2011年05月30日

【閉店】【165/'11】梅もと@池袋(ぶっかけつけめん)

訪問日時:2011/05/30 12:27

雑司ヶ谷のある店を進められたけど、
今日は休みだった。。。

まあ、いいや、とその足で梅もとに向かう。

DSC03191.JPG

ここは、以前、甚六亭だったところだね。
それにしても、梅もとは、何十年ぶりだろう。。。

つけ麺にしようと思っていたけど、
店頭に新メニューの「ぶっかけつけめん」の文字が。。

どんなんだろうと思いつつ店内へ。

DSC03185.JPG

クレーター盛りはまともな食べ物ではないので、無視。
ってことで、ぶっかけつけめんを購入。

DSC03183.JPGDSC03184.JPG

席につき、麺量は1.5玉、冷やもりでお願いした。

相変わらず、お客で賑わっている。
奥の席では見えないけど、
ブラックホール盛りに挑戦している人がいるようだ。

一応書いておくか、、

つけめん小盛(1玉)
つけめん中盛(1玉)
つけめん大盛(2玉)
つけめん地球盛(3玉)
つけめん銀河盛(4玉)
つけめん宇宙盛(5玉)
つけめんビックバーン盛(7玉)
つけめんブラックホール盛(10玉)
つけめん流星盛(20玉)
つけめんクレーター盛(25玉)

このすべてが700円だから恐れ入る。
ただし失敗は3玉から10玉までは700円、
流星盛・クレータ盛は2000円の罰金。

ところで、その御仁は16分何秒かで食べ終えたらしく、
お店の人も「早っ!」とびっくりしていた。

11分後到着。

DSC03186.JPG

ぶっかけ、というから、麺になにかぶっかけてあるのかと思ったけど、
普通の醤油つけめんのスープの中に、ほぐしチャーシューのほかに、
キュウリの輪切り、オクラ、鰹節、が入っているだけのもの。

DSC03188.JPG

麺はやや平の中太麺。

DSC03187.JPG

いいすね。
小麦の香り。。。
しこっとした食感といい、やはりかなりいい麺だな。

スープの味は甘酸っぱい、梅もと独特の味。
ああ、うまいわ。
ほぐしチャーシューとキュウリとオクラと鰹節か。。。
食べるとわかるけど、このスープには最高の取り合わせに思える。

うーむ。これはおいしい。
箸を止める間も、息つく間もないほどに一気に食べ終えた。

割りスープをお願いした。

DSC03189.JPG

軽い動物系の味わいに生姜がほのかにきいている。
あまりスープは残らなかったけど、
割りスープをたくさん注いで、おいしく完食。

時々食べたくなる味は変わらなかった。


そう言えば、初梅もとらしかった隣人が、
大将のやさいらーめんを頼んでいて、
お好みを聞かれて、麺は普通、野菜を大で、
とお願いしていたけど、
野菜大は500gあるんだって!!
どんなんか見たかったけど、
なかなか出てこないので店をあとにした。
きっとびっくりしただろうな( ̄∀ ̄)



お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。

感想など。。。
posted by ぼぶ at 15:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都豊島区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月20日

【153/'11】仮面ライダー・ザ・ダイナー@池袋(カイゾーグラーメン)

訪問日時:2011/05/19 19:00

詳しくはくいどうらく日記で。

仮面ライダー・ザ・ダイナー。
なんという偶然か、必然か、ラーメンもあった



量的にも締めにちょうどよく、
シェアして食べきった。

嫌みなくきいた、魚介がいい具合。
手打ち風の麺もおいしかった。


公式サイト


感想など。。。
posted by ぼぶ at 13:58 | Comment(4) | TrackBack(1) | 東京都豊島区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月25日

【127/'11】らーめん麺のひな詩/えびどろ@東武池袋店 初夏の大北海道展(えびどろ)

訪問日時:2011/04/25 12:05

これをやれば人が集まるという、北海道展。
今回は東京初出店の「ひなの詩」をもってきた。
二毛作営業で、土曜日は「えびどろ」になる店。

しかも今回はその両方をひっさげて登場!

ってことで、行ってきた。

10階催事場まで直通のエレベータに乗り、
降りた瞬間にエビが香る。
その方向に歩いて行くと、

DSC02748.JPG

あった。
並びは10人くらいだけど、すぐにはけていった。
10分くらいで座れた。
でも、相席のおっちゃん、くちゃくちゃ食いで萎えた。
きったねー音出して食べんなよ〜

5分後やってきた。

DSC02749.JPG

うはー、すごいどろどろ具合!
ラーメンというか和え麺だね。

「よく和えてください」

と言われたし。。

具はチャーシュー、メンマ、キャベツ、桜海老。




このとろみはデンプン系の何かによるのかな、、
すごい絡み具合。

さっそくほおばると、エビ全開!
桜海老もそうだけど、スープからの香りもかなりのもの。

麺は中やや縮れ。

DSC02751.JPG

あんかけ風なので、
なんかあんかけ焼きそばの麺が
時間がたって柔らかくなったような印象。

もっとずばっと主張する麺の方がいいかもね。


チャーシュー、メンマ、キャベツもおいしく、
あっという間に完食。
スープが少し残ったけど、
ライス割り(ないけど)が合うような感じではなかった。

ちなみにこの店は27日までで、
そのあとの後半は小樽の「初代」が入るそうな。


食べログ
らーめん 麺のひな詩

感想など。。。
posted by ぼぶ at 15:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都豊島区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月15日

【113/'11】つけ麺 山橙@大塚(つけ麺 並)

訪問日時:2011/04/15 12:02

またまた新店。
冷製に冷静に。。。
でも、ここは先人のレポートや食べログ口コミを見ていて、
なんとなく引きつけられた。

って思うならいってみましょ!

DSC02586.JPG

ラーメン関係はただ一つ、竹田敬介氏の花があった。
関連店?修業先?

店に入ると。明るい厨房と10席のカウンターに4人卓。

券売機でつけ麺、味変え用トマトカレー、ちらし寿司を購入した。

DSC02587.JPG

こういうきれいな写真入りだとわかりやすいよね。
加えて、みかんのイラストもかわいい卓上のお品書きには、
普通と特製の具の説明など。

DSC02588.JPGDSC02589.JPG

やはり飲食店のメニューはわかりやすくなくてはいけません。
ただ、店名の読みはちょっと迷うけど。

茹で時間は9分とのこと。
ゆっくり待ちました。

厨房には3人、ホールは一人。全員男性。
店主さんと思しき人、どこかで見たような気がする。。
手さばきには安心感があるし、
全体のオペレーションも全く問題ない。

11分後到着。

DSC02593.JPG

右下が味変用のトマトカレー。

麺には普通としては結構な量の肉。

DSC02594.JPG

肉盛り、というとけいすけとかぶるものがあるけど、
やはり何らかの関連はありそう。。

それにしてもこの麺の器は、
バラちらしか海鮮ちらしでも使われそうなもの。
サイドにちらし寿司があるし、
寿司とも関連が??


で、この麺、異常においしい!
強すぎない香り、がっしりしたコシ。
すごくいい。

スープの中にはベーコン、メンマ、ねぎ、ワンタン。

DSC02592.JPG

味は店内のあちこちに告知があるように、
濃厚豚骨魚介、にベジタブルなとろみ系。

さっそく麺をずばっと浸して、わしわし、、、、

おお!


ウ(◎◎)マ〜〜〜!!!


かなり丁寧に煮出したスープと思われ、
しつこさがない。
食べてる最中にいろいろ考えるのももどかしく、
ばしばし箸が進んだ。

肉はかなりおいしい。
柔らかくて厚みもあるので、食べ応えがいい。

メンマも食感がベストな感じでおいしい。

角切りベーコンは面白い。
ベーコン増しはないのかな。。。

ワンタン餃子もすごくおいしかった。
これだけの具が入って780円はなんかお得かも。


トマトカレーは後半、麺に混ぜて、と言われたので、
素直にそうしてみた。
あまりカレー感はないけど、
こいつぁ、いいわ。

劇的ではないけれど、
ますます好みの味わいになる、というか。。。

そして、柑橘酢。

DSC02590.JPG

ゆずがそのまま入っているけど、
これが実にいい。
スープの味が変わってしまうのがいやだったので、
麺にかけてみたら、ビンゴ!
清冽な酸味と香りが何とも言えない。
これは是非おすすめする!

こういう濃厚なスープは後半飽きることがあるけれど、
私にはそれはなかった。
それは結構大量の水菜の効果かもしれない。


あ、ちらし寿司はこんなんだった。

DSC02595.JPG


混ぜご飯?
いや、温かいご飯に寿司太郎を混ぜたのかな?
なんかチープなサイドだな。。
これなら白飯の方がいいな。
これにも柑橘酢は結構合ったよ。


満足。

さて、今夜の飲み会の前に
仕事仕事。。。



お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。

感想など。。。
posted by ぼぶ at 14:18 | Comment(2) | TrackBack(0) | 東京都豊島区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月23日

【閉店】【60/'11】焼豚ソバ 黒ナベ@東池袋四丁目(食べるラー油まぜソバ並)

訪問日時:2011/02/23 11:45

焼豚ソバ黒ナベでませそばが始まったとの情報。

DSC02041.JPG

DSC02042.JPG

あるある。
黒ナベ特製食べるラー油まぜソバ。

券売機で、

DSC02043.JPG

即購入。

貼られたお品書きも一応。。

DSC02044.JPGDSC02045.JPGDSC02046.JPG

お客はゼロだったけど、すぐに満席になった。
待ちもできていたし、すごい人気。

7分くらいで到着。

DSC02047.JPG
DSC02048.JPG

具はサイコロ状チャーシュー、メンマ、ねぎ、水菜、ラー油。
チャーシューとメンマは麺の下に沈んでいる。

DSC02050.JPG

うひー、それにしてもいい色合い!

麺は味が和えてあるので、
軽く混ぜて早速いただきまっす。


ウ(◎◎)マ〜〜〜!!!


基本のタレの味がストレートにわかる。
まろやかな醤油風味に麺が染まって、
おいしいのなんの。

チャーシューもメンマも特上だね。
水菜とねぎはちょっと食べづらいけど、
ほぼ問題ない。

最後はちょうどいい量のタレが残る。
仕上げ2を頼もうかと思ったけど、
ちょっと胃の調子も悪くやめておき、
頭の中で想像するだけにした。
いや、絶対おいしいぞ、ライス割り+生玉子。。



お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。

感想など。。。
posted by ぼぶ at 14:06 | Comment(2) | TrackBack(0) | 東京都豊島区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月22日

【342/'10】麺処GROWTH@池袋(らぁ麺)

訪問日時:2010/11/22 12:15


現役プロボクサーが10月25日に開いたお店に行ってきた。

引退したボクサーならわかるけど、現役で始めることに興味あるな。


だって、減量とかどうするんでしょ。。。

ラーメンは多分自分が好きな料理なんだろうし、

目の前でお客が食べているのに耐えられるのか・・・

力石徹の心境になれるかしらん。。。


なんにしても有名店でのアルバイト経験を元に

開業にこぎつけたらしい。


DSC00733.JPG


場所はバッソドリルマンの近く。

ラーメン店としての立地はいいとは言えないかな。


DSC00734.JPG


営業時間はまだはっきりしないみたい。

自身が試合の時は10日ほど連続して休むことのあるとか。

行く際はツイッターブログで確認した方が無難。


店内はL字型カウンター7席。

ちょっと後ろ側は狭いな。。


卓上のメニューを見て、


DSC00735.JPG


らぁ麺を並でお願いした。


店を見渡すと所属先の協栄ジムの金平会長からの花があった。

店主さんは現在8回戦で、まずは日本ランカーを目指している。

目がいきいきうとしていて、顔の傷も少ないし、なんか強そう。


制作の様子を見ていると、湯切りがとても丁寧で念入り。

これは期待できる感じ。


きた。


DSC00737.JPG


うお。

極太麺なんだね、っていうのが第一印象。


横から見た器がなんとなくかわいい。


DSC00738.JPG


スープは豚骨魚介。

でも、ありきたりではないし、脂や野菜系?の甘みが品良くきいている。

いや、うまいんでないかい。


極太麺は開化楼っぽい。


DSC00739.JPG


#10くらいのがっしりしたコシのあるもので、

風味もあり、いい麺だと思う、


スープの絡みもいいし、かなりおいしい。


メンマは極太で、


DSC00741.JPG


横にかみ切るのが難儀だったので一口で。。。

自家製なのかな、、、おいしい。


チャーシュー。


DSC00740.JPG


チャーシューというか、バラ肉の薄切りを甘辛に味付けしたような感じ。

これまたほどよい味わいでとってもいい。



職業が職業だけに荒々しいラーメンを想像していたけど、

ある意味、繊細なできあがり。

でも、ボクサーだけにパンチはあると思うぞ。。(^^;



両方がんばってくださいね〜

いつか世界に挑戦することを祈ってます。



お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。


感想など。。。
posted by ぼぶ at 18:22 | Comment(4) | TrackBack(0) | 東京都豊島区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月15日

【302/'10】麺 池袋 壬生@池袋(肉そば)

訪問日時:2010/10/14 12:10


またまた港屋インスパイアな店が池袋にできたとな。。


DSC00278.JPG


なぜ 蕎麦にラー油を入れるのか


それは港屋のまねをsインスパイアだから。。


なんでも、

一心に、飲食業界15年の壬生は、蕎麦を作ることから始めた。
長野の畑で蕎麦を作り、自分で打った蕎麦を使うこだわりの太麺。
麺つゆに卵を入れたつけ麺タイプ!
こだわりのラー油と油七味もオリジナル。
自家焙煎の黒豆そば茶という徹底ぶり。
蕎麦の川上から川下まで・・・極め抜いた蕎麦屋の1号店が池袋に登場...

ということだそうよ。

では、早速。。。

DSC00265.JPGDSC00266.JPGDSC00267.JPG

肉そばを中盛りで購入。

港屋のように、厨房を見ながら出来上がりを立って待つシステム。
店主さん、とっても楽しそうににこにこしながら仕事をしている。
これも港屋みたい。
修行したのかな。。。

こだわりの黒豆そば茶を注いで待ちます。。。

DSC00268.JPG

やがてできあがったよ。

DSC00269.JPG

にゃんともそっくりな出来映え。

肉もたっぷり、ラー油も光り輝いて。。。。

DSC00270.JPGDSC00271.JPG

蕎麦を引っ張り出すと、

DSC00272.JPG

港屋よりもちょっと色が薄いかな。
でも、蕎麦の風味抜群で、ごわごわの食感がたまらん。

おつゆにつけて一気にすする。


ウ(◎◎)マ〜〜〜!!!


インスパイアの中でもこれは上位に入るね。
ラー油の香りがしつこくないので、そばつゆが活きている。

肉の味付けも濃すぎないので飽きることなく、ガシガシ食べ進める。

カウンター上には自家製調味料が。

DSC00274.JPG

油七味が特によかった。
大量に投入したい感じ。

天かす、生玉子が用意されているのは当然。

DSC00273.JPG

これはざざっとたっぷり入れて食感を楽しんだ。
うまいなー。

生玉子はおつゆでなく、麺に絡めるのが、私の方式。

DSC00275.JPG

マイルドになって、これまたうまい!

中盛りは280gだけど、大盛りでもよかったな。。

最後は蕎麦湯をセルフで・・

DSC00276.JPG

鰹節粉がおいてあり、蕎麦湯に入れてそのまま飲むと激うまだった。
いいアイデアだと思う。
そして、そばつゆをそれで割って飲み干した。

いやー、うまかった!

・・・でも、港屋への郷愁を誘うな、、、
久しぶりに行きたいけど、長蛇の列にいつもビビッてる。。。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。


 

続きを読む
タグ: 壬生 港屋風
posted by ぼぶ at 08:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都豊島区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月07日

【272/'10】とんこつラーメン あっぱれ亭@池袋(醤油)

訪問日時:2010/09/07 11:40



池袋東武の諸国ラーメン探訪区、第7代目として本日オープン。

もう7代目になるんだね〜


調べてみたら、


2002年11月〜 縁や(北海道札幌市)

2003年11月〜 (新潟県燕市ほか)

2004年10月〜 蔦亭(北海道旭川市)

2005年07月〜 すみれ(北海道札幌市)

2007年09月〜 龍の家(福岡県久留米市)

2009年07月〜 武蔵(北海道札幌市)


ときて、


2010年09月〜 あっぱれ亭(北海道小樽市)


となるわけね。

こーやって見ると、ほとんど北海道なんだな。。


MOV03855_0001.jpg


店の前では呼び込みの声が。

花もたくさん出ていた。


中は見慣れたレイアウト。

今回はスタッフは全員日本人なんだね。


メニューはWEBサイトを見て、一応予習してきた。


DSC03850.JPGDSC03851.JPG


金ごまにも引かれるけど、醤油を注文した。

いくら丼とか、ミニがあればいいのに。。

帆立のバターおにぎりも魅力的。。。

でも、今日は麺だけと決めていた。




あまり醤油ラーメンには見えないな。

スープはかなりとろっとしている。




豚骨だけに由来するのかはわからないけど、、、


具はスライスチャーシュー、角切りチャーシュー、メンマ、ねぎに、茹でられたもやしと玉ねぎ。

味はなんて言うか、、野菜ポタージュかシチューみたい。

いや、違うな。。

でも、玉ねぎの効果か、甘さがほどよく出た、面白いスープ。

醤油醤油していないので、


「これが醤油?」


という人もいるというのもうなずける。

スープ、かなり好み。


社長さんは元々スープ会社に勤務していたというから、

そのころの技法が入っているのかな。


「九州のスープに北海道のタレ」


というキーワードみたい。



麺は中太のいかにもサッポロラーメンという感じの麺。




やや固めのコシがあるタイプ。

麺量は180gだそうだ。

結構ボリュームある。


メンマが太くて、味も食感も良くておいしかった。

チャーシューはちょっと残念かな。



スープもほぼ飲み干し、全体的に満足満足。

金ごまがとても気になるので、機会があったらまた来てみよう。



お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。





感想など。。。
posted by ぼぶ at 15:55 | Comment(7) | TrackBack(2) | 東京都豊島区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月15日

【閉店】【209/'10】スープ道 連@西巣鴨(まぜそば)

訪問日時:2010/07/15 12:20


庚申塚をあとにして、近場の宿題店にやってきた。

「スープ道」というからにはスープが自慢なんだろうけど、

一説によると、ここのまぜそばがいいらしい。


DSC03327.JPG


予定通り、まぜそばを購入した。

ランチタイムは、のり・白飯・麺大盛り・味玉子のうち一つがサービスされる。


ちょっと考え、ご飯を選んだ。

卓上にもメニュー。


DSC03328.JPGDSC03329(1).jpg


それにしてもお客さん多いね〜。

並びはできないまでも、常に満席近くをキープしていた。

開業から丸2年経って、人気も定着したと思われ。。



6分ほどで到着。


DSC03330(1).jpg


まぜそばはこのくらい麺が見えないほどに
具が盛りつけられているのが好き。

具は刻みチャーシュー、メンマ、もやし、
玉ねぎ、ねぎ、水菜、鮭フレーク。

よく混ぜるよりも、麺には味が付けられていたので、

それぞれの具を楽しむように食べ進んだ。


チャーシューはちょっと炙り味。小さくて残念。

太いメンマもおいしい。

鮭フレークはいいアイデアですなー。


麺は太平ストレート。


DSC03332(1).jpg

むちむちでおいしいねー。

タレには魚粉由来かバランスいい魚介の香り。

このまぜそばの人気があるのもわかる!

DSC03333(1).jpg

一味と黒胡椒はよく合った。

魚粉は試さなかった。


最後の方は麺がなくなり、具が残ったけど、

ご飯のいいお供になった。

DSC03331(1).jpg

タレは残らないタイプなので、ライス割りは難しい。


うーむ満腹。おいしかった!



お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。





感想など。。。
posted by ぼぶ at 14:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都豊島区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【閉店】【208/'10】昭和歌謡ショー@庚申塚(王道の醤油ラーメン)

訪問日時:2010/07/15 12:05


ツイッターから庚申塚に新店ができたことを知り、

調べてみると、こちらのサイトに行き着いた。


それによると、そこは元一風堂の店長さんが、

全く真逆のすっきりラーメンを提供する店だとか。


ちょっと気になったし、ついでもあったので足を伸ばしてみた。


DSC03326(1).jpg


庚申塚駅のそば、巣鴨地蔵通りの終点で、庚申塚交差点そば。

元は立ち食いそばだったらしい。。


店名は河原氏が名付け親らしいけど、なんとも・・・


店に入ると、狭めの6席カウンター。

立ち食いそば店の面影が残る。


昭和歌謡ショー、というほど昭和の歌が流れているわけではなかった。


壁のメニューを見て、


DSC03324.JPG


王道の醤油ラーメンを注文した。


こちらのラーメンは化学の子ではないと。


DSC03320(1).jpg


昭和のアニメ、鉄腕アトムを意識してのコメントでしょうか。(^^;


店長さんの背中。


DSC03321(1).jpg


やはり歌が一つのテーマなのかな。。

この言葉、昔から言い得て妙だと思っていたけどね。


到着。


DSC03322(1).jpgDSC03323(1).jpg


器もビジュアルも昭和そのもの。


スープはほんとにすっきりした、非化学の子( ̄∀ ̄)

じんわりと素材の旨味が漂ってくる。


麺は細縮れ麺で、スープと同じく控えめなタイプ。

でも、その双方がお互いを高めあっているというか、、、そんな感じ。



こういうのを「昔ながら」という例えもするけど、

昔はこんなにおいしいラーメンは少なかったよ。

言うならば、「昔ながらの現代版」とでもいいましょうかねー。


チャーシューもメンマもとてもおいしい。


すっきりしているので、最初のうちはインパクトをさほど感じないけど、

食べ終わる頃にはすっかりはまった、みたいな。



一風堂とは全く違うんですね〜、と店主さんにお聞きしたら、


「よくご存知で・・・」

「私がこういうラーメンを作れば、下の人達もいろいろ考えてくれるかな、

と思いまして・・」

「塩もおすすめなので、次回是非!」


ということでした。


地元客、特に巣鴨に多い人種にはすでに定着しつつあるような印象を受けた。



お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。



感想など。。。
posted by ぼぶ at 14:31 | Comment(7) | TrackBack(2) | 東京都豊島区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月08日

【71/'10】もつらーめん もつ鍋 博多屋台@@高田馬場(もつらーめん)

訪問日時:2010/03/08 12:05

この2月24日にオープンしたお店。

DSC01805(1).jpg

DSC01801.JPGDSC01806.JPG

名前が示すように、博多屋台の雰囲気を東京に持ってきた風の雰囲気。
先客は2名。

「和牛もつらーめん」なるネーミングにひかれ、注文した。

DSC01801.JPG


厨房2名、ホール2名。
カウンター4席にテーブルがいくつかあり、
合計20名ほど入れる。

卓上には紅生姜、高菜、胡椒、ほか。

DSC01802(1).jpg

5分ほど待って到着。

DSC01803(1).jpg

もつ、キャベツ、もやし、キクラゲを炒めたあと、
スープを入れて仕上げているみたい。

で、このスープ。

・・・・・!!

ウ(◎◎)マ〜〜〜!!!

ちょっととろりとした豚骨ベースで実にまろやか。
化学の力もあるかもしれないけど、
タレの味がいい感じ。
醤油のきき具合が抜群。


麺は博多麺。

DSC01804(1).jpg

固さを選べるのかは不明。
しこっとした王道の麺で、おいしい。。

もつ鍋の締めのラーメンをイメージしたというけど、
ちょっと違うような。。。
それよりもはるかにおいしく、
ラーメンとして成立している。

紅生姜と高菜も途中から加えて、マイナーチェンジ。
うーん、いいねえ、これ。

ほぼスープ完食で満足。

油そばも食べてみたいなあ。
もつとマヨネーズトッピングは必須だな!


店をあとにしたあと、べんてんの前を通ってみた。
このあたりに来ると、必ず通ってしまうが、
今日も10人超の行列だった。。。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。

感想など。。。
posted by ぼぶ at 14:25 | Comment(6) | TrackBack(0) | 東京都豊島区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月18日

【355/'09】麺や あかつき@駒込(あかつき麺)

訪問日時:2009/12/18 13:00

茅ヶ崎の菜良。
二郎インスパイアとして、今年の2月にオープンしたが、
そちら出身の女性店主が開いたお店。

いろいろな方の報告を見ても、麺のビジュアルはきれいだし、
おいしい、ということだし、
気にはなっていたけど、どなたも女性店主さんには
詳しく触れていない。

これを確かめるべく、行ってきた。(^^;

DSC01165(1).jpg

中に入ると、女性店主一人で奮戦中。


!!


きれいな方じゃないですか。(*^^*)
えくぼが印象的。
もっと話題になっていいと思ったです。

この方が町を歩いていても、
ラーメン店主だとは絶対思われないでしょう。
しかも二郎風の。。。

両替をお願いすると、手を休めて素早くやってくれた。
作業中なのに、とっても要領がいい。

DSC01166.JPG

青木さんによると、あえそばも相当いいらしいのだけど、
多くの方の写真で惚れた、濃い褐色のスープに会いたくて、
あかつき麺をプッシュ!
あと、辛玉なるトッピングも。。。


この店主さんの作業はなんか、安心する。
ゆっくりやっているわけでもないのに、落ち着いて見える。
かなりの経験が本店であるのでしょうね。

無料トッピングは
ニンニク、野菜、カラメ、アブラの4種。
私は全部普通でお願いした。

到着。

DSC01167(1).jpg

いや、やはりきれい。豚のうずまきも見事。
野菜もキャベツ率が高くて好印象。

濃い褐色のスープは想像通りの味。
ややとんがってはいるけど、やさしいスープ。
あー、これは好みの二郎風だ。

野菜の茹で具合もベスト。

そして麺がまたうまい!

DSC01168(1).jpg

太平の縮れ麺は弾力があり、もーーっちりとした食感で、
スープに合いまくり。


ウ(◎◎)マ〜〜〜!!!!


豚もまた、極上の仕上がり具合。
柔らかくて、食べ応えがあり、最高だね。

辛玉。

DSC01169(1).jpg

海老の殻が入った、辛味。
かなり辛いけど、こいつぁいい。
海老が香ばしく香り、かなりのインパクト。

でも、多分あえそばの方があうだろうな。。。


うーむ。
惚れた!いろんな意味で。
化学の味を感じながらも、スープはほとんど飲んでしまった。

あえそば、必ず食べに来ます!



お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。



感想など。。。
posted by ぼぶ at 15:09 | 東京 ☀ | Comment(12) | TrackBack(3) | 東京都豊島区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月17日

【閉店】【354/'09】つけそば 丸永@池袋(辛火油そば)

訪問日時:2009/12/17 11:50

狸穴のあと、満腹ではあったのだけど、
近場の気になる店の前に行ってみた。

PH_372.jpg

以前は我竜軒たくらという店だったのが、
今年の9月5日に新しい店に変わった。

所沢市の本店には一度おじゃまし、
つけそばのおいしさに大感激した思い出がある。

ちょっと考えて、思い切って入店した。

以前は来たことなかったけど、
器を温めるためのIHヒーターが各席にあることが話題になったけど、
そのままなんだね。

でも、冷めてしまったら、専用の容器で温め直せるので
その容器をスタッフに要望するように書いてある。
まあ、取り外すのももったいない、というところなんでしょうね。

メニューを見て、

PH_366.jpg

一番気になった、辛火油そばを注文してみた。

店内はすいている。。。
裏通りだし、だいじょうぶなのかな・・・

6分くらいで到着した。

PH_368.jpg

あれ。
勝手に和え麺だとばかり思っていたけど、
つけそばスタイルなんだね。

麺の下に辛味タレが沈んでいるとのこと。

PH_369.jpg

これを混ぜ合わせるわけだけど、
まずはそのまま、つけそばとして食べてみた。

麺は温盛り。
もっちりとした食感がいい感じ。
スープはあっさりとした動物魚介。
甘さも酸味もほどほどですごくいい。

そして麺を混ぜてみた。

PH_370.jpg


ナポリタンですか。。。(^^;

これをスープに浸すと、、、、


ウ(゚∀゚)マ〜〜〜!!!!


はっきりいって、おいしさ倍増。
味噌、韓国唐辛子などで作られた辛味タレがかなりツボ。
辛味がスープに浸しても麺から離れないし、
スープのおいしさ、香り高く辛い麺が抜群のコントラスト。

こいつはいいわ。
かなり気に入った。


でも、今日はさすがに2杯目はきつい。
麺をもてあましている頃、割りスープが運ばれた。

PH_371.jpg

この割りスープがまた、抜群のおいしさ。
これだけレンゲでぐいぐい飲んでしまったくらい。

で、割ってみるとこらまたおいしいんでないかい!
辛さもほどほどに聞いて、魚介出汁もじんわり効いて、
いや、すばらしい。


最後麺を少し残してしまったのが、
とっても悔やまれる。
もう一度同じものを食べてみたい。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。

感想など。。。
posted by ぼぶ at 15:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都豊島区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【353/'09】馳走麺 狸穴@池袋(肉盛つけ蕎麦)

訪問日時:2009/12/17 11:25

昨夜は飲み過ぎた、食べ過ぎた。
でも楽しかった。。。


さて、矢守さんによると、池袋の新店のオープン日が早まったもよう。
昨日オープンしたとのことで、彼のインプレッションも
すこぶるよかったので、早速行ってきた。

PH_359.jpg

大通りからちょっと奥まってはいるけど、
いい立地だと思う。

店頭のお品書き。

PH_360.jpg


店に入ると券売機。
ライスや肉めしもあった。

濃厚つけ麺は流行のそれ系でかなりおいしいらしい。
肉盛つけ蕎麦は蕎麦粉入り麺を使った、港屋インスパイアとのこと。
しばらく港屋も行ってないし、どれどれということで
肉盛つけ蕎麦のボタンをプッシュ!

コの字型カウンター12席。
調理係と配膳係の2人体制。

つけ麺の麺は10分の茹で時間だけど、
つけ蕎麦の方は3分と書いてある。

5分ほどで到着。

PH_362.jpg

おお!
まさしく、港屋っぽいですね〜
盛りつけもそっくりだね。

生玉子と天かすがサービスされるところも同じ。


まずは麺を引っ張り出してみる。

PH_365.jpg

そして、口へ。。。
ごわごわの口当たりで、蕎麦の香りがそれほどしないところもそっくり。


ラー油が浮いたおつゆへ浸して食べると、
けっこうなコピー具合。


ウ(゚∀゚)マ〜〜〜!!!!


これは気に入った。
肉の味がちょっと違うけど、総合的においしい。

少し食べ進んだあとに、生玉子を麺に割り入れ、
天かすはおつゆにどっさり入れた。

PH_364.jpg

天かすって好きなんだよね。
そば屋さんでは、かなりの割合でたぬきそばを頼むし。
合計4杯もいただきました〜


おつゆはスープ割りもできるそうです。
私はしなかったけど。。。

並盛りとはいえ、かなりの麺量。
お腹一杯になって、店をあとにした。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。

感想など。。。
タグ: 狸穴
posted by ぼぶ at 14:50 | 東京 ☁ | Comment(9) | TrackBack(6) | 東京都豊島区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月17日

【234/'09】麺屋 帝旺@大塚(茄香麺)

訪問日時:2009/09/8/19 11:55

北大塚の新店に続いて、南大塚の新店に。。。

ここは南大塚3丁目の角にある。

image/2009-08-17T14:35:491

以前は「ポプラ」というお店だったらしい。

店内は中国系お二人。
日本語が100%ではないみたいなので、注意が必要。

メニューを眺め、

image/2009-08-17T14:11:261

「とーぴんぐ」?(^^;
まあ、意味わかるからいいかね。。

見慣れない、茄香(チェーシャン)麺を注文した。
聞くと、

「茄子とピーマンと挽き肉、炒めた・・」

と言う。
店頭の写真がつけ麺に見えたので、
つけ麺ですか?
と聞くと、

「そう、つけ麺」

と。。
結局は和え麺だったのだけどね。。。(^^;

基本は豚骨醤油スープのラーメンらしいけど、
辛油そばがおすすめとか。

image/2009-08-17T11:56:431

「ぜひ 召し上がってくださ」

(^^;




到着。

image/2009-08-17T14:11:351

手前の小皿の中身をよく混ぜて、
麺に入れてまた混ぜてくださいと指示された。
最初から麺に乗せてもいいのにね。

こんな感じに。

image/2009-08-17T14:11:391

麺は開化楼製みたいなインプレッションの太縮れ麺。
この麺が結構おいしい。

和え物は味わい的には素材の味を生かしたもので、
あっさした印象。
でも、量的に少なく、和え麺としてはちょっと味が物足りない。

麺がおいしいので、
酢とラー油を足したら味が変わって良くなった。

この茄香、ご飯の上に乗った方がはるかに活きると思う。
茄香丼と辛油そばが黄金のコンビかな。。



お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。感想など。。。
posted by ぼぶ at 15:58 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都豊島区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【閉店】【233/'09】パーコーラーメン 金の糸@大塚(正油パーコー麺)

訪問日時:2009/08/19 11:25

やっとギンギンに暑い夏が来た感じ。
多くのラーメン店で冷やしメニューを出しているが、
私はさして興味がない。
夏でも熱いラーメンを好む。

なわけで、今日は大塚の新店へ。
千葉にある「しあわせラーメン金の糸」の東京進出という位置づけらしい。

image/2009-08-17T11:56:141

店頭にお品書き。

image/2009-08-17T11:56:061

15日までは塩パーコー麺1種類だったようだけど、
16日からはメニューが出そろった。
裏メニューとしてとろみタンメン、カレーパーコー麺もある。

タンメンは全く興味ないけど、
カレーパーコーはそそられる。。。

店に入ると、異国情緒たっぷりの接客。
券売機で正油パーコー麺を購入。

image/2009-08-17T11:55:521

席に着くと、なにやら説明書き。

image/2009-08-17T11:55:571

とは言っても、待ちは5分くらいのものらしい。。。
5分で到着。

image/2009-08-17T11:56:041

表面をうっすら、背脂が覆うスープはあっさり系。
化学も加わっているが、番人好みの味わい。
パーコーの揚げ油の香りも香ばしい。

「金の糸」と称される麺は中ストレートで、
ぱつっと切れる。
食感としては好きな部類。

パーコーは問題なくうまい。
この正油スープのしみたのがたまらない。。。(゚∀゚)

なんだかんだとほぼスープまで完食した。

カレーパーコーやはり気になる。。。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。

感想など。。。
posted by ぼぶ at 15:30 | 東京 ☀ | Comment(2) | TrackBack(1) | 東京都豊島区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月12日

【閉店】【229/'09】焼豚ソバ 黒ナベ@東池袋四丁目(黒つけ麺)

訪問日時:2009/08/12
 

宇都宮出張の帰り、
家で夕食のつもりだったけど、
あまりの腹ぺこ具合に途中下車。

東名通行止めの影響か、
首都高が渋滞もしてたし・・

で、黒ナベに久しぶりにやってきた。
首都高5号線をよく使うのだけど、
東池袋の手前の左側に、ここの看板がよく見える。

つけ麺も始まっていたし、
行きたいなー、といつも思っていた。

今日は友人と共に。

友人は焼豚ソバ。

image/2009-08-12T10:42:301

相変わらず、おいしいっすねえ!
こんなに胡椒とねぎが合うラーメンも珍しいと思う。

して、黒つけ麺。

image/2009-08-12T10:42:271

ベースのスープは同じだけど、
タレを変え、他に材料をいくつか配合してるとか。

麺も平打ちになっている。

スープにくぐらせると、


ウ(゚∀゚)マ〜〜〜イ!!!!


焼豚ソバのスープはとげとげしいけど、
こちらはそれよりはマイルド。
何とも言えない味わいは、
デミグラみたいな香りもするし、複雑。

でも、全てが調和し、黒ナベならではの
唯一無二のつけ麺になっている。

平打ちのもちもち麺がよく合う。

焼豚もメンマも豊富に入っていて、
これも大満足!

そしてスープ割りしてもらうと、
このスープの良さが一気にわかる。
いやーうまいわ。。。

うまく説明できないのだけど、
このつけ麺、最近では一番気に入った。
はやりの濃厚豚骨魚介もぶっとぶ味と思う。

やはり、時々来なくてはいかんな。。。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。


感想など。。。
posted by ぼぶ at 11:08 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都豊島区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月06日

【135/'09】大勝軒@池袋三越催事(カレー中華)

訪問日時:2009/05/06 10:00
 
昨日の夜に渋滞を抜けて帰宅。
連休最終日の朝、疲れた体を目覚めさせ、
新聞を見たら、池袋三越が今日で閉店の記事。
 
ああ、そうだったな〜
確か大勝軒が催事に出店してるんだったよね〜
 
と思ったが、ふと、「カレー中華」の文字を発見してしまった。
しかも本日50食限定。
 
山岸大将が創業の頃に作ったという伝説のカレー中華。
今ではお茶の水大勝軒で15時過ぎに食べられるけど、
私にはハードルが高かった。。。
 
なので、嫁の許可をあきれながらもらって、
飛んでいきました。
 
9時45分に着いたけど、すでに開店していた、
玄関には社長以下、役員方々のお出迎え。
テレビカメラもたくさん来ていた。
 
即座に7階催事場に直行。
 
image/2009-05-06T12:15:451
 
並ばずに入れたよ、早く来てよかった〜
カウンターに座り、待ち遠しく待つことしばし。
 
image/2009-05-06T12:15:221
 
カレー中華到着。
ちょっと到着が早すぎる気もするけど、まあいいや。
 
スープには豚肉、玉ネギ、人参、ジャガイモが入っている。
王道の家庭のカレーですな〜。
 
image/2009-05-06T12:15:001
 
太麺にもよく絡んで、おいしい〜。
チャーシューもごろっと入っていて、
あっという間に食べ終わった。
 
満足満足。
 
一つずつ離れた両隣のお客が、
それぞれカレー中華を携帯で音をさせながら撮っていたけど、
その筋の方かしらん。。。
 
 
さて、食べ終わったあとは催事でちょこっと目についたものを買って、
エレベータで各階を見て降りた。
あまり池袋三越には感慨もないし、
このあと仕事なので、そそくさと帰路についた。。。
 
 
 
感想など。。。
posted by ぼぶ at 13:49 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都豊島区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月31日

【95/'09】ホロトン 椎名町駅前店@椎名町(味噌らーめん)

訪問日時:2009/03/31 12:15

以前コメントをいただいた、sa55さんのおすすめで、
味噌ラーメンをいただきにホロトンに行ってきた。

一度強烈に振られての再チャレンジ。

image/2009-03-31T13:29:091

ほんとに駅前にあるんだね。
というか線路脇。

「幌屯」と漢字では書く。
札幌の「幌」だし、屯田兵の「屯」だし、北海道っぽいけど、
沖縄そばもある。

店はまずまずのにぎわい。
ほとんどの人が味噌を頼んでいた。

私ももちろん味噌らーめん。
ニンニクの有無を聞かれるので、私は抜きで。

image/2009-03-31T13:31:581(クリックで拡大)

カレーらーめん、惹かれるなあ。。

ふと壁を見上げると、、、

image/2009-03-31T13:31:321

担々つけめんあるのか〜
味噌つけめんはゆず入酢味噌味とな。
これも惹かれる。

到着。

image/2009-03-31T13:30:271

器が置かれたとたん、
どさん子のサッポロラーメンに似た香りが上がってきた。

王道の味噌ラーメンですね。

かといって古いありきたりの味ではない。
あっさり味のベーススープに甘すぎない味噌がマッチ。
麺をどんどん食べさせる。

でも、全体的にあっさりしているので、
これはニンニク入りでパンチを効かせた方がいいかもしれない。

肩ロースの脂身少ないチャーシューと
味玉はかなりおいしかった。

これで600円とはうれしい価格。
高速道が1000円くらい・・・・とまでは行かずとも、うれしいっす。

いい店ですなー。
近場にあったら、担つけ、味噌つけ、カレーを制覇してるでしょうね。


お店のデータはこちら


このあと、駅前でなか卯によったのはナイショの話。

image/2009-03-31T13:28:391

麻辣担々牛丼。
インプレッションはくいどうらく日記で。


感想など。。。
posted by ぼぶ at 14:46 | 東京 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | 東京都豊島区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月17日

【閉店】【302/'08】つけ麺屋 えるびす@池袋(王道の醤油つけ麺)

訪問日時:2008/12/17 12:30



えるびすの姉妹店として、つけ麺専門店が先月オープン。

なかなか評判がいいし、

スープ割りならぬ、粥割りという新たな試みに

大いに興味があり行ってきた。



お店は昼時でもあるし、

駅から至近の地代が高そうな場所だけにいっぱいだった、



券売機で「王道の醤油つけ麺 並盛り」を購入。



NEC_1046.jpg





券を渡したら、冷たい麺かあつもりか聞かれたので冷たい麺でお願いした。

すぐに座れて7分後くらいに到着。



NEC_1047.jpg



後から座った人に私よりも先に出てきてイラっとしたけど、

あつもりだと早く出るんだ、と納得。



納得したつもりだったんだけど、写真を撮り忘れて、

3口くらい食べて、卓上の天かすをちょっとかけたときに

思い出したときに撮った写真です。。。



昨日の忘年会で疲れていたみたい。。。



さて、このスープはいわゆる豚骨魚介なんだろうけど、

独特の味わいと香り。

これはいいですねえ。



麺だけ食べると、これまた独特の味がついている。

スープに浸していただくと、いい感じにするすると入ってくる。



スープの中にはメンマとチャーシュー。

メンマはちょっと残念な味。





チャーシューは小さいけど、

柔らかくてまあまあ。





卓上には玉ネギのみじん切りと、天かすがある。

玉ネギを途中で加えると味わいが少しマイルドになった。



で、天かす。

麺にかけてみたけど、これはいいね!



もともと日本蕎麦でもたぬきそばが好きなので、

天かすはもっとつけ麺やラーメンにもあっていいと思っていた。



スープにもたっぷり入れて楽しんだ。





そして、お待ちかねの粥割りタイム。



NEC_1048.jpg



一気にスープにIN!

これはなかなか面白いアイデアだ。

ライスを投入すると、ご飯がすぐに柔らかくはならないし、

茶漬けでなく、おじやが好きな人にはこれはおすすめですな。



天かすも追加で。



ウ(゜∀゜)マ〜〜〜!!!!



ポットに入ったスープも加えていろいろ変化が楽しめるし、

えるびすとはまた違った感じでこの店は気に入った。



あと2種類のつけ麺もがぜん気になった。



お店のデータはこちら





感想など。。。
posted by ぼぶ at 20:18 | Comment(0) | TrackBack(1) | 東京都豊島区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする