2021年09月29日

イザナミノ麺@溜池山王(ラーメン)

訪問日時:2021/09/29 11:50

9月24日、赤坂にオープンした新店、
イザナミノ麺にやってきた。


ここは元祖札幌や溜池店だったところ。
元祖札幌やもどんどんなくなっているな。。。

今度はラーメン二郎風のラーメン。


パチンコ屋さんからの新たな事業ということらしい。

店に入ると、威勢の良い掛け声で出迎えられた。
もっと小さな声でよござんす。。

券売機へ向かう。


麺量が書いてあるのはありがたい。
ラーメン150gを購入した。
900円か。。。

席に案内されると、
オーダー表への記入を促される。


こんな感じでオーダーした。

壁に向かったカウンター席4+6、
厨房前のカウンター席4。
コロナ禍で席間を広くしているけど、
将来的に席数は増やせそう。

卓上には何もない。


なので、持ってきた。


そこそこ混んでいて、
10分後到着。


野菜は普通だと少ないね。
それより豚の存在感!


スープは非乳化で豚の香りがモアっと。


なんでか、少しぬるい。

麺はゴワゴワのいかにもなもの。


ワシワシ 美味しい!
ただ、スープの塩味が薄い。
麺を息もできないくらいにバクバクいただくには
少々力不足かも。

味付き脂を絡めるといい感じに。


豚は大きいのが2枚ある。
でも、味が薄くてやや固い。


この豚が重くて
麺を持ち上げるのに難儀していたけど、
やはり天地返しは必要かな。


野菜が少ないので、
天地返しは不要かな、と思ったけど
がぜん食べやすくなり、
お腹も余裕で食べ終えた。


スタンプカードをくれる。



この辺りで 夢を語れ と二郎風の2大巨塔となるかな、
とか思いながら店をあとにした。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。


186
感想など。。。
posted by ぼぶ at 18:00 | Comment(0) | 東京都港区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年09月20日

magaribana.labo@赤坂(秋刀魚油そば)

訪問日時:2021/09/21 12:02

秋は楽しい。
好きな旬の食べ物がたくさん。

そんな中、「秋刀魚油そば」
というワードを目にして気になって仕方ないので、
magaribana.laboに1月以来再訪問。


これこれ。


秋刀魚に肝を混ぜたタレを塗って焼く♡
それだけで★★★★★

店に入ると一番客。
入り口脇の席に座る。

ここのセットの仕方はきれいだ。


お品書きを見ると、


以前はあった特製仕様が落ちている。
その分、トッピングの種類は増えているようだけど、
お得だった特製(+チャーシュー1枚・味玉1/2・はんぺん1個)と
同じトッピングにはできない。

鯛出汁のおでんとか、美味しそうだな。。。

予定通り秋刀魚油そばを注文した。

すると、やおら串刺しの秋刀魚を
七厘の炭火で炙り出した。

ひゃー、香りがたまらん!
その秋刀魚と日本酒ください・・・

とか思って見ていると、
9分後到着。


焼き秋刀魚、メンマ、紫玉ねぎ、舞茸、
小松菜、味玉、すだちが飾りつけられ、
秋の装い・・


麺はラーメンと一緒かな?
細ストレート。


シコっとした上質な麺。

秋刀魚、ひとかじり。。。


メッチャ( ̄▽ ̄)ウマ!!

ああ、やっぱりお酒欲しいっすけど、
指示通りに味玉をつぶして混ぜ込んで
いただきます!




ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!




なんとすばらしい食べ物か!
秋刀魚の油、焼いた香ばしさたるや、、、
麺とこれほどまで合うとはねえ。

元々のタレも味が美味しいのもわかるし、
肝を溶かしたほろ苦さも感じ、
秋が口に広がる。

メンマと舞茸も標準以上の美味しさ。


後半はすだちを絞って、


少しだけ爽やかに変身。

終盤を予想するに、
ご飯が必要だろう、ということになり、
咄嗟に白飯100円を追加発注。

そのために残した置いて秋刀魚を乗せ、
小松菜で飾り付けて、


ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!

再び訪れる幸せ感。
秋刀魚とご飯、最高だね。

半分これでいただき、
あとは一気に残渣とミキシング。


美味に浸れる。
ご飯そのものが美味しいので、
多少薄味だけど大丈夫。

一粒残らず平らげ、ごちそうさま。

お客もあとからあとから入ってきて、
繁盛しているのがわかる。
いい店に育ったね。

次は松茸の限定かな〜〜(^^;


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。


181
感想など。。。
posted by ぼぶ at 18:08 | Comment(0) | 東京都港区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年09月17日

チリトマラーメン THANK@大門(チリトマつけ麺スペシャル)

訪問日時:2021/09/17 12:21

一年ぶりにチリトマラーメン THANK
つけ麺をどうしてもやっつけておきたかったのでね。

券売機を見ると、


価格は変わっていないけど、
写真付きできれいでわかりやすくなった。

チリトマつけ麺スペシャル
とチーズパルミジャーノを購入した。

奥の席に通された。


チケットを渡すと、
麺の種類、辛さ、パクチーの有無を聞かれる。
モリンガ麺、辛さ2、YES!パクチーで
コールした。


店内、満席になった。
女性が半分以上を占めている。
やっぱり、この味 女性にウケるんだな。

揚げネギ、青山椒スパイスはそのまま。


8分後到着。


麺皿にはケイジャンチキン、
ミートソース、塩たまごが乗っている。


モリンガを練り込んだ麺は
モリンガの緑の香り豊か!
健康になりそうだ。


よく水切りされいて、
それはいいんだけど、くっつくな・・・

赤黒マーブルなスープにはパクチーが少々。


浸してZurrrrrr・・・・・




ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!




やっぱりいいなあ、この取り合わせ。
鶏白湯、トマト、チリ、というバランスが
他では味わえない黄金比率というか。。

辛さも常識の範囲でさわやか。
トマトの濃厚さもやりすぎでない。

ケイジャンチキン、めちゃうま。


ミートソース、美味しいんだよなあ。


スープに入れようと思ったけど、
ここは和えつけ麺にしてみよう!


美味しさ、ブーストアップ!
これ正解!

青山椒スパイスも当然好相性。


塩たまごはそのままよりも、


この方が楽しい。

後半はチーズを使って、


雪を降らせてみる。


また目先が変わって、
食べるスピードが早まる。

ピクルスは所望するともらえる。


カレー風味が箸休めになる。


麺と具がなくなると、
ライスをぶっこみたいところだったけど、
そのままスープを飲み干していた。

おいしかった。
プーケットまぜそばもいずれ、だな。



お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。


179
感想など。。。
posted by ぼぶ at 19:00 | Comment(0) | 東京都港区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年09月06日

肉バル BEEF KITCHEN STAND 新橋店@新橋(すごい煮干ラーメン)

訪問日時:2021/09/06  13:12

はるちゃんラーメンに行ってみたら、
10人弱の行列。
ちょっと時間がなかったので、
店に背を向けた。

この新橋駅前ビル1号館には
他に行きたい店が2店あるので問題なし。

ではと次に行きたい店に向かってみると、
現在休業中_| ̄|◯
も、問題なしにて、次の店に向かう。


浅草線の改札がある地下からビルに入ると、
目の前に見える、すごいビーフ煮干ラーメンの文字。
今日はここにしましょう。

昨年6月からビーフキッチンスタンド各店にて
凪とのコラボでラーメンを提供している。

ラーメンは定番とそのトッピング違い。


定番と言っても
豚チャーシューではなく、
ローストビーフが乗る。

ただいま、赤字覚悟のステーキ祭り中。


ラーメンを頼むと、
ミニステーキ丼が無料で頼めるんだって。

通常メニューも魅力的。


すごい煮干ラーメンとサービスのミニステーキ丼を
前払いにてお願いした。

通路に面した席しかなく恥ずかしい。

調味料類は塩、胡椒、ステーキソース2種ほか。


7分後到着。


見慣れた風景ながら、
ローストビーフ、というのがなんかいいね。


スープはモロに凪の味。


やっぱりこの味は美味しいなあ。
煮干風味はすごいけど、
独特の極上バランスだ。

もっちり麺、Zurrrr・・・・・




ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!



食べ慣れた安心感。
この煮干が苦手な人はどのくらいいるんだろう。。

いったんめんもちゃんとある。


あってもいい、ではなく、
これは必須のアイテム。

そしてローストビーフだ。


いいね!
ナイスなコラボだと思う。

刻み玉ねぎが新鮮で美味しい。


ミニステーキ丼。


ちょっと固い、とか言わないの。
サービスならば何の文句もありませぬ。
おいしくいただきました。


はるちゃんラーメンの列は
全然減っていなかった。
何時に来るのが正解かなー、
と思いながら新橋をあとにした。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。


172
感想など。。。
posted by ぼぶ at 18:00 | Comment(0) | 東京都港区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年08月10日

麺屋 周郷@新橋(つけ麺)

訪問日時:2021/08/10 11:55

数日前からつけ麺が頭を離れなかった。
新店系で渡りをつけていた
新橋の麺屋 周郷に向かった。


2013年10月に開業し、
2020年4月に閉業した
小岩の麺屋 寿の改名移転。

意外と言ってはなんだけど、
満席で2名が外待ちしていた。
それから退店するまで、
待ちは途絶えなかった。。

なお、ネットで予約も可能。

木札の看板がかっこいい。


まずはチケットを購入。


つけ麺をプッシュし、
すぐに窓口から店主さんが回収する。
その際に麺量を中でお願いした。

8分後店内へ案内された。


小岩では味は塩、味噌、カレーも
ラーメンもあったけど、
こちらでもいずれ追加されるかな?


スープはかなりの高圧で炊き込んでいるんだね。

調味料類は柑橘酢(柚子?)のみ。


チャーシューと海苔を提供直前に炙るんだけど、
ナカノチャンネルでおなじみの
ザイグル炙輪を使っている。


煙も出ないし、
効果的、効率的と思われ。

高台の上にはお盆が予めセットされていて、
具、麺、スープの順で置かれ、
自分でおろす。


麺に海苔1枚、
スープに青ねぎ、紫玉ねぎ、柚子皮、 
別皿にチャーシュー、メンマと見た目もきれい。

麺は菅野製麺所製。


ギニっとしたナイスな食感で
香りも高い。

スープの青ねぎは
いつもは芽ネギだそうだ。


今日は市場が休みで仕入れられなかったとか。
確かに芽ネギの方が美しいね。

食べやすい位置にセットし直し、


いただきます。




ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!



濃厚豚骨魚介、というジャンルなれど、
洗練された味わいに辟易感は皆無。

というか、そもそも好きなジャンルだけに、
何のわだかまりもなく、するすると食べ進む。

現在では別皿に盛られるようになった
具たちはバラ肉焼きチャーシュー、
低温調理の鶏むね肉と肩ロース、
自家仕込みのメンマ。


チャーシューそれぞれ、素晴らしく美味しい。
特筆すべきはメンマ!
柔らかな食感、やや甘みある味付け、
私にはパーフェクト。
良い箸休めになる。

麺がなくなるとスープ割り発注。

手渡し方式で返ってくると、
紫玉ねぎ、柚子皮、ゆかりご飯が別皿で提供される。


よくまぜてください

とのアナウンスあり。
その通りにするけど、
こんなスタイル初めてだ。
とても良いアイデアと思うぞ。

ゆかりご飯はスープで。


最(≧▽≦)高


いろいろ満たされて店をあとにした。

近くに なんくるないさ があり、
懐かしいあの頃を思い出した。。。



お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。


156
感想など。。。
posted by ぼぶ at 18:00 | Comment(2) | 東京都港区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年07月27日

僕ん家@浜松町(廣島つけ麺)

訪問日時:2021/07/27 11:55

広島つけ麺を欲し、
ちょっと前にチェックしていた、
浜松町のお店に訪問。


ビルの横っちょにあり、
表通りからは見つけにくい。

店頭のお品書きを見て、


店に入る。

いきなり、大きな鉄板が見える。
広島のお好み焼は好きなので、
楽しいんだろうなあ、、、

汁なし担々麺にちょっと揺らぎながらも、
廣島つけ麺5辛をお願いした。

麺はランチだけで、
夜はお好み焼きメイン。


鉄板料理は何でも好きなので、
こういうカウンター席はワクワクする。


4分後到着。


チャーシュー、メンマ、青ねぎ、キャベツ、トマト、きゅうり。
こちらはレタスでなくキャベツなんだね。

いただきまする。



ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!



かなーり、久しぶりのご対麺。
シンプルだけど、やはり好きだな、これ。

シコシコの細麺、
塩辛く、ごまの浮いた辛いスープ。

でも、辛さ5は少し物足りないかな。

チャーシュー。


一般的にチャーシューが目立つ商品ではないと思うけど、
これもその通り、控えめな存在。

メンマはこれに非ず、


業務用かもしれないけど、
箸休めにはちょうどよかった。

キャベツもトマトも途中ではさみながら、
楽しく食べ終えた。

汁なし担々麺も気になってきた。



お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。


145
感想など。。。
posted by ぼぶ at 18:00 | Comment(0) | 東京都港区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年07月06日

SHRIMP NOODLE 海老ポタ@新橋(トムヤム海老まぜそば)

訪問日時:2021/07/06 11:22

6月12日にひっそりと?開業していた
新橋のSHRIMP NOODLE 海老ポタに訪問。


店頭には商品の写真入りお品書き。


チラシも置いてあったけど、
割引券ではなかった(^^;


店内に入り、券売機の前へ。


上部には主なメニューが。


海老のスープはあまり得意ではないので、
海老ポタ系は回避して、
最も気になったトムヤム海老まぜそばをプッシュ。
向かい合わせの7+7のカウンターに座った。
壁際にはテーブルがいくつか。

卓上調味料類はバジルオイルと胡椒。


商品説明。


3番目で7分後到着。


チャーシュー、海老、玉ねぎ、パクチー、ピーナッツ、揚げワンタンが
きれいに盛り付けられている。
似たような商品のあそこよりもきれい。


麺を少しいただいてビックラポン!


もう美味しい!
見事なトムヤム風味で辛い!

まぜる、いただく!



ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!



まいった。
めっちゃ美味しい!
なぜ今までこの食べ物が夜になかったのか。
トムヤムは海老にはもともと合うのでそこは思いつくとしても、
このスタイルのまぜそばにする、というところにセンスを感ずる。

もっちもちの生パスタのような麺も見事。
そして、トムヤムクンの特徴の
酸っぱくて辛い、ナイスであります。
海老油による海老風味もバランス良し。


海老はもちろん合いまくり。


もっとほしいな。。

チャーシューは少し残念。


切りおきなのかな。
風味が少し。。。
これならなくても文句はない。
その代わりに海老をプラス2匹とか(≧▽≦)

揚げワンタンはいいね。


カリ食感がアクセントになる。
これも増量したい感じ。


ライスも欲したけど、
器を持って、お箸で残渣を書き込み、
ごちそうさま。

いやー、美味しかった!



お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。


131
感想など。。。
posted by ぼぶ at 18:00 | Comment(0) | 東京都港区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年07月02日

銀座 昊@麻布十番(鶏油塩ラーメン 出汁PLUS)

訪問日時:2021/07/02 12:05

5月に訪れた間借り担担麺En。
銀座 昊の味を受け継いだとされていて、
泡系担々麺がとても美味しかった。

その店は大船に移転してしまい、
跡地のBAR Perticaに今度は
本家の銀座 昊が復活(でいいのかな?)した。


迷わずに来られた。


泡系担々麺。
銀座生まれ福岡育ち なんだね。
調べると福岡に今もあるみたい。

よくわからんけど、
ま、麻布十番に6月10日に開店した。

地下へと降りていき、
店に入るとほぼ満席!
そしてほぼ女性!
すごい人気。

カウンターへと案内されて、
お品書き拝見。


実はあることで店主さんとやり取りをさせてもらっていた。
その際に勧められた、鶏油塩ラーメンの出汁PLUSと
肉味噌飯を スタッフの女性にお願いした。

この女性とても慣れていらっしゃる。
てきぱきとホールと会計を裁く様はすばらしい。

3番目で15分後到着。


具はチャーシュー、紫玉ねぎ、スプラウトと
潔いビジュアル。


スープは鶏油で蓋をされた格好で、熱い!


んで、これ、美味!!
鶏ガラのみでとったとは思えない深い味わいにうなってしまう。
鶏油の香りがかなり効果的ではある。

北欧産小麦を使った細ストレートをすすりあげると、



ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!



最高に美味しい!
シコシコの食感がマッチしていて、
スープもよく引っ張り、小麦も香ってくる。

元来 早メシ喰らい なんだけど、
これはゆっくりと咀嚼して
香りと味を楽しむべきかな。

美しいラーメンと形容したい。


チャーシューは
スペイン赤豚の純粋デュロック種
だそうだけど、


とんでもなく美味しいじゃないすか!
食感が適度で、噛んでいると味わいと甘みをよく感ずる。

さて、出汁PLUSの2種。


鯛出汁と貝出汁。

まずは貝出汁を、


かなり塩味はあるけど、
これはすごい。

入れた部分は一気に貝の旨味が広がった。
最近流行りの味を思いだすが如く。
でも、ベースの鶏ガラスープの良さは
少しも変わらない。

続いて鯛出汁そ注ぐと、、、

これもいいね( ̄▽ ̄!!
鯛の香りと旨味であふれるよ。

貝と鯛、好みの甲乙はつけ難い、
というより鶏、貝、鯛、の三層の味が
エピローグとして口に残る。
よく考えられた作品だ。

肉味噌飯。


担々麺の肉味噌が乗ったもの。
担々麺を頼んでいたら、ダブル肉味噌になってしまうので、
塩ラーメンにはもってこいのサイドメニュー。
芽菜が付いていてうれしい。
しかし、これ、めっちゃ美味しい!

最後はスープに浸して、


完食フィニッシュ。

とても美味しかった。
改めて担々麺も もう一度食したいな、
と思いながら店をあとにした。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。


128
感想など。。。
posted by ぼぶ at 17:00 | Comment(2) | 東京都港区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年07月01日

Feumen@表参道(スタンダード)

訪問日時:2021/07/01 11:45

どうもよくわからない店がオープンしたので、
とりあえず行ってみた。


路地に入る感じなので、
少し場所はわかりにくい。。

Feumen
ふーめん と読む。
近くには ふーみん があるのでややこし、、、、くもないか。

こちらは
食べログランキング大阪エリア1位のcomptoir Feu

食べログランキング中華料理部門 全国3位の齋華
の二人のシェフのコラボレーション。

京都の齋華は何回か行こうと試みたけど、
その都度玉砕していて、
もうその存在を忘れていたよ。

6月27日にプレオープンの会を開催したけど、
私はInstagramの抽選にハズレていた。
めでたく本日グランドオープン。

店に入ると、
海老のアレルギーがあるかどうか聞かれ、
また、現金決済は非対応で、PAYPAY、LINEPEY、
クレジットカードでの決済になる、
と案内された。

すべて了承して席へと着いた。


πウォーターが一人一瓶出される。

それにしてもおしゃれですなー。
きょろきょろしちゃうね。

お箸も店名入り。


調味料類はなし。

さて、お品書きは
各席に印刷されたQRコードをス
マートフォンで読み込んで、
LINEかサイトに登録してから行う。

その際、決済方法を
PAYPAY、LINEPEY、クレジットカード
から選ぶことになる。
※QRコードは席ごとに違うようです。
最初載せてしまいましたが、
消しておきます。
申し訳ございません。


基本の商品がスタンダードとマイルドとあり、1320円。
まずはスタンダードをチョイス。
そして無料トッピングを15種類から2つ選ぶ。
納豆パクチーにした。
その他、有料トッピング(ほぼ被っている)14種類からも
選択可能。
トマトマリネ粉チーズ追いメシを追加して、
1590円をお支払い。

このオーダーシステムは
13年間スマートフォンを使いこなしてきた私でも
少し迷った。
実際注文できない人が数名いらした。

お隣は追いメシを頼んだのに、
10分くらい待たされていた。

メニューの残り杯数も出る。
これを行く前に確認できればいいのに。。


オーダー完了後、10分で運ばれてはきたんだけど、
これを運ぶおねえさんが、寸前で新規客につかまり、
オススメとかオーダーの仕方を聞かれていて、
それに丁寧に答えるもんだから、
2分ほどの途中停車をしていてイラッとした。
まあ、お腹すいてるのでスンマセン。


具は、頼んだパクチー、納豆に
トマトマリネ、粉チーズ。
それ以外はミンチと海老のソースだけ。


全体的に盛り付けに難があるかな。
もっと美しく盛り付けられると思うけど。

納豆、容器からそのまま出して乗っけただけみたい。
容器の角が出ている。


納豆の横にはピリ辛のミンチ。

粉チーズ、これで110円か。


クラフトのパルメザンチーズなら100回は使えそうだ。

海老のビスク?みたいなソースが見える。



ま、混ぜましてーの、


美味しい!!!
海老の風味はそれほど強くない。
ピリ辛ミンチの味が
よくある担々麺のそれとは全く違う。
あまり味わったことのないような感じ。
この辺が予約の取れない店のシェフが
作ったって感じなのかも。

麺は九州と北海道の国産小麦粉を使用とか。
つるつるシコシコで、手打ちパスタみたい。
水でしめてあって、ややぬるい。

で、納豆がよく合うと思う。
トマトとパクチーも私には正解。
粉チーズはこの量ならば なくてもいい。

追いメシは言わないと配膳されない。


残渣を適量残して、どさ!


ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!

納豆を選んでよかった、と思った瞬間。

そして、きれいに完食。
楽しかったし、美味しかったけど、
なんか常に「うーん」と思いながら
箸を進めていたかな。

女性受けもよろしいでしょうし、
繁栄されることを願います。


ところで、お隣さん、
巨大一眼レフで、時間をかけての撮影はすごかった。
いちいち麺を整え、紙でお皿を拭いたりしてすごいわ。
私にゃ、めんどくさくて できませぬ。



お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。


127
感想など。。。
タグ: Feumen 和え麺
posted by ぼぶ at 17:00 | Comment(0) | 東京都港区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年06月25日

MENクライ@浜町町(油そば)

訪問日時:2021/06/25 11:40

煽られていたMENクライへ。


煮干し屋 香良と変わってきた物件。

大井町の和渦のセカンドブランド。
こちらでは純手打ちの極太麺が味わえる。


店に入ると、予想したようにほぼ満席。
ちょうどよく、奥の席が開いていて安堵。

券売機へと進む。


ご飯類が安いのは大井町譲り。
ありがたいよね。

勧められていた油そばをチョイス。
席に着く。

すべて手作業って大変だよなあ。


2店舗を構えるとは失礼ながら
思えなかった。

油そばには酢とラー油が供される。


常設でニンニクと白胡椒。


5〜6番目で14分後スープと共に到着。


チャーシューは輪切りと細切り。
メンマ、玉ねぎ、なるとが乗り、
山頂の真っ白な背脂が目を引く。


麺に味はあえてあるので、そのままZurrrr、、




ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!



この麺はすごいね!
とろとろもちもちの食感は麺と未来にも通ずる。

そして香ばしい油の香りがナイスだ。
背脂の甘さも感ずることができる。

チャーシューは本店と同じ仕込みかな?


しっとり美味しい!!

細切りされた方は
また印象が変わるもんだね。

メンマもしっかり美味しい。


もっとほしい。

添えられたスープは基本の煮干しスープ。


うわー、このスープなら間違いないね。
この極太麺も合うんだろうけど、
どのような麺でも合うような、
そんな懐の深さも感ずる。

遊んでみた。


あまりオススメしない(^^;


楽しく食べ終えた。
混むのもわかるな、
と思いながら店をあとにした。



お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。


122
感想など。。。
posted by ぼぶ at 19:00 | Comment(0) | 東京都港区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年06月24日

水炊き 鼓次郎@田町(鼓次郎特製ラーメン)

訪問日時:2021/06/24 11:32

大崎さんが投稿されていたのが気になり、
FBをチェックしていたけど、
今日からランチでラーメン開始とな!

氏は試食を依頼されていたけど、
その麺相には大いに惹かれていた。

今日オープンする自由が丘の新店に
一旦 向かうも、こちらが気になり来てみた次第。


水炊き 鼓次郎
田町駅南側のあまり人も店もないようなところに
ひっそりと佇んでいた。
暖簾がお風呂屋さんみたい。

限定30食というこの特製ラーメン1種類。


店に入ると、カウンター席は
2席ごとに仕切りを立てていて、
それを一人で使う格好。
テーブルを含めて満席になれば、
16人くらいは座れると思われる。

卓上のIHヒーターの上にグラスが置かれていた。


メニューは1つなので、
何も注文せずとも制作は開始される。

厨房には店主さんと助手さん、
ホールにも1名。
どうも緊張されているのが伝わってくる。

4番目で8分後到着。


具は豊富で、
チャーシュー2枚、穂先メンマ、青ねぎ、
味玉、つくね。


スープは鶏ガラ、丸鶏、鶏油に
キリッと醤油風味という
今や良く見られるタイプのもの。


昆布の旨味を感じて、好きなタイプ。
これ系のプロデュースをするところと比べると、
何というか、真面目にこの味を作り上げた感が
とてもよく伝わる。

麺をずずいと、、、



ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!



もう少し塩分があってもいいと思うけど、
贅沢な旨味があるので、過不足なし。
美味しいラーメンですぞ。

チャーシューは低温調理の薄切り。


かなり大きくて、美味しい。

つくねは生姜も入っていて、
歓迎の存在!


穂先メンマは短く切られている。
食べやすくて美味しい。


味玉はやや固めの仕上がり。


L玉なので、食べごたえあるっす。


スープまでほぼ完食して
箸とレンゲを置いた。

水炊きでゆっくりと一杯やりたいなあ、
と思いながら店をあとにした。



お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。


121
感想など。。。
posted by ぼぶ at 17:00 | Comment(0) | 東京都港区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年05月27日

拉麺 はま家@六本木(しそ塩そば)

訪問日時:2021/05/27 11:53

雨降る中、六本木の新店を目指す。


肉汁水餃子 餃包のランチタイム間借りで
5月10日に開店。
仙台は勾当台からの移転で
そちらではそこそこの人気だったらしい。

席に着き、お品書きを拝見。


しそ塩そばとゆず塩そばの2本立て。
現在の限定は塩そばとまとオイル。


スープは丸鶏と蛤を使ったもの1種類で、
香味油で味を変えているようだ。

しそ塩そばをとメンマめしを注文した。
料金は現金で前払い。

傍らには餃包の調味料類。


醤油、酢、八味唐辛子、塩ごま油と
ラーメンに使えるものはなさそう。。

こんなのがあり、面白い。


5分後到着。


レアチャーシュー、メンマ、サラダほうれん草が配置され、
きれいなグリーンのしそオイルが目に鮮やか。


まずは鶏蛤の基本のスープを、


はー、うまいね〜〜〜!
きれいな鶏出汁のバックボーンに、
蛤の上品な味わいが重なり、
昨今よくある貝出汁ラーメンとしては
かなり美味しい。

しそオイルもいいねえ。


続いて麺を、




ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!



パッツン食感の細ストレート麺が
スープとベストマッチ。
双方の美味しさを活かし合っている。

しそオイルも徐々に全体を支配してくるけど、
あってもなくても抜群に美味しいと思う。

チャーシューは苦手なレア仕上げだけど、
これは美味しい。


スープに沈めておいた部分が好みの味になっていた。

メンマが非常に印象的。


極細に切られていて、
味わい、香り共に初めての感覚。
麺とほぼ同じ細さなのがナイス。

このメンマを使ったメンマめしが
鮮烈に美味しい!


甘からのタレがかかっていて、
バーナーで焦がしていて、
風味もすばらしい。
これは絶対マスト!

メンマが先になくなり、
残りはスープの力を借りた。


すばらしい。

ゆず塩もいっておきたいけど、
今後の限定に注目したい。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。


104
感想など。。。
posted by ぼぶ at 18:00 | Comment(2) | 東京都港区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年05月26日

みそちゃんぺ@品川(マーボみそタンメン)

訪問日時:2021/05/26 11:06

品川駅港南口に、
気になるお店が5月17日にオープンしていた。


みそちゃんぺ
品川ホルモンのランチ間借り。

何やら 中本 っぽいと言うじゃない。
店名も面白いし、久しぶりにあーゆーのもいいかな、
とやってきた。


どの辺が革命児なのかわからないけど、
1番客で入店。


店頭のお品書きを見るまでもなく
すでに商品構成は予習済み。

卓上メニューをチラ見し、


マーボみそタンメンをお願いした。
支払いは前払い。

まずはレモンサワーで喉を潤す(^^;


こんなのをゆっくり楽しめる日が
早く訪れないかな。。。


とか思っていると、
6分後到着。


みそタンメンに麻婆豆腐をかけたもの。


スープは、


美味しいよ!

先入観はどうしても入ってくるけど、
それでも美味しいと思った。

麻婆豆腐部分は、


辛さ充分!
戦闘態勢整い、いざ、ZURRRR・・・




ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!




うはー、蒙古タンメン こういう辛旨ラーメン、久しぶり!
20年前に初めていただいたときは衝撃を受け、
特に目黒店にはよく通ったものだ。

でも、この麺、ナイス。
もっちりしていて、
本家では感じたことのない感覚。

マーボも絡めて、


いいねえ。
箸が止まらないねえ。

クタッとした野菜と豚肉もかなりいいぞ。


やはり真似しやすい味なんだろうか。

マーボ豆腐は豆腐の形がはっきりしていて好印象。



夢中で食べ終えた。
本家に比べると辛さはマイルドかな。
でも非常にバランスがいいな、と思えた。

品川駅高輪口の品達がなくなって、
品達中本ロスの方々にも
よろしいのではないでしょか。

でも、
そのうち、その筋からのゴニョゴニョが
ないことを祈る。



お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。



103
感想など。。。
posted by ぼぶ at 17:00 | Comment(0) | 東京都港区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年05月18日

らぁめん 赤坂 みづ菜@赤坂(濃厚醤油らぁめん)

訪問日時:2021/05/18 12:40

この5月16日にオープン、
らぁめん 赤坂 みづ菜。

情報を掴んでからややあって
公式サイトが公開された。
それを見ると、なんとも美しく、
普通でないこだわりを感じたので、
優先して行ってみた。


村上朝日製麺からの生花が目に入った。

ところで、
ここは昔懐かしい、赤坂ラーメンの跡地。
あの店主さん、どうしているのかな。


店内、ほぼ満席。
券売機を見る。


らぁめんは4種類。

蛤×帆立
塩らぁめん 880円
鶏×豚×ポルチーニ茸
醤油らぁめん 880円
親鶏×豚×昆布水
つけめん 1000円
親鶏×豚×煮干し
濃厚醤油らぁめん 880円

という構成。
券売機左からオススメ順だそうだ。
堂々とそう言われると、
4番目は自信ないのか、と思ってしまう天邪鬼。


でも、「親鶏」というワードに惹かれ、
オススメ最下位の濃厚醤油らぁめん
特製半チャーハンを購入。

少し待って席に案内された。


天板は一枚板?
かっこいいね。

壁に向かったカウンター7席+5席、
4人卓×2。
衝立があるとは言え、隣との距離が少なく、
ちょっと抵抗がある。。。

目の前には黒胡椒とおろしニンニク。


キノコの形が可愛い。
左側のキノコは楊枝入れ。

お品書きも各席に置いてある。


4種類のスープ炊いているのかな。
お隣は塩らぁめんだったけど、
確かに美味しそうだ。。

裏には付属の薬味の説明。


11分後到着。


店名入りの器。
らぁめんの種類によっても使い分けてるようだ。
3種の薬味も同梱。

具は低温調理豚と鶏もも肉、水菜。


水菜は店名由来?
全てのらぁめんに入るみたい。

スープは、確かに濃厚。


濃厚な鶏と豚!
脂分も多く、ドスンとした味わい。
タレも濃厚スープを生かす仕上がりで、
スープの味がよくわかる。

中太つるつる麺をすすると、



うまいね!


麺との相性も文句なし。
なんとなく、赤坂ラーメンを思い出すのは、
場所の成せるせいか・・・

でも、親鶏×豚×煮干し
という割りには煮干しは感じないけど、
何かの間違いか?

レア豚チャーシューは、


ちょっと苦手なやつ。

鶏肉はもも肉だな。


親鶏なのかな?
にしては柔らかめ。
美味しいけど。。

メンマにはびっくりした。


めっちゃ美味しい!
一本しかないのが残念。
味付けも適度な柔らかさも素晴らしい。
あまりない味わいだった。

さて、薬味を試していこう。
まずは焦がし入り("煎り"の誤植か?)にんにく。


これはかなり効果的。
このラーメンにはニンニクが合うと認識できた。

辛味柚子胡椒。


赤いタイプの柚子胡椒。
香りと辛さがいいね。

特製魚粉。


これも合うね。
親鶏×豚×煮干しの煮干しはこれで補完か?
ならばもっとほしいよな。。
他の2種ももっと量があるといいなあ。


奥の厨房から炒めている音は聞こえなかったけど、
特製半チャーハンはかなり遅れて到着。

"特製"が好きだな・・・

べちゃっとしている。
チャーハンと言うより炊き込みご飯のような食感だな。。
味も薄く、塩か醤油がほしかったけど、
スープをお供に何とか食べきった。


素直に塩らぁめんにすればよかったかな。
でも、醤油もつけ麺も気になることは気になるぞ。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。


098
感想など。。。
posted by ぼぶ at 20:33 | Comment(0) | 東京都港区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年05月10日

【大船に移転】間借り担担麺En@麻布十番(濃厚胡麻担担麺)

訪問日時:2021/05/10 11:50

間借りな店が増えている。
今日うかがったお店もそう。
店名に「間借り」と入ってるし。

店は地下一階にあるBAR Pertica内。
店頭のこれだけが目印。


ちょっと引っ込んだコーナーなので、
歩いてくる途中に目には入らない。

私は実は定休日に訪れてしまった経緯があり、
場所は把握済み。
ちなみに月曜火曜のみの営業。

階段を降りていくとBARの看板が目に入る。


入り口にはサインとアルコール。


店に入ると、5席のカウンターと
2人卓×1にて営業中。
3人の先客はいずれも女性。

テーブルに案内された。


濃厚胡麻担担麺をパクチー付きでお願いした。

こちらの担々麺は、銀座にあった幻のお店、
銀座 昊(おおぞら)から味を受け継いだそうだ。

卓上には五香粉、花椒、五香辣油。


お冷、紙エプロン、紙ナプキンはセルフ。


店主さん一人体制。
奥の厨房でブレンダーの音が響いたあと、
座って7分後到着。


きれいじゃないすか!


肉味噌、水菜、青ねぎが乗っている。

これは泡系担々麺というジャンル、
になるのかな。


スープは非常にクリーミー。


新鮮な胡麻ペーストの香りがリッチ。
ベースのスープがとても良く、
見事な全体のバランスになっている。

肉味噌が激しく美味しい。


辛さと香りは やり過ぎでないので、
女性に好まれるのもわかる。

麺は細ストレート。




ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!




ただでさえ濃厚なスープが
泡立っているので、
麺にスープが絡む、と言うより、
スープに麺が絡んでいる、と言うが如し。

肉味噌の部分と一緒に口へ入れると、
かなりの美味しさ。


五香粉が置いてあるのは珍しいけど、
少し振ってみると、


台湾の香り。
いいね。

花椒はたっぷり使わせてもらった。


この ヤスマ の花椒、いいね。
見つけたら買っておこう。

五香辣油も追加。


この辣油が良い香りの元の一つでもあるね。
増して正解。

麺がなくなったので
穴あきレンゲで具も全ていただき、


ごちそうさま。


いつか間借りを脱するときもあるのかな。
応援します。



お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。


093
感想など。。。
posted by ぼぶ at 18:00 | Comment(0) | 東京都港区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月22日

松阪牛ラーメン 一人しゃぶしゃぶ 松虎@赤坂見附(A5松阪牛ラーメン)

訪問日時:2021/04/22 12:12

赤坂に松阪牛ラーメンの店が
4月1日にオープン予定という情報があったけど、
すぐに19日に変更になった。

こちらの方が監修されてようだけど、
有名なのかな?

松阪牛のラーメンは二子玉川で経験していて、
同じものではないだろうけど、
楽しみにはしていた。

19日に行ってみたらやってない。
その場所は母体?のしゃぶしゃぶの福虎のまま。
Twitterで聞いてみたら20日にずれ込んだとのこと。
公式サイトは食べログみたいだけど、
そちらで告知してほしかったよ。


で、今日来てみると、


無事に看板がかかっていた。
元々の福虎の看板もそのままだ。
業態変更なのか、追加なのか、どうもよくわからない。


まだプレオープンなのね。
5/19のグランドオープンまでは
ドリンク半額、玉子サービス。

松阪牛ラーメンは豪華だ。


扉を開けると、瀟洒な作りの店内。

3階へどうぞ!

と言われ、素直に従う。
靴を脱いで座敷に上がり、
一番奥の卓へ案内された。

お品書きを見ると、


ラーメンがない・・・
聞いてみると、出してくれた。
ますますわからん。。。


A5松阪牛ラーメン1枚をお願いした。

裏はランチドリンク。


すでに半額に設定されているようだ。

注文を終えたけど、
数十秒後、好みの表を渡された。


麺は迷って中太麺にしたけど、果たして・・・

この辺でわかってきた。
松虎は1階で、2階3階は一人しゃぶしゃぶの福虎
ということみたい。

最初のスタッフさんがよくわかってなくて
私は3階へ案内されたらしい。
本当はしゃぶしゃぶかラーメンかを聞いて
それぞれ案内する、ということだ。

一人しゃぶしゃぶも魅力的ではある。


出汁風味の塩が4種類。
ぶぶあられと、ゆかり。


12分後到着。


ひえー、すごい迫力ですな!
金の器にデデンと牛さん。
金粉まで降りかかっている。


実は店長さんとは開店日について
メッセージでやり取りしていた。
何度も足を運んでいただいたお詫びということで、
松阪牛を2枚にしてくださった。
どーもすみません!

傍らには取皿、もみじおろし、トリュフオイル。


では、スープをいってみると、


とっても上品なお出汁。
味のベースは塩かな?

牛も感じるけど、キノコ風味が強いな、
と思ったら、牛の下にシメジと舞茸が。


他のコーナーにレンゲを差し込んでみても、
上品な出汁、という印象。

味玉もちゃんといる。



中太麺をいざ、


もっちりしたつるつる麺。

全体的に牛感は希薄。
そして塩味が薄いので
味があまり乗ってこない。
これは細麺チョイスだったな。。。
濃い味指定が正解かも。

お楽しみの松阪牛♡


そりゃ美味しいよ!
柔らか! さすが!という感じ。

食べにくいので、取皿を使った。


味が薄いので、出汁風味の塩を4種とも使っていただいた。
全部合うね。


本体にはぶぶあられも少し、、、


アクセントになるね。

メンマは普通に美味しい。


味玉は黄身がかなりトロトロで、
皮むくの大変だろうなー。


ということで楽しく食べ終えた。


やはりこの肉ならば、
しゃぶしゃぶをいただきたいな。

いろいろな感想を胸に抱いて外に出て
外観を眺めてみると、やはりわかりにくい、と感ずる。

松阪牛ラーメン松虎(1F) 一人しゃぶしゃぶ福虎(2,3F)
と分けて表示したらいかがなものか。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。


078
感想など。。。
posted by ぼぶ at 21:05 | Comment(0) | 東京都港区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月19日

韓国ちゃんぽん専門店 肉&麺 赤坂店@赤坂(ジャージャー麺)

訪問日時:2021/04/19 12:03

今日開店予定の店に行くも、
空いていないようだ。
代替を考えていなかったので、
少し彷徨い、こちらに決めた。


韓国ちゃんぽん専門店 肉&麺。
麺はちゃんぽんとジャージャー麺がある。

店に入って席へと案内される。
店主さん一人体制。

ジャージャー麺には酢豚。
そのセットメニューもあり、
ほかにもいくつかあった。

ジャージャー麺発注。
すぐにチュンジャン、玉ねぎ、タクアンが出された。


右も左も韓国語。
アウェイ感をいだきながら、
待つこと10分で到着。


玉ねぎ、豚肉を炒めて、
チュンジャンなどで味付けて
茹でた温かい麺にかけて、
きゅうりを乗せて完成。

お箸はテーブルの引き出しに。


早速食らいつく。


うまいね!

つるつるの麺に味がよく絡む。

甘い独特の味付けが私は大好き。
苦手な人も多いみたいだけど。

玉ねぎ、タクアンをお共に
美味しくいただいた。



お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。

075
感想など。。。
posted by ぼぶ at 18:00 | Comment(0) | 東京都港区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月06日

中華酒菜 三士@三田(三士特製ラーメン)

訪問日時:2021/04/06  11:45

三田にいたので、
情報を思い出し、新店に来てみた。


あ。

ここ、来たことあるじゃん。。。

何やら経営が変わったらしいけど、
中身はどうなのかしらん。
まあ、せっかく来たので入りましょ。

地下一階だけど、
中庭に面していて明るい店内。

カウンターへと案内され、
ランチメニュー拝見。


ラーメンにつけ麺3種(金・赤・黒)、
担々麺、タンメン、スーラータンメン、鶏ねぎ塩そば
という麺の構成。
担々麺は三田No.1なのね。
誰が決めたんでしょ。

三士特製ラーメンとミニルーロー飯をお願いした。

グランドメニューもあったので、一応撮っておく。






同じく、2021/4/1にオープンした
五反田のあそこの餃子屋は系列店だったのか。
その場で調べてみると、
同じ麺メニューがずらり。
担々麺は五反田No.1だって(^^;


調味料類はラーメンコショー、一味唐辛子、
酢、醤油、ラー油。


2番目で5分後到着。


クリーミーなスープ。


見た目通りのお味。


ミルキーで甘さがあり、
鹿児島ラーメンの豚骨醤油的ではある。

中太縮れ麺を、



うまいね!


厨房をちらりと見てみると、
大きな寸胴があったので、
炊いているようだ。

チャーシューはトロトロの煮豚。


本場の豚とろほどではないけど、
まあまあ美味しい。

メンマが極太。


美味しい。

味玉は固茹でタイプ。
味がかなりしっかりしていた。

ミニルーロー飯。


本格的な味付けでいいね。
これはかなり好きなやつ。


さくっと食べ終え、
店をあとにした。



お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。


064
感想など。。。
posted by ぼぶ at 18:00 | Comment(0) | 東京都港区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月05日

FUKAHIRE fin-fin@新橋(ふかひれ濃厚オイスター麺)

訪問日時:2021/04/05 12:02

知り合いのSNSで知ったお店にGO!


FUKAHIRE fin-fin(フカヒレフィンフィン)。
気仙沼産フカヒレのご飯と麺のお店。

SL広場に面していて、
場所はとってもいいね。

店頭のお品書きは一瞥して、


中に入ると大きなガラスで明るい店内。
先客はいなかった。

壁に向いたカウンター席4、
厨房に向いたカウンター席4、
4人卓✕2、8人卓✕1。

改めてメニューを拝見。


基本のオイスター風味、
カニ卵入り、フォアグラ入りの3種。
それぞれにご飯と麺がある。

点心などが付いた 土鍋あんセット は
+100円でフカヒレスープの中に
半麺を入れられる。

姿煮が入った贅沢なものも。


酸辣湯もリリースされている。


軽いおつまみもあり、
場所柄、気軽に一杯やれそうだ。


TAKEOUTも用意されているけど、
ご飯類だけ。


ふかひれ濃厚オイスター麺をお願いした。

窓際には大きなフカヒレ。


モニュメントとしての用途だけかな?

7分後到着。


酢とザーサイ、
トリュフオイルと杏仁豆腐が付いてきた。


ライスが付いていなかったけど、
聞けば、サービスライスがあると言うので、
頼んでおいた。


さてさて、色がいいね。


小松菜に白キクラゲが乗っている。

スープはもちろん全トロで、
いかにもなフカヒレスープという感じ。


上質な風味とお出汁。
こりゃうまい。。。

お箸は三角で
おしゃれな模様入り。


ストレートな麺をいただきますと、


アチチ!



ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!



これはいいね。
シコシコの麺がよく合う。
麺に関してもこだわりがありそう。

中にはほぐしフカヒレも
それなりの量を確認できる。
えのき茸も麺に絡んでくる。

スープのベースは鶏白湯。
先日の匠104もよかったけど、
あちらはフォアグラを使っているし、
私としてはこちらの方がわかりやすくて、
好きだな。

これまでフカヒレラーメンは
いろいろな店で頂いているけど、
これはかなり上位にくる。

香味酢を試してみると、


当然のようにマッチ!
フカヒレ酸辣湯が俄然気になってきた。

ちょっとした勘違いを
店の人とやりとりしたんだけど、
何やらサービスで水餃子もらってしまった。


どもすみません。
美味しいです・・・。

トリュフオイルも少し試してみたけど、


香りがそっちに持っていかれてしまうので、
残りはサービスライスにかけて、
二口ほど楽しんだ。


麺がなくなるとスープをライスにじゃばばば。


これだよ、これ。
麺も合うけど、ご飯との相性は
やっぱりな、と納得した次第。


そして、きれいに食べ終えた。
また来たいものだ。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。


063
感想など。。。
posted by ぼぶ at 19:00 | Comment(2) | 東京都港区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月24日

麺Louis@品川(鶏清湯醤油らぁ麺)

訪問日時:2021/03/24 12:06

品川横丁なんて知らなかったなー。


品川駅高輪口前から田町方面に向かった
第一京浜国道沿い、第2京急ビルの2階にある。

店舗は現在10店舗。


横丁 というくらいなので、
夜がメインではあろうけど、
ランチも花盛り。

その中に「らぁ麺」の文字。


ここに書かれた営業時間は
毎週微妙に変わるようなので、
Instagramチェック。

中に入ると、
面白いイラストに案内されて2階へと上がる。


目指す店は一番奥だ。


入り口にあるお品書きに
軽く目を通して入店。


店内、やはりパブっぽい。
カウンター5席でしか営業していないようだ。

厨房には男性スタッフ2人。

鶏清湯・醤油らぁ麺をお願いした。


らぁ麺
という表記にどこそこの手が入っているのかな、
と勘ぐってしまう。

明太ねぎめし、美味しそうだ。


各席にはマットと箸がセットされている。


調味料類は
醤油、胡椒、七味唐辛子。


こだわりを読むと、


醤油だれは10年以上に年月をかけて、
とあるけど、どこか系列の店があるのかな?

1番目で5分後到着。


チャーシューが2種、穂先メンマ、
ねぎも2種と見た目は豪勢。


スープをいってみると、軽く笑顔になった。


きれいな鶏清湯だ。
まろやかで奥深い醤油たれが実に良い。
焼あごのような香りもあり、
やっつけ仕事ではないのがすぐにわかる。

麺は中細ストレート。




ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!




あれま、これは美味しい!
しこっとした食感でスープとも好相性。

過度の期待もしていなかったけど、
これは専門店でも充分に通ずる味だと思う。

チャーシューはバラの煮豚タイプと
肩ロースの低温調理。


適度な固さを保持していて、
上質な肉質を感ずる。
美味しい。


この低温肩ロースは味付けが抜群。
これなら低温調理でもいける。

穂先メンマの仕込みも見事。


じゃまをしないけど、
存在感も充分。

そしてスープまで完食。
躊躇はなかった。


食後に聞いてみたけど、
店長さんはラーメン店経験者みたい。
系列の別の店でやっていた、のかな?
よくわからなかった。


そして表に出ると見事な桜景色。


去年に引き続いて物悲しい景色だな、
と思いながら帰途についた。



お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。


054
感想など。。。
posted by ぼぶ at 00:00 | Comment(0) | 東京都港区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする