ふーむ。。。

調味料類は醤油、酢、ラー油、黒胡椒。


逆L字型カウンター6席、
4人卓×2、2人卓×1
という椅子配置。

調理は男子スタッフが一人で担当。
半チャーハンを慣れた手つきで作り、
同時にラーメンも作って5分後到着。


店に入った瞬間から感じていたけど、
これは和歌山ラーメンオマージュ?


スープはまさしくそれ系の豚骨醤油。


ただ、店内の香りに比べると、
ややライトな感じだな。
そして最初から青唐辛子由来の辛さがかなりある。

麺はパツパツストレート。



ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!


辛いスープがよく絡み、
これは美味しい。
辛さゆえ、油断するとむせるレベル。

チャーシューは提供直前に
炙っていた。


めちゃ美味しい。

メンマは普通の仕上がり。


でも、このラーメンには合っている。


半チャーハン。


青唐辛子トッピングが辛いので、
こちらにサルベージしておいた。


これ、正解。

で、この醤油タレの効いたチャーハン、
とっても美味しい!
具もたくさん入っていて、満足感あり。


満腹で店をあとにした。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。


141


感想など。。。
posted by ぼぶ at 14:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都港区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年08月18日

麻布 昊@麻布十番(黒醤油)

2023/08/18 12:05

麻布 昊。
6月5日に移転オープンし、
これからたくさん楽しませてもらおう、
と思っていたら、麺類の提供は
23日で一旦終了し、その後は夜営業に
しばらく専念するとのこと。

岩本氏は元々、銀座キャンドル出身の洋食シェフ。
新しい店で昼はラーメン、夜は洋食営業を
初めたかったのだけど、人が集まらなく、
やむなく今回の決定になった模様。
その前に食べておきたいのがあったので訪問した。


頼んだのは裏メニューの黒醤油


複数回訪問すれば
お願いできるのかな?


富山ブラックのような真っ黒スープ。
デュロック焼豚、水菜、紫玉ねぎ、かいわれ、
が乗っている。

スープを口にして、
むむむ、となった。


うまい!
中国のたまり醤油を使用し、
五香粉で風味を効かせたもの。
ラーメンのスープとして大好きな味だよ。

麺はパツパツの細ストレート。




ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!



シェフ曰く、東南アジア風のラーメン。
めちゃくちゃ美味しい。
色ほどには塩っ気はないし、
ずんずん食べ進む。

チャーシューはデュロック焼豚。


これがまた極上に美味しい。

その後、奥様のご指示通りに
スープに黒酢を少し垂らすと、
味が締まり、また違った味わいになった。


肉味噌ご飯。


担々ミンチを乗せたもの。
これまた極上の味わい。
花椒をどっさりかけて楽しんだ。

最後は


うまし!

そしてスープまで完食して
箸を置いた。


夜営業は9/7から紹介制で開始とのこと。
楽しみにしてます。



お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。


140


感想など。。。
posted by ぼぶ at 21:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都港区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年08月09日

麺屋 五常ウイング新橋店@新橋(濃厚魚介豚骨辛つけ麺)

訪問日時:2023/08/09 12:15

新橋で目的の店にフラレた。
代替えを考えてなかったので、
さまよい歩いて、ウィング新橋に辿り着いた。


麺屋 五常

一度は行っておこうかな、とは思っていた。
店内大盛況。
券売機で濃厚魚介豚骨辛つけ麺の胚芽麺を
購入してしばし立って待つ。


開店当初はらーめんもあったようだけど、
現在はつけ麺だけね。

すぐに席に案内された。
調味料類は酢と一味唐辛子。


簡単な説明書あり。


店内はロの字型カウンター21席。

10番目くらいで17分後到着。


麺の方にチャーシュー、メンマ、ねぎ。


胚芽麺は土のような香りがしてナイス。
スープにくぐらせると、


美味しい。
豚骨魚介はこれからもずっと残るだろうと
思わせるような味。

チャーシューは薄切りだけど、


スープに浸すと美味しい。

メンマは数的にちょっと残念。


美味しいのであと4,5本ほしかった。

麺と具がなくなると、
カウンター上の割りスープでスープ割り。


時間もなくなってきたので、
そそくさと店をあとにした。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。


135


感想など。。。
posted by ぼぶ at 18:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都港区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年07月07日

だしの虜@六本木(梅 昆布水つけ麺)

訪問日時:2023/07/07 11:30

大御所のレポートを見て、
すぐに行きたくなり、
予約をして行ってみた。


昆布水つけ麺専門店 だしの虜

懐石料理を出汁のペアリングでいただくという、
「識梵 SHIKIBU」が始めたランチ。
Instagramで予約をすると、住所を伝えてくれるけど、
つるとんたん竹虎の裏です」と。
ヲタ的にはその説明だけで充分。

でも、住所はもう明らかになってるけどね。
識梵も、住所非公開、というコンセプトらしい。

昨日、11時30分の予約ができたので、
開店直後に入店。
同じ時間の予約者が他に3名いた
(その他予約なしの人が2名入ってきたけど、
問題なく座れていた)。

お盆が各席にセットされている。


席数はカウンターのみで13くらい?

お品書きを見て、


梅 昆布水つけ麺をお願いした。
麺量180gというので、替玉をしようと
目論む。


カンターの高台には食器やら、
いろいろなものが並んでいるんだけど、
雑然とした感じではなく、きれいに写る。

おしぼり、紙ナプキン、
紙エプロン、髪留めが
有田焼の器に入っている。


その左側には味変調味料の数々。
とろろ昆布、鰹節、醤油スプレー、オリーブオイル、
黒胡椒、粉山椒、黒七味、藻塩、梅出汁、柚子出汁。


こだわりが書いてある。


識梵で100以上の出汁を開発。
それがつけ麺へと思いが伝わったということ。

おすすめの食べ方も書いてある。


つけ麺なんてそのまま麺をスープに浸して、
ずばずばいけばいいんじゃん?
と思っていたけど、これを読むと
器に取り分けていろいろ楽しむように
書いてある。
ふーん、そうなんだ。。。

同じロットの3番目で8分後到着。


麺には注文ごとにうスライサーで切り出す、
レアなチャーシューにねぎ、スプラウト、
海苔、ライムがきれいに盛られていて、
細切り昆布も見える。
そして、細麺が沈んでいる。


まずは麺だけを、、、


なんと美しくも美味しい麺!
大栄食品との共同開発らしいけど、
小麦の香りが感じられ、
何と言っても、昆布水の存在感がすごい。
とろみがあるし、味も濃い。

そしてショーの始まり。
麺を器(好きなのを選ばせてくれる)にとって、
まずは藻塩をパラリ。


飯田商店でも最初は塩で、
というスタイルだけど、
このように小皿に取ると、
ゆったり味わえていいね。
とても美味しい。

次に昆布水とスープを入れて、


スープは水鶏系で、醤油のシャープな味。
これは、うまいぞ!

そして、次々にいろいろ試す。


塩・・・麺と昆布水の美味しさがよく伝わる。
その後はスープ+昆布水に
梅出汁・・・梅好きにはたまらん。
柑橘酢・・・すばらしい!
とろろ昆布・・・味わいが濃くなりナイス!
鰹節・・・出汁感が増し増し!
オリーブオイルと黒胡椒・・・新発見!
山椒・・・さすが原了郭。
黒七味・・・さすが原了郭。

といった具合に心ゆくまで
遊ばせてもらった。
つけ麺の新しい食べ方だね。

チャーシューはレアだけど、
とても美味しい。



さて、180gの麺では
遊び尽くせないと思ったので
替玉とも思ったけど、
少しずつの麺で一通り楽しめたので、
方針変更して鶏塩丼をお願いした。


これが大正解。
都度調理する鶏挽肉が抜群の美味しさで、
ご飯自体の味も非常に印象的。

残しておいた
チャーシュ半分で、


最高。


スープはかなり余ったけど、
残った昆布水を全て流し込み、
追いスープとして利用。

と、ここで気がついた。


メンマあったんだ!
で、このメンマが非常にいいね。
これ、トッピングできるようにした方が
いいかもよ。

最後はご飯を 割ったスープに浸して。


美味しい〜〜〜


いやあ、楽しかった!
つけ麺もこういう楽しみ方があったのか、
とも思ったけど、
やはりスープに浸してズバズバやりたい
衝動をおぼえながら店をあとにした。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。


113


感想など。。。
posted by ぼぶ at 18:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都港区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年06月21日

香港料理 申申 西麻布店@広尾(申申特製海老ワンタン麺)

訪問日時:2023/06/21 11:38

新店に向かうも、ちょっと営業時間を
勘違いしてしまった💦

代替案もあったのだけど、
行きしなに見かけたこちらに入ることに。


香港料理 申申 西麻布店

西麻布店 というけど
ここにしかないみたいね。
申申はオーナーの名前とか。

店に入るとまだすいていた。
席に案内され、お品書き拝見。


麺類たくさん。
土鍋ごはんがおいしそう。


過日、浜松町の香港麺 陸記
触発されたかもしれない、
申申特製海老ワンタン麺をオーダーした。

3分ほどでやってきた。


期待通りの見た目。
透き通ったスープに極細麺。


スープは見た通りのあっさり。


でも貝柱なども感じ取れ、
深い味わいでもある。

極細縮れ麺を、




ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!



しこしこ、もしゃもしゃで
あっさりスープがからみついて、
なんとも言えない美味しさ。
物足りなさがないのが不思議でさえある。

海老ワンタン、最高!


伝統のてるてる坊主型で、
プリプリの海老がぎっしり詰まっている。
できれば味変で黒酢とかラー油がほしかったな。

ランチの麺類にはミニチャーハンが付いている。


作り置きではあるけど、
文句はなし。


担々麺も麻婆麺も一応気になる。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。


100


感想など。。。
posted by ぼぶ at 18:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都港区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする