2020年07月16日

麺創庵 砂田@庚申塚(ワンタン麺)

訪問日時:2020/07/16 12:30

巣鴨に白河ラーメンの店ができると
早くから情報をもらっていたけど、
なんだかんだで今日まで来られなかった。

店主 砂田さんは脱サラして、渡なべスタイルで修行、
50歳を過ぎて独立を果たした。

IMG_7680.JPG

いい店名だと思う。
早く来たかったよ。

とびねこ→蔦の葉と変遷した物件。

店頭には簡単な商品説明。

2020_07_16 12_38 Office Lens.jpg

そもそもなぜ白河ラーメンを
選んだのだろう。

並び方も書いてある。

IMG_7682.JPG

中を覗くと、7席を4席まで絞っての営業。
待ち席が空いたので店主さんに招かれ
店内へ。

券売機。

IMG_7683.jpg

ワンタン麺をチョイス。
しばし待ち席で待つ。

本日の日替わりご飯はキーマカレー。
普段なら必ず頼むけど、
今日は手が伸びなかった。。。

IMG_7684.jpg

VIRUS対策も万全。

IMG_7685.JPG

やや待って席へと案内された。

素材の説明がある。

2020_07_16 12_47 Office Lens.jpg

卓上調味料類は
胡椒と唐辛子。

IMG_7688.JPG

2番めで5分後
ワンタン麺到着。

IMG_7689.JPG

いかにも白河ラーメンっぽい器。

彩りも王道のそれ。

IMG_7690.JPG

さっそくスープを、、、

IMG_7691.JPG

ぎゃー、うまいな!
鶏は名古屋コーチン、博多地鶏他を
使って厳正な温度管理で炊き上げたとか。
確かに鶏の旨味が凝縮され、
そこにスキッとした醤油ダレが抜群のバランス。
このまま5口ほど飲んでしまった。

麺は手打ち。

IMG_7692.JPG


ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!


歯ざわり抜群、もちもちの麺、
最高だね。
首都圏でいただける白河ラーメンとしては
いきなり上位登場、と言ったところか。

チャーシューかなりの白河再現度。

IMG_7693.JPG

焼き上げた香りがリッチで
味もすばらしい。
チャーシュー増しはマストかも。

ワンタンは餡がたっぷりタイプ。

IMG_7694.JPG

その都度作成していた。
丁寧な仕事ぶりは味に出ていますな。

メンマも重要な脇役。

IMG_7695.JPG

わずかに香りを残した仕上がり。
国産を使うとこんなに美味しいの?


ほぼスープまで飲み干し、
満足して店をあとにした。
応援してます。
頑張ってください!



お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。


111
感想など。。。
posted by ぼぶ at 22:59 | Comment(0) | 東京都豊島区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月09日

俺の創作ラーメン 牛道@池袋(醤油ラーメン)

訪問日時:2020/07/09 12:45

池袋で2店を構える 炭火焼肉 牛道。
その3号店がラーメン店として6月22日オープンした。

IMG_7595.JPG

和牛、豚、鶏に魚介を使ったスープ、
というのが気になったよ。

横にも店頭にも
写真入り品書きがずらり。

IMG_7615.JPG
IMG_7597.JPG

ここは居酒屋だったところかな?
店内はほぼ居抜きに感ずる。

壁に向いたカウンターに通された。
お品書き拝見。

IMG_7599.JPG
IMG_7600-001.JPG

醤油ラーメン、担々麺、海老ラーメン、
香味ラーメンの4種類に
セット丼が豊富。

IMG_7603.JPG

醤油ラーメンと魯肉飯をお願いした。

お品書きの表紙をじっくり読む。

IMG_7598.JPG

ふむふむ。

調味料類は胡椒、おろしニンニク、
辛味調味料。

IMG_7604.JPG

オールタイム、
替え玉、ライス、食べ放題!

IMG_7605.JPG

4分後
醤油ラーメン到着。

IMG_7606.JPG

美味しそうだ。

IMG_7607.JPG

チャーシュー、メンマ、白髪ねぎ、水菜、味玉1/2が
飾られている。

スープはと、、、

IMG_7609.JPG

濃厚だけど、しつこさはなく美味しいね。
一言で言えば、豚骨魚介というジャンルかな。
牛の風味は私には分かりづらかった。

つるつるもちもちの麺をすすれば、

IMG_7610.JPG


ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!


創作ラーメン、
というのはどの辺のことを言うのかな〜
新しい感じはしないけど、
美味しいことは美味しい。

メンマ、すばらしい。

IMG_7611.JPG

適度なしゃくしゃく感に
濃いめの味付け。

チャーシューは箸で全体を持てない。

IMG_7612.JPG

トロトロでかなり美味しい。

魯肉飯。

IMG_7608.JPG

スパイスの香りが乏しく、
魯肉飯とは言えないな。
チャーシュー丼でよろしいかと。

IMG_7614.JPG

辛味調味料がパンチが加わり、
楽しかった。


さくっといただき、
店をあとにした。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。


107

感想など。。。
posted by ぼぶ at 19:00 | Comment(0) | 東京都豊島区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月03日

大塚 みや穂@大塚(無化調貝節らぁ麺)

訪問日時:2020/03/03 11:46

おとなの週末2月号は
ラーメンの特集だったけど、
かなり読み応えがあった。
その中で気になった店。


大塚みや穂。
和食の店で、ランチにらぁ麺を出している。

それにしてもなんと立派な杉玉。
良い日本酒をそろえていそう。。


そして、貝節という
変化球で攻めてきている。

そのらぁ麺の見た目にも惹かれ、
きてみたよ。

シャッターし損なったけど、
4人ほど並んでいたみたい。

店に入ると、
本に出ていた女性スタッフさんの
お出迎え♡

ランチはカウンター4席、
4人卓×2で構成されている。

カウンターに案内されて、
お品書き拝見。


無化調貝節らぁ麺を基本として
限定が1種類。
限定はときおり変わり、
Instagramfacebookで確認できる。
大塚担々麺 なんてのもあるようだ。

無化調貝節らぁ麺と旬魚ほぐしご飯を
お願いした。

温かいおしぼりがうれしい。


目の前には視力表があるw


色紙はGTOの作者のものらしい。
複数あったので、常連なのでしょね。

ご主人はとても丁寧に作るね。
5番目で16分後到着。


重厚な器。
益子焼みたい。

ビジュアルはやはり和食テイストを感ずる。


レア豚チャーシュー、たけのこ、
岩のり、三つ葉、蕪?、紅芯大根、食用菊が
きれいに散りばめれている。

スープをすすって驚いた。


貝由来だけではない、
厚みのある海産物の旨味凝縮!

魚のエキスを使用、
というけど、生臭みは一切ない。

すぐさま麺を、



ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!


パツッ、シコッとした抜群の食感。
上品なスープを持ち上げ、
満足感あふれる。

和食屋さんの作るラーメンは
油が少なくてあっさりしすぎることが
少なからずあるけど、
これは油のしっとり感が心地よいなあ。

レアチャーシューも
かなり美味しい。


味付けが絶妙なんだよ。
レア過ぎないのもいいところ。

蕪?は焦げ目をつけていた。


たけのこ、紅芯大根も
このらぁ麺には必須に思える。


旬魚ほぐしご飯。


今日は鯛。
ほぐして素敵に味付けしてある。
これは女子スタッフ、優子さんが作成。

上にはふりかけもかかっていて
これ、ガツガツいけるやつ。

そのまま数口いって、最後は、、、


鯛の身がスープによく合う。
このご飯にして正解。
スープご飯にしても
塩分の濃さまで計算されたかのような
抜群の美味しさ。


常連さんも多く、
ランチタイムは繁盛していた。
いつか、限定+今日とは違う100円ご飯を
楽しみに来てみたい。

とても美味しかった。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。


046
感想など。。。
posted by ぼぶ at 18:00 | Comment(0) | 東京都豊島区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月06日

Nii@大塚(蝦夷鹿のボロネーゼSOBA)

訪問日時:2020/02/07 12:06

忙しい。
大塚からすぐに移動しなければ。


ま、ランチはゆったりしましょ。

つけ麺たけもとのセカンドブランド。
昨年6月1日に開店。
店名の由来は、2号店、
食べて"二ィ"って笑って欲しい、
新潟(ニィがた)のご当地ラーメンを提供するから、
とか。

なかなか来る機会がなかったけど、
裏メニュー と称する限定が非常に魅力的だった。
そろそろなくなってしまうかなと、
やってきた。


お目当ては蝦夷鹿のボロネーゼSOBA。
カフィアリーフはカフィアライムリーフだよね。
コブミカンだったっけ。
味の想像がつかん。。。

店に入ると14席の「つ」の字型カウンター。
半分くらいの入り。
刈屋店主、お久しぶりでした。

それにしても正月のラーメン番組を見るまで、
この方は「たけもとさん」だと思っていた。。。
そうなると、つけ麺たけもとの由来はなんなんだろう。

券売機に向かう。


豊富なメニュー郡。
生姜醤油・のどぐろと宇和島真鯛
のラーメンとつけ麺、
トマト味噌ラーメン、麻婆豆腐麺という構成。

店内を垣間見ると、
生姜醤油が多いようだ。
でも、それは次の機会にして、
限定1400円のボタンをプッシュ。

麺量はこんな。


100円丼シリーズもいっておく。


本日のご飯は、


鶏の佃煮だそうだ。

決めたのはボロネーゼSOBA
に合いそうな、炙りチーズ丼。

席に着いてオープンキッチンを
眺めて待つ。

卓上には生姜酢、胡椒、唐辛子。


水餃子も始まっている。


5番目で15分後到着。


勝手に まぜそば だと思っていたけど、
スープ麺だったね。



ひょっ!


ウマ、これ ♪  


ボロネーゼの効果か、
ミートソースのような味わい。

蝦夷鹿のボロネーゼ、抜群に美味しい。


早く麺を、、、



ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!


パッツン食感の麺は
口の中ではもっちり感も演出。

ボロネーゼと合わさって、
強烈な旨さが伝わる。

蝦夷鹿のボロネーゼっていうので、
脂が少なくてパサツイてはいないか、
との考えは杞憂だった。
スープ麺だからこそ生きてくるバランス、
だと思う。

これ、好きだ・・・

鶏もも肉のソテーもすばらしいよ。


穂先メンマが一本。


このSOBAにはなくてもいいけど、
あると嬉しいやつ。

付属のタバスコも もちろんたくさん使った。


ミートソースにはタバスコ。
昭和人の常識。。

そして麺はなくなった。

炙りチーズ丼。


これだけでもいいけど、
スープかける仕様だな。

で、スープを底からすくって、


こりゃまた美味しい!!!
これをフルサイズでいただきたいくらい。
こういうサイドメニューがあっても
いいんじゃないかしらん。

そして、スープまで食べ尽くした。


満足。
また来たいと思う。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。


029
感想など。。。
posted by ぼぶ at 17:52 | Comment(0) | 東京都豊島区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月30日

厳選煮干しらーめん 二代目 にぼ助@池袋(濃厚魚介ラーメン)

訪問日時:2019/11/29 11:47

一年ほど前に御茶ノ水にオープンした
目白でわたみん家(現鶏メロ)を間借りしている
自家製熟成麺 吉岡の2ndブランドという
ふれこみだったけど、
資本が入っていることが
すぐにわかる店づくりだった。

どうもおかしいなー、とは思いながら、
別に大きな問題でもないし、
と忘れていたら今度は二代目。

調べてみると、ここで判明。
やはりワタミの系列だった。


開店初日につき、大賑わい。
外にはビラを配る呼び込みさん。


見たことのない券売機がお出迎え。


いずれはGRコード決済に
対応するようだ。
現在は現金のみ。

特製の画面

通常の画面

トッピングの画面

おつまみの画面

特製 のシリーズが一番左、
っていうのが気に食わん。。。
と言うより、初代とほぼ同じなんだね。
初代〜二代目なので、けいすけ をイメージして
次は違う味と勝手に思っていたよ。

初代ではにぼ助らーめんをいただいているので、
通常の画面から、濃厚魚介ラーメン
をチョイスした。

果たして店内は大人数のスタッフさん。
一番奥の席に通された。
6+7の直線カウンター席、
4人卓×1。

卓上調味料はフルーツ酢、胡椒、炒り七味。


厨房内には7人ものスタッフ。
すごいね。
4分後到着。


器は初代と一緒。


スープは豚鶏魚介。


いいね。
数種の節、煮干しの粉のザラつきを
感ずるけど、いやではない。
総合的な香りがぐっとくる。
少しの酸味も心地よい。

すする!



ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!


シコシコの食感。
スープもよく持ち上げて、
優等生的味わい。
古臭さはないし、
これは普通に好かれるかも。

チャーシューはレアロース肉と、
バラ肉。


どちらも切り置き。
レアの方は美味しいかな、と感じたけど、
バラの方はそういう香りが残念。

メンマは普通。


邪魔ではない。

炒り七味を試してみた。


香りがいいね。
もっとぶちまけてもいいと思う。

チラシでゲットした味玉。


黄身がややゆるいタイプ。
味が濃くて美味しい。


美味しかった。
超激戦区のこの辺だけど、
資本力で生き残るかな?


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。


229
感想など。。。
posted by ぼぶ at 16:38 | Comment(0) | 東京都豊島区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月13日

まぜそば最高@池袋(激旨!5種出汁の醤魚辛まぜそば)

訪問日時:2019/04/13 12:45

お誘いがあり、暇だったので向かってみた。


店名は「まぜそば最高」。
看板はない。

立てかけてある品書きがそれとわからせる。


今日はしらけん様いけ麺様と同行。
作戦会議をして、店内へ。


私は5種出汁の醤魚辛まぜそば、
あとは中華そば、限定の超こってりまぜそばを
それぞれチョイスした。

麺量はこんな感じ。


席に着く。

季節限定もある。


ディナー限定も。


卓上にもメニューあり。


たまごかけまぜそば、TKM。
栃木にもあるんだよな。

夜は居酒屋になる。


焼き鳥類も豊富だった。

調味料類はフライドガーリック、一味唐辛子、胡椒。


右のピンクの液体は手指消毒用のアルコール。
ディナーで手で食べるものがあるときに使うとか。
お酢かと思った。。

店主さん一人体制。
以前はFCで油そばを作っていたらしい。

8分後到着。


野菜がたっぷり。
キャベツ、水菜、ねぎ、桜海老、刻み海苔。


麺は中太やや平。


もっちり。

まぜていただきまっす。


おお。
美味しいね。
魚を感ずるタレがいい。
あっさりといただける感じだ。
辛さもほどほど。

ガーリック、胡椒、唐辛子もよく合う。


超こってりまぜそば。


肉がすごい!
麺は同じだ。


個性的な味で美味しい。

中華そば。


シメにちょうどいい。
麺は違って中細麺。


麺類は夜も提供可能。
いろいろメニューも豊富で
面白い店だ。

そういえば、こちらは
UBEREATS対応でした。
まぜそばなら、宅配大丈夫ですね。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。


78
感想など。。。
posted by ぼぶ at 18:41 | Comment(0) | 東京都豊島区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月08日

【移転】スパイスらぁめん釈迦 池袋店@池袋(インド式ミールスつけめん)

訪問日時:2019/04/08 11:40

定休日を間違えてしまった。
替わりの店を検索すると、
スパイスらぁめん釈迦がヒット。

そうだ、実に魅力的なビジュアルの商品が出たんだった。
近いし行ってみよ。


昨年9月にオープン、
MENSHO系列。
庄野さんは、ラーメンクリエイターと自称するけど、
その通りに単なるラーメン屋ではない。
作る店、作る店、その発想に毎度驚かされる。

今回もただのカレーラーメン店ではない。
もっと奥深いスパイスを追求する店だ。

店に入ると先客ゼロ。

券売機に向かう。


らーめんは3本柱。


開店当初は北インドのスパイスらぁめん、南インドの天空のみだったけど、
それに加え、ハヌメーンなる商品がリリースされ、
最近はつけめんが加わった。

https://lh3.googleusercontent.com/A2p8mIAVH4ecwJCIBkph0bi_A1iMV4QTXInxHUOUajU6qlO1I1FgpPPtu6QPtx9zRBD1sNbUrYS9ZPwG0CJ4CzF4ewPkGaVPziQie9bpN2-_TmL4wPw9q_B-QzeVaT_yNElWXxn-CVgcXjAmvDPvRRovXEqU1UgTMlioEmd1nGUEAPUZL6cq4TvfBG_KZ9z3_0wAw1BZha--1g3uDT8c1wu0SmCztaVlFEekZTWTr9Eo4QBbT07Rs7MrHXE1expZZo2vDxUsimRpbqQX1h5doWmO5UEQkFSTNkre_heABQS9GEppTf4d4vTtrwisgJU1EIBZbXYGuwz2A5WrwK17bJes6vSI7JIzf4WVJF-4hc4icRzrTXDdOa8I-kRumHCnF6-2RxZlbZLC-CTFQZztxbsEk5GYfUcnJmDcYvMon-jJ7H8IA83JS11wHfJq6UOemkYa43s2q39TdmstQgc5_GU-L4mdW4yQo0NnY6PrZa_mHsJgpSXAReZ-saEimIIJv0dz37kF3fYYQ5lsdvFQNG2AWMi6JDnX-LdSSchBBBkaxj3KmeGws20ax6h14SyqQGJIzj2FpNIfK9YJkYdq06GsMFopmYTdw0Dk-saSxeAox2WSFoJRaRF3pS3ik5qwRM09fJB8rxf6kCb0SxkWpvpZYyzJ2HZJ=w632-h900-no

これには強烈に惹かれていた。
別線で最近ビリヤニを求めていることもあり、
ミールス、というワードには敏感になっている。

これを購入して席に着く。


調味料類はアチャールがあるのみ。
お冷はレモン水でいかにもタイやインドっぽい
アルミのカップ使用。

お箸、レンゲもそれっぽい。


13分後到着。


スープはベースの北インドのスパイスらぁめんのもの、
南インドの天空のものに加え、スリランカスープの3種類。

具はジャガイモのサブジ、ニンジンクミン、
パクチーメンマ、アチャール(マンゴーピクルス)、パパド。

麺は手揉みとされている。


なんと楽しい光景か。


北インドには鶏肉入り、


天空には豚肉入り、


スリランカには味玉入り。


どのスープもうまいね!

普通のミールスだと、
スープをライスにかけるでしょうが、
ここはつけ麺だけに、



ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!


やや甘口の北インドうま!
辛口の南インドもうま!

スリランカはスープとしてはおもしろいけど、
つけ麺としては弱いので、
そのまま飲む方が良いね。

パパドは割って、


アチャールを乗せたり、


サブジを乗せたり、


スープにつけて楽しんだ。


楽しくてたまらん。

後半はいろいろな合体技に挑戦。


各具と麺、スープを合わせてみたり、
はたまた3種のスープを合わせてみたり。

そうこうしているうちに麺と具はなくなった。
どうもスープ割りはできなさそうなので、
ターメリックライスをお願いしようか迷ったけど、
そのまま少し飲んでフィニッシュ。

楽しかったけど、これはやはりライスの方が
合うかな(^^;

改めて庄野さんのクリエイトぶりに感嘆して
店をあとにした。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。


75
感想など。。。
posted by ぼぶ at 17:00 | Comment(0) | 東京都豊島区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月04日

【閉店】八玄八角 池袋店@池袋(汁なし担々麺)

訪問日時:2019/04/04 11:32

本日オープン、池袋の八玄八角。


鬼金棒の向かいだ。

広島からの汁なし担々麺専門店。


広島でいくつもの飲食店を展開する、
永斗麺も同じ会社だった。
って言うか、ここに移転したけど、
再び移転して原宿に行った
永斗麺の跡地なのね。

店に入って券売機に向かう。


汁なし担々麺を細麺と太麺から選べる。
太麺の3辛を購入した。
麺量は茹で前140g。

小ごはんが4/10までは無料で付けられるので、
それもお願いした。

調味料類。


食べ方指南書。


紙エプロンをもらいますかね。

ごはん割りの説明も。


トッピングはあと注文OK。


あ。
なっとう!
担担担でも自分的に好評だったので、
追加でお願いした。

8分後到着。


重厚な焼物の器が実にいいねえ。

広島式にしてはやはり太麺なので、
ちょっと違和感。。。


よーくまぜて、
汁っけがなくなったら完了、
だそうですが、まずは、、


美味しい!
味噌の風味を感じて、
これも広島っぽくない。

麺は、


つるつるもっちり。
いい麺だな。

ではまぜまして、いただきます。



ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!


めっちゃ好き!
味噌の軽い風味が差別化になるかも。

もっちりした麺が良く合う。

花椒ももちろんたっぷりと。


3辛の辛さはほどよい程度。
そこへ花椒を乗せると、
私にはバッチリのカラシビ。

なっとうは小粒。


最初はサービスライスと共に。


ねぎがあって嬉しい。

そして、麺に投入。


納豆、合うな〜〜〜〜
汁なし担々麺のお店は
どこも置いてほしい。

そして、ライス割り。


また違う美味しさに变化。
一粒残さず、きれいに平らげた。

美味しかったー。
きゅうりなどをトッピングすれば、
また目先の変わった味になるだろう。

ショップカード。

00100lPORTRAIT_00100_BURST20190405183731164_COVER.jpgIMG_20190405_183804.jpg

いつかまた来てみたい。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。


72
感想など。。。
posted by ぼぶ at 17:00 | Comment(0) | 東京都豊島区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月18日

【終了】牛骨ラーメン(石神秀幸 厳選 極み麺selection)@池袋(山口下松牛骨)

訪問日時:2019/02/18 11:30

池袋、石神秀幸厳選極み麺セレクションが店替え。
この2/16より牛骨ラーメンを提供開始。


麺屋白神→長尾中華そば→濃厚中華そば金沢神仙→
大分佐伯ラーメンえびすこ熊本玉名
新潟(背脂煮干・濃厚味噌)→新潟(長岡生姜醤油・上越味噌)

とついに9種類目ですねえ。。

牛骨ラーメンと言えば鳥取と
山口下松ですね。


それを含めて4種類ある。


相方と待ち合わせ、
山口と鳥取をシェアすることにした。


味噌も気になるな。。

ここは相変わらずすばらしいオペレーション。
すぐにやってきた。


具はチャーシュー、青ねぎ、もやし。


スープは牛骨白湯。


ぴゃー、うまいな!

牛の香りはもちろんするけど、
他に何を加えたのか、
ソフトな牛骨臭がさわやかにも感ずる。
これはすごい。

麺は中細ストレート。



ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!


シコシコの食感、心地良し。
全く文句ない。
下松ラーメンは初体験だけど、
こんなにおいしかったのか!
神田の5ツ星も是非行かなくちゃ!

チャーシューは醤油味がやや濃い。


うまし。

一味がよく合う。



鳥取牛骨。


こちらは清湯。
香味徳で経験があるくらいだけど、
これは胡椒の風味が強くて、
牛骨の香りがよくわからなかった。

メンマがあるのと、
麺も下松と違うのね。


中平やや縮れ。
こっちも美味しい。


総合力は甲乙つけ難いけど、
牛骨の香りが良いので今日は下松の勝ち。

味噌はどうしようかな〜



お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。



感想など。。。
posted by ぼぶ at 17:00 | Comment(0) | 東京都豊島区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月24日

ソラノイロ食堂 池袋店@池袋(花びらチャーシューメン)

訪問日時:2019/01/24 11:30

ソラノイロは静かに拡大中。
浅草橋の二郎風の店は休業中だけど、
それぞれコンセプトが微妙に異なるのがすごい。

今度は飲める食堂的な感じで1/23オープン。


開店少し前に着くと、5人が待っていたので接続。
寒い〜〜〜。

するとすぐあとにロバオさんが登場!
でも、今日はシェアするものないぞ・・・

しかし花がすごいね。
花輪なんて都心ではあまり見かけないけどね。


11時半にのれんが出て店内へ。
券売機の前に進む。

https://lh3.googleusercontent.com/WM7UT-V2cYKVS6K25oh5tZLoN-IlwzhL4TruUSLCPN-2JdPm0y1EQHslBZqB2z_e6dNolz7zMAd569cJvqCgaUS98apwykIVnu2jXIo62ahduqXd3LYCTwSkDOWkQruxkabrVzQZhE7XVxZmTmiztdUm7AbRcOEP3iouzJfKZZhWkkpjb2cpAHDDkNyI-mw6v9PKpS9SBqPVuQDzjjs9l7dMzJesY7f5_CAup4EQCOarJxGrpfHeeoQhMFRtUssALt1CrlZq5iSdZkGYoNsqCbUG4FsbSiQaaVuOFLBzc0o5supF1zy7s8kJVR2PVGKuM547_m37MK2MCwxQZ8crbpWfkwut_0GwAE-THgwFmNaczE0safsX9EmDwTaSDjFJWtVwkBBoD9EeZllL7WBB8WEn8DSh9ffIQIW5dhHQgU2YMYAuHTHiMbnfTnpSjYttTihM3_eK7JDPWlBblnre_sq4_CE0YIsLlvMX374ItiBofrmzW3RyU92jkY1tThbW53WUMe8mpTOipYy5V6J135AP3ysj8qNKSIoivE0DaEAs5BEUL832VREfUcuDDX5C023CdYVbheauHjoBZBcYzzTTZVTYHWjyFFqUcv2ceowm4bUpgl78looKaivwz0mRgSlfylJjpd4aQQEnLz5g_i7Vzw=w900-h760-no

私は花びらチャーシューメン、
ロバオさんはラーメン・カレーセット。

ラーメンはあっさりとこってりがあり、
ロバオさんはこってりでオーダー、
私はそのままあっさりで。

席数の多い店内は30名くらいは入れそう。
カウンター席に並んで座っていると、
私的、ラーメン屋あるある。。。
運良く3人並んで座ることができた。

目の前では宮崎総大将がはりきって調理中。
開店おめでとうございまーす!!


卓上メニューでいろいろ確認。



ラーメンの味は今のところ1種類。
3月からは醤油味とカレーラーメンがリリース予定。


説明もあり。


調味料類は旨一味、胡椒、ラー油、餃子のタレ。
楊枝はミント付き。


座って4分後到着。


はみ出してる。


肉の花びら。。。好きです(^^;

スープは豚清湯塩味。


とてもシンプル。
豚骨と背脂だけと仰っていたけど、
わかりやすくて美味しい!

チャーシューの下から麺をすくいだし、食らいつく。



ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!


ううむ。
ソラノイロにしては足し算の少ない味わい。
でも、バランスは良いし、
これ、好き!

そして、何と言ってもチャーシューが超絶うまし!


厨房の奥には香港のチャーシュー吊るし焼器がある。
凪から譲り受けたのだそうだ。
2時間焼いて、タレに漬け込むだけとか。

こりゃチャーシューメンにしてよかったぞ。
麺がいらないくらい・・・嘘・・・

そして、最後はスープまで完食。


ロバオさんのラーメンこってり。


この背脂ははっきり言ってすばらしい。
ありとなしでは全く別物と言っていいほど、
こちらはコクが深くなるね。

セットカレーは家庭的な感じのやつ。


しらけんさんのらーめんあっさり。


と唐揚げ。


唐揚げはちょっと固いな。。。


いや、面白い店作ったな。
今度飲み会やらせてもらおっと。



お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。



感想など。。。
posted by ぼぶ at 17:00 | Comment(0) | 東京都豊島区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月27日

【閉店】麺庵 小島流 西巣鴨店@西巣鴨(ヌードルdeカルボナーラ)

訪問日時:2018/11/27 11:58

カイミーオのあと、
二人がもう一軒というので、お共した。


板橋本町に2014年開業した
麺庵小島流の2号店。
11/24開店。

本店の方は未訪問だったなあ。
なんでだろ。

本日のオススメを眺めつつ、


入店。

背中合わせのカウンター席4+3、
3人卓☓1。

お品書き拝見。


私はヌードルdeカルボナーラ、
あとは同じくオススメの背脂煮干 醤油、
鶏清湯醤油らーめん、を注文した。

調味料類は胡椒のみ。


2番めで7分後到着。


うほ。
まさにカルボナーラの見た目と香り!

本店では時折このような限定を出していたようだけど、
こちらではカルボナーラは定番メニューということかな?

上には細くシュレッドされたチーズ、
ベーコン、イタリアンパセリ、ラデイッシュ、
豚・鶏チャーシューが乗る。

麺を持ち上げてみる。


ねっとりと液状のチーズ?クリーム?
とにかく混ぜてからかきこむ。


ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!


なんというか、まんま美味しいカルボナーラ。
麺ももちもちしているので、
生パスタのよう。

チャーシュー2種が異様においしく、


ベーコンもかなりいいものなので、


満足感がある。

ペッパーをふってみたら、
一層よくなったよ!


背脂煮干 醤油。


こりゃうまい!
鶏清湯とは違うスープをとっているらしく、
旨味の塊に煮干し風味がバランスよく香ってくる。


鶏清湯醤油らーめん。

https://lh3.googleusercontent.com/nEfp2Xrdrbd4oop6gmx6U7RxTuHTu8dKaTFapwNl5SW3VrO9m8tG4ptt-L7RTAQN6K_T0V5laZOXaGvvUSz3aQMLjzNvZd9fr-cQD4_98UZeXB-L169siGHN0K5xqLMjuSeV_W9gvunKbu4IxfgPmciXz5rpBQLfvKlRG_t_PeV78yPjS6P8gfrJBsQ1sEAeSkku3LSc4afzSidxET4g4aCbrltKtHdnIvI8Gah28vspFf3dM8EoqF9kYqYi1whenac55l9cfJUKtIMyQ2dz5EHRxqNy_ryhMe_M5EmWUooqy8bBlMMXtbF_uwaiJgRnVQS9GQuQIwwKNHD3AUT2cnmvjX9wxLNIHKiESaL2t9CloQodldDr9kBTkiUdcYFgeSLgDSfaM2bPSaTZVIWeBeqabrG44ax7TBYumXhf4Pwpln_XEp1z0MbD9r8R2wO-S5s-RbV_StVqaW087wa9EKXCsa-u1lQfWF4T2rrIvB2GARTloZWWdCw6kMt_6ISOPKx6B6KapFM_xyuovGXbiWUlMxQQZnmAbECwpO8wbHE2InxTzLKGxGXERQIz2n1ShhaerAxaJN_aD7OTABCh2KFlt65iBgFCozpL8jtXOF8fQNWueZ0DC4blygaoKCU8f3b8I_8_cCXXX6jEPVzkHJHz4Q=w560-h420-no

うまいね!
鶏の上品な香りと旨味が伝わり、
まろやかな醤油風味がナイス。
さすがはこちらの看板メニュー。


1日に6種類の味見ができて
楽しかったです。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。



感想など。。。
posted by ぼぶ at 18:00 | Comment(0) | 東京都豊島区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【閉店】NOODLES & WINE BAR カイミーオ@巣鴨新田(醤油RAMENカイミーオ)

訪問日時:2018/11/27 11:30

と共に、新店カイミーオにシャッター。


ここはお世話になった飯野さんの店、
k's Gardenの跡地。
なんとなく悲しいけど、
本業が忙しくなったとのことで、
仕方ないかな、と思う。

さて、カイミーオは随分前から注目していた。
それは、NZのワインと料理を出すにあたり、
昼間はラーメンを提供するというあたりに
興味をそそられたから。
当初は10月末オープンを目論んでいたけど、
11月15日に延びていた。


現在は平日はランチのみ、
土曜日にNZワインバーとしてプレオープン中。

夜も魅力的だ。


11:30きっかりに店は開いた。
券売機の前へ進む。


醤油RAMENカイミーオ、
醤油RAMENネオクラシック、
塩RAMENをそれぞれ購入した。

今日の限定はラーメンではなく、


鯛の昆布締め茶漬けとキャロットラペ。

11席のL字型カウンターに
2人卓☓3というレイアウトは
以前の店と大きく異なる。

ラーメンの説明書。


店主さんによると、
6種類のスープを炊いて、
いろいろ配合を変えているとか。


調味料類は胡椒のみ。


ワインだけでなく、ビールもNZ。
いいなあ、夜に来たいなあ。。

店主さんは3年前に脱サラして、
NZに渡り、現地で飲食業を営むも、
諸事情で帰国して、温めていたラーメン構想に
着手することになった経緯がある。

8分後到着。


ハットを裏返しにしたような、
かっこいい器。

スープ少なめで、
大きなレアチャーシュー、メンマ、青ネギが乗る。


スープはトリュフ、ポルチーニの香りが
ふわっとくる。


優しい醤油味が好印象。
貝類の旨味もあり、
あっさりながら厚めの深い味わい。

麺は全粒粉入り(麺上げ撮り忘れ)で
美味しい!
このメニューだけに使われる麺。
スープがよく絡む。

少し固めの食感が
自然と咀嚼数をあげるので、
麺の香りもよくわかる。

ポルチーニのペーストが乗った
レアチャーシュー、激しく美味しい。


醤油RAMENネオクラシック。


こちらは若干角のある醤油味。
馴染みやすい感じでこれもいいね。

麺はもっちりした食感で
安心感がある味わい。

塩RAMEN。


貝や、昆布の旨味がストレートにくるけど、
塩味はまろやか。
塩ラーメンとして、かなり上品な商品だ。


3種をいただいたけど、
書いた順に好み。
ただ、スープが少ないせいか、
どれも麺がよくほぐれていなかったのが
少しだけ残念。

でも面白い店だ。
ラーメンはなくても、やはり夜に訪れてみたい。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。



感想など。。。
posted by ぼぶ at 18:00 | Comment(0) | 東京都豊島区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月08日

カレーつけ麺。ちゃんぽん。 壬生@池袋(エビ天カレーつけ麺 87/'18)

訪問日時:2018/04/05

4/1にカレーつけ麺専門店がオープンしたとか。
すぐにでも行きたい!と思うのは自明の理。
優先順位は以前と筆頭になり、
やっと訪問かなった。


カレーつけ麺とちゃんぽんの2本立てなのね。
それが天幕に併記されてるので、店名は
カレーつけ麺。ちゃんぽん。 壬生
と記載した。

https://lh3.googleusercontent.com/EXUvC_jfxlwRVxJ__X6U-Lqwo-VVYloA2bI2g4CNHJ16HEl5-OA8KixHGt4qfdEhZzExnFEbYT37z9Rv57YuSwuvRCVOoOpnt-xLUxwRGpwxWPOefhjVBDTcrYYgrwSNcVL-2D6VjX0k9pSyzbtFcggglGVeBOgZEGLcXAaCDDUtmitTHVv4Vho8sSWTTJ-BTI59bROOUbit02Sxm7nHXjqruRqMpCg2-HVGYhsj-4DsTmD8Qvx9Ngqva8wSv9Xw3Khw6OGMytCsCixHQ1Z83X4v7duFXxFoIltV7hASfAHxMvmwtspJsHeYCwl9vltfKQJcuZzXD2sfFYIy9rweVZW4-g_w5qNZ4ivFr8Ll026l2YYTyXVa0RdGmH-qpaGa20tf5hCph5ZikOf3wHbPyihWYdtILBMZQIwWfA21ofBvehiHN-_aFSy3rwq4y537vFG7K21xUJpoBUkBUaEupmS_UrzBwRlyv6-fEprd2bd4Wtg6ceTKFdWKYhoVQNDl-efTXwXao7eKYQP6FSXh9JySXU5V-Ae5ch0oAvax4d9JyMNMOcaC1kdZhOzSHq51R9Htru25p07u2zsUXxhQ1QdppvGcWGaVV9-3kAq-=w560-h420-no

やっぱり「。」は付けるのでしょうね。
モーニング娘。的なね。

こちらは「カレーは飲み物。」の系列。
麺系では「麺 池袋 壬生」に次ぐ店になるのかな?

券売機はにぎやか。


デフォルトはカレーつけ麺、ヤサイちゃんぽん。
それぞれにとんかつ、エビ天、唐揚がある。
麺量は並、中、大、つけ麺はDXまで。

エビ天カレーつけ麺(並)をチョイス。

席はガラガラ。
貼り紙あり。


はいはい、そのつもりです(^^;

調味料類は胡椒と一味唐辛子。


L字型カウンター9席。
厨房は一人。

フライヤーは一台で、
とんかつ、エビ天、唐揚は同じ油。
まあ、専門店ではないので、
文句はありませぬ。

3番目で13分後到着。


麺もスープも同じ器。

カレースープにはエビ天、紫玉ねぎ、
エスプーマ生クリーム。


麺には揚げ玉、ねぎ、海苔。

https://lh3.googleusercontent.com/0rZhiIW0o9GbAFwOdT1-p58b57uNw-EFecS2T0zLQilbUYxPaMpQAXVvtP_vvV4ZWzGaKSg_YD3vnK3USrRYRxxR2OzmhoTbEoXGCulYnOEonOAC3qXOxUMIlr_PD1fPOl4FT0zxrdD9UZwWVtBRgke6Qw2KGdnzvNU81zol5su3hhioufGGCQ38RBdnGGBd0IJ89x5P-GKDh2LRjMPJbzDr-H8olF9LrhTI4b1xvMI3qTqxj6HOaPdoj5rqd_P6nL3WYTqDu8buDuTE8MazryBFb-Yvydyb1zSINCIkikvadP_8DuHA6_KUTFwr0hK3OTswXnqCSfnnBIf-e1ZsmiZ7eE0Y5eXTNukhhrHqK64aVaPAMabZnJE8VPsIevf_DJs-srJI4_to4_Fgqv2qzeoMwJzF9wUd-mywSxr81ks5y1j6f4rF2GDvhu8XNdqaZxnFugMNJ5_hvwijSwtUuk7Pj82sT0NdYeWwljcoHXJ0KZO1V782BXWVcDUtyjAMXpMQxEGSk8a4e4EjFGidtmBEohfFJNE7BpVmMKWfp8A9pNbbnqqeTnyeaNLr0el-j3lW_xLaGEPza0s3TMplaQLjCHQ3O-GOWR2oeTwC=w560-h420-no

むちむちの好印象な麺だ。
早速、




ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!



このカレーはうまいね。
さすがはわずかの間に人気店になった
カレー屋だけのことはある。

ファーストアタックは甘め。
ほのかに辛く、風味が日本人好みだと思う。

そこに力強い麺がよく合っている。

カレーに入っている豚肉もおいしい。


揚げたてのエビ天がナイス。


衣を後から足していたので、かなり太め。
エビは普通の細さだけど、
この料理にはこれでもいいや、って感じ。

もう少しで麺が終わる頃、
イエロー追い飯を発注した。


小型のソースポットに入ってやってきた。
この辺の演出もうまいね。

まずは半分残しておいたエビ天で
二口ほど。
ターメリックの香りがカレーエビ天にも合う。

そして、どぼん。


揚げ玉も残しておいたので、
添えていただく。

これは美味しい!

人気カレー専門店の味も
堪能できた。

辛さもプラス。


満足。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。



感想など。。。
posted by ぼぶ at 10:49 | Comment(0) | 東京都豊島区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月21日

【2018/12/9閉店】日本麺料理 さくら@駒込(特製煮干麺 78/'18)

訪問日時:2018/03/21 11:35


本日 注目の店が、プレオープン。

混んでいたらやめようと思っていたけど、

先頭集団に知り合い多数発見。

ちょっと出遅れたけど、そのまま10番目くらいで

接続することにした。




こちらは生田に移転してしまった「とん駒」の跡地。

そもそも とん駒店主が移転の前に

Twitterでつぶやいていた内容がすごかった。

こちらに入るこの店が、何と蔦の国内初の

プロデュース、と言うことだったけど、

途中で外れたのだね。



それからずいぶんと延期になったけど、

ようやく日の目を見た。

注目度が高いのは当然と言えば当然。


今日は氷雨で寒い中、

ひたすら耐えた。。。


約30分後、店内に入れた。



商品名の札をまっすぐにそろえたい・・・


醤油麺と煮干麺の2種類。

先に召し上がった方達の感想も聞いたけど、

最後の最後まで悩み、

えいや、と 特製煮干麺をプッシュ。


しばらく立ち待ちして席に着けた。


調味料類はなし。


10分後到着。




この画だとわからないけど、

煮干は糸尻の部分が紺色、

醤油は赤色だった。

きれいでセンスがいいなあ。


特製はチャーシュー増量と味玉。




角煮 ってワードがあったので、

てっきりその辺が乗ってくるかと思った。。。


スープをいってみると、




やさしい豚鶏出汁に煮干がほんわり。

醤油麺とは違って、塩だれなのかな?

こいつは美味しい!


麺は細ストレート。





ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!




しなやかなコシ、

柔らかな口当たり。

確かな美味しさ。


こりゃ完成された味わいだ。


ねぎに少量散らされた揚げネギも

全く料理の邪魔はせず、

時折主張してくる塩梅がすばらしいと思った。


煮豚、所謂チャーシューはバラ肉。




味付け完璧。


メンマは細い。




全体に馴染んでいて、

シャクっとした食感が好み。


味玉は予想通りの断面。




文句なし。



麺と具がなくなっても、

迷うことなくスープまで一気に完食した。


とっても丁寧に且つきれいに作り込んだ印象。

厨房2名、ホール2名女子の接遇も

かなり高感度高いし、今後が楽しみな店だ。


さすがは、




・・?



お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。




実食感想

実食メニュー:特製煮干麺1100円
スープの種類:あっさり上品煮干
麺の種類:細ストレート
具:チャーシュー、メンマ、ねぎ、揚げネギ、味玉

スープの余韻:★★★★★
麺の評価:★★★★★
チャーシュー評価:★★★★★
メンマ評価:★★★★★
再訪問希望度:★★★★★
総合評価:★★★★★
ひとこと:完璧すぎて、逆に面白みがないかもしれません。





感想など。。。
posted by ぼぶ at 14:49 | Comment(0) | 東京都豊島区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月19日

【閉店】K's Garden@巣鴨新田(醤油らーめん 76/'18)

訪問日時:2018/03/19 12:03

味の改変と調整のために、
一時休止していた、K's Gardenが
今日から再スタートした。

https://lh3.googleusercontent.com/qmLBlTbDZD4dZrS_iR3-exCnn2cTDJiXosaWTeSRhBmALiNmgOY_EpbSiwiE0ZsECS656eEeqaPTpsiVgGLv--GhPr7DiQ1R-tt3ln8MpJnlOz7Axao0BfGG9QPIa2VasRVKJHESm8banMDLg2hrEbIdF0W9LfKn-ME4pZFrWwDc0rBiG2GY4e0QIjcxNprCoJTkMLsxH_NNVXbmSf4VlMAvLzRW64q0kjUMI3wU6sYA44t0wM2nrdfc6sio69Xevauw_gkdYRf2UAtdvXTI7I5eZjk8VmTdtdQwM4xYftaFnG3cx-Uii0pWDVzvSEdhMhFqjrBlTwfoEOadRoT37YIRw7lvtNFP4ir72R753NlvvuqEZc3uORstX-tvf_pN0_-Vs-MwkMqFIOFZwQ2vnQHn7FPUPPnOqLfgO8Rq-fKjy7msdvpoHITpDPKgEgxcRYECN3JcccENZR5fCyLBnalRo2azMmKrjGaxrl6s56IeNmyQr3CAUCHgOEFqnYYEL8L6OY8IXc2VXQYtKu4VU2UyRSrTly5_UIgm7JtqIgGMgwgZzqiZhvFCA0YcLfXEwWc_dCgMtKTvcuaKWlfdv_fQifukJSOL0rr0IAYP=w560-h420-no


濃厚メニューはそのままに、
すっきりタイプの醤油らーめんをリリースした。
週替りで提供のようだ。

ドアを開けて店に入ると、
見慣れぬ店員さん。

券売機はすっきりした印象。


今日から22日まで新作醤油らーめんは
500円で販売。
その醤油らーめんをチョイスし、
いつものキュート女子にチケットを渡す。

飯野さんは相変わらず寡黙に
作業している。
湯切りの様も板に着いた。

到着。


麺線がきれいですよ。


見慣れないものが・・・
それは鯵の梅ペースト。


徐々に溶いてください、とのこと。

いただきます。


ほー。
ほんとにスッキリだ。
ただ、鶏豚の出汁の厚さはよくわかる。
そこに節系、干し系の香りが
バランスよく配合。
いいスープできましたね。

麺は細ストレートは変わってないのかな?
ずずっとすすると、


ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!


濃厚に飽きたら、是非こちらをオススメしたい。


チャーシューうまい!


一時バラとロースが選べた記憶だけど、
ロースに統一なのかな?
いずれにしてもこの人が作る肉料理はおいしい。

メンマもいいね。


コリコリの食感、ナイス。

ナルトも拘りがあるようだ。


かなり弾力が豊かで美味しいと思う。
これはいいね。

鯵梅ペーストと共に。


いいよ。これ。
そうね、全体的に割とよくあるタイプの君よ、
って感じなんだけど、
このペーストで差別化は図れそう。

飯野さん、再スタートおめでとうございます。
がんばってください。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。




感想など。。。
posted by ぼぶ at 17:53 | Comment(0) | 東京都豊島区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月12日

武蔵小山酉玄 酉金 池袋東武イートイン店@池袋(醤油らーめん 69/'18)

訪問日時:2018/03/12 12:00

武蔵小山の酉玄。
ビブグルマンでもある有名な焼鳥屋さんだ。

焼鳥屋としてはかなり魅力的ではあるけど、
ラーメンがないので行ったことはない(^^;

そんな酉玄のテイクアウト店が
池袋東武にあることは知っていたけど、
先ごろ、そのイートイン店がオープンし、
そこにはラーメンがあるという。

本館ではないプラザ館の地下二階に店はあった。


地下一階の惣菜店では
元気に親子丼ほかを売っていた。

結構なスペースをとっている。


まずはレジで前金注文。


麺と丼があり、
麺類は醤油らーめん、親子塩そば、
限定で比内地鶏らーめん。
今日は限定は間に合わなかったとか。
そのビジュアルに惹かれながらも、
醤油らーめんを注文し、980円を支払った。
ちょっとお高め。。


イートインスペースに移動。


お冷やは持ってきてくれる。


うすーい麦茶。
調味料類は酢と胡椒。

7分後到着。


シックな器。

具は豚チャーシュー、メンマ、ねぎ、海苔。


メンマの色とチャーシューの大きさが
インパクト大。

スープをいってみると、


鶏ガラ主体と思われるもの。
化調には頼っていないと思われ、
すっきりした味。

麺は中細縮れ。


ありがちな麺ながら、
このスープには合っている。

チャーシューがうまい!


厚みがあり、食べごたえも然ることながら、
醤油ベースの味付けがナイス。

メンマの色が素敵だ。


塩辛くはなく、
甘からの良い味わい。
このメンマ、好き。


麺量は130gくらいかな。
すぐになくなってしまった。
そして、スープまで完食。

ちょっと物足りないので、
是非ミニ丼をリリースしてほしいな。
それより、本店でラーメン、やればいいのに・・・


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。



感想など。。。
posted by ぼぶ at 15:16 | Comment(0) | 東京都豊島区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月26日

博多拉担麺 まるたん 池袋店@池袋(らーたんめん 26/'18)

訪問日時:2018/01/25 12:00

最近、博多担々麺 というワードをよく目にする。
本場では経験はないんだけど、
何々が入ってるとか、ビジュアルがどうの、
とかいうものではなくて、
どうも統一性に欠けるイメージ。

1/22、池袋にもオープンした。


博多拉担麺まるたん。
厳密には店名は「担々麺」ではないけどね。

しかし、寒いね、今日は。。
凍えそうになりながら店頭のメニューで品定め。


中に入って券売機へ。


デフォルトのらーたんめんは500円と安い。
半チャーハンセット650円をプッシュ。

チケットを渡すと、麺の固さを聞かれる。

茹で時間は

バリカタ(10秒)
カタ(20秒)
普通(40秒)
やわ(80秒)

だそうで、普通でお願いした。

卓上には辛味噌、食べるラー油、ふりかけがある。


どうぞ

と辛子高菜が出された。


見ていると冷蔵庫から一人ひとりに出している。
全部食べられる量ではないし、
これをこれをそのまま冷蔵庫に戻すとしたら、
不衛生ではある。
この時期、足が早いものでもないし、
卓上に蓋付きの容器に入れて常備してもいいと思うけど。

3分後到着。


見た目、白濁したスープが波々。


具は肉味噌、ねぎのみ。

スープは非豚骨で植物性という触れ込みで、
胡麻がたっぷり。


こりゃすごい胡麻だ。
胡麻ペーストの海だ。
で、おいしい!

麺は博多らしい細ストレート。



ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!


これはうまいね。
胡麻がきいた日式の担々麺ともちょっと違う、
独特の味わいだ。

肉味噌がまたいいね。


癖のない少し辛いやつ。

辛味噌、ラー油、高菜入れてみた。


特に辛味噌がよかった。
量は100g超くらいかな。
一般男子には替え玉しないと物足りないかもね。


半チャーハン。


香ばしく炒められている。
良質なチャーハン、と言う感じ。

高菜もラー油もよく合う。


おなか一杯で食べ終えたけど、
胡麻ペーストのせいか、
少しもたれた。

植物性とはいうけど、
胡麻ペーストもカロリー高いからな〜



お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。



感想など。。。
posted by ぼぶ at 13:32 | Comment(2) | 東京都豊島区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月08日

らーめん 塩達@巣鴨(磯塩らーめん 329/'17)

訪問日時:2017/12/08 11:51

巣鴨にこの10月にできた新店に行ってみた。


らーめん塩達。
どうやら前身のラーメン颯のリニューアルらしい。

メニューは以下の4本柱。


券売機はタッチパネル式。


やっぱりタッチパネルは苦手、
「押す」という部分に触れなければ反応しない。

磯塩らーめんを選ぶと、


ノーマル と書いてあるのは珍しいね。
ワンタンに惹かれ、購入した。

席に着く。
カウンター10席ほどとテーブルがいくつか。

調味料類は、
醤油、酢、ラー油、黒胡椒、
刻みニンニク、針生姜。


薀蓄はこんなん。