2008年10月09日

【閉店】【239/'08】麺屋 いっこく@大山(中華そば)

訪問日時:2008/10/09 12:40
 
HEROに続いて、予定のいっこくへ。
 
かなり前だけど、ドチャメンテ・コチャメンテさんから
コメントをいただいて、こちらの辛ジャンつけめんをお奨めいただいていた。
 
ずっと頭にあったのだけど、
なかなかやはり来られずにいた。
でも、この店、塩と醤油も評判いいんですよね。。。
 
店に入ったら、先客1名のみ。
 
あれ。
 
駅前通りだし、もっと混んでるのかと思った。
でも、あとから結構入ってきたけど。
 
メニューを見て、
 
NEC_0817.jpg NEC_0818.jpg(クリックで拡大)
 
色が黒いという醤油、すなわち中華そばを注文した。
 
フロア係のスタッフは、奥に
 
「はい、大山いっちょう!」
 
と指示していた。
 
そして、
 
「お待たせしました。大山です」
 
と登場。
大山っていう愛称らしい。。
 
NEC_0819.jpg
 
おお!
醤油色の濃いスープ。
写真よりはもっと黒い印象だった。
でも、富山ブラックの2歩くらい手前の好みの色合いだ。
新福菜館くらいの色かな。。
 
スープはやはりコクのある醤油味。
思った通りジャストミート。
あっさりしすぎてなくて、こういうの好きなんだよな〜。
 
麺は中太の平打ち。
もっとりとしたコシがあり、これまたおいしい。
 
チャーシューは癖も、インパクトもそれほどないけど、おいしい。
メンマは厨房で味付け中だったけど、
これも癖無くおいしかった。
 
ふー、満腹だあ。
とマイ箸を置いたら。
 
「洗います!」
 
とスタッフが来て洗ってくれた。
ありがとうございます。
 
今度は辛ジャンつけめんだな。
 
 

お店のデータはこちら

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

 
 感想など。。。
posted by ぼぶ at 15:25 | Comment(2) | TrackBack(0) | 東京都板橋区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【閉店】【238/'08】つけ麺 HERO's@常盤台(つけ麺)

訪問日時:2008/10/09 12:00

9月20日に開店したつけ麺店。
と言っても夜は焼酎居酒屋になるらしい。

元から居酒屋はやっていたのかな?

NEC_0816.jpg

お店の中は居酒屋営業で使うテーブルは隅に寄せられ、
奥のカウンター5席とテーブルが2卓。

若いご主人と男子スタッフの2人体制。

居酒屋がメインのようで、
ランチメニューはこれだけ。

NEC_0814.jpg

つけ麺を注文した。
麺は浅草開化楼から仕入れている。
ちぃ麺らしい。

やがて到着。

NEC_0815.jpg

説明する前にどんな味かわかってしまうような外観。
主流の豚骨魚介タイプ。
でも、それほど濃厚ではなく、
どちらかというと、油が少ない分、あっさり感がある。

麺は慣れた味。
文句なしにおいしい。

スープの中にはメンマ、と角切りチャーシュー。
メンマがちょっと塩辛いかな。。

スープ割を奨められましたが、
連食予定なのでお断りした。
そのまま飲んでもおいしいスープだったし。

全体的に欠点がないので、
ご近所さんには流行るかも。
でも、近くの航海屋は並んでたな。。。

 
お店のデータはこちら

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

 
感想など。。。
posted by ぼぶ at 14:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都板橋区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月21日

【移転】【98/'08】破天荒@新板橋(汁のない担々麺)

訪問日時:2008/04/21 12:30

サイトで見かけた店で、気になっていた。
汁なしが人気と聞いたので、それねらい。

NEC_0291.jpg

川越街道沿いにあり、
奥と隣はコインパーキングなので、
ここだけ取り残されたようなたたずまい。。。。

店内は5分の入り。
カウンターに座り、メニュー確認。

NEC_0288.jpgNEC_0290.jpg(クリックで拡大)

色が白くて可愛らしい女子スタッフさんに、
予定通り、汁のない担々麺、を注文した。
ランチタイムサービスのライスももちろん。。

この女性スタッフさん、店主さんによく似てる。
雰囲気から見ても、お嬢さんでしょうね。
なかなかいいコンビです。

やがて到着。

NEC_0289.jpg

具が豊富だね。
よく混ぜていただきます。

花椒の香りがリッチで、辛さもほどよく、
好みの味わい。
これ、うまい。。

キャベツももやしも必須に思える。
麺がちょっと弱いけど、
これにはこれでOK。

途中で、酢を加えたら、
味がかなり変わった。
油っぽさがなくなった、というか。。
よりおいしくなったよ。

最後は肉味噌を多めに残して、
ライス割り。
これ最高です!
ライス割りをしたくて食べてもいいくらい。
麺の量は割合少ないし、大ライスでもいいかもね。

かなり私には不便な場所だけど、
是非また来たいものだ。
お嬢様にもお会いしたいし。。。(^^;


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。

追記
posted by ぼぶ at 20:36 | Comment(2) | TrackBack(0) | 東京都板橋区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月10日

【移転】【297】龍神@大山(和風カレーつけめん)

訪問日時:2007/12/10 12:20

大山の麺処 田中屋さんの記事を書いた時に
ドチャメンテ・コチャメンテさんから勧められた店。

なんか最近こちら方面に行くことが多いので、行ってきた。

店の前に着いた時、
「ああ、ここか!」

と思った。
車の中から存在は確認していたが、
外観がそそらなかった。。。(^^;

店内に入ると先客4名。
みんな常連さんっぽい。
後から3名が入店してきたが、

その都度店主が

「いつものでいいの?」

と。。。(^^;

常連土着型のいい店ですな。
店主も独特の雰囲気だけど、
明るくていい感じ。

メニュー。

NEC_1984.jpgNEC_1983.jpg(クリックで拡大)

いろいろありますな。
私は推薦通り和風カレーつけめんを注文。

壁には

「自家製麺のため、茹で時間が5分ほどかかります」

との張り紙。
自家製麺じゃなくても茹でるのに5分かかる麺はある
つっこみはさておき、
自家製麺だったんですね。

先に隣人にきた、たまごめんがおいしそうだった。
和え麺系なのかな?

6分後到着。

NEC_1985.jpg

なんかさ、すばらしいビジュアルじゃないです?
麺の下には、若干のスープが沈んでる。
それだけで、まず引き込まれる。

麺は自家製麺を唄うだけあって、
コシがあり、むちっとしたもので、
香りもよく、かなりおいしい。
これ和え麺系にとってもいいでしょうね。

スープはさらっと、和風スープカレーと言った感じ。
でも、これはうまい!
やや甘めの特製があるが、
辛味もほどよく、麺との相性もかなりのもの。

キャベツともやしのゆで野菜もゆで加減がばっちり。
スープとよく合う。

チャーシュー代わりの甘辛に煮た豚の薄切りがまた、
おいしいわ。
ご飯のおかずにしたい。

スープ割りも感飲してしまった。

いや、満足でした。
たまごめん、気になるけど、どうしようかなあ。
まだこの周辺には宿題店あるしな。。。

 
 
お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。



 感想など。。
posted by ぼぶ at 22:11 | Comment(2) | TrackBack(0) | 東京都板橋区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月27日

【閉店】【'09/12/29「あまみ屋」に店名変更】【286】麺舗十八@大山(東武東上線)(つけそば)

訪問日時:2007/11/27 12:50



田中屋さんのあと、歩いてこちらへ。



NEC_1955.jpg



ちょっとわかりづらい場所にあるので、迷った。


駅前から細い飲み屋の路地を抜けていったらたどり着いた。



池袋の麺補十六の姉妹店。


「十八」は松坂の背番号に由来すると聞いた。


ちなみに「十六」はドジャース時代の野茂英雄の背番号らしい。


脈絡はわからないけど、熱烈なファンなのか、


アメリカでも通用するラーメンを作りたいのかな???(^^;


次の店は五十五か?。。( ̄∀ ̄)




メニューはこちら。



18.jpg(クリックで拡大)



十六にもあったB麺なる油そばも気になるけど、


なんとなく、つけそばを小で注文。



ちなみにB麺はマッハさんが実食されている。


なかなかおいそそうです。




さて、カウンターには「太麺のため、時間がかかる」旨の貼り紙がある。


お隣の老夫婦はじっと店主の所作を無言で見つめていた。


なんか、怖い、ヽ(;´Д`)ノ



十分後到着。



NEC_1954.jpg



ありゃ、かなり少ない。。。


とか思ってメニュー表を見たら、


茹で上がりの重さだった。



十六での表示は茹でる前と思ったけど。



まあ、いいっす。


2軒目なので私にはありがたい量。



自家製麺はつるつるしこしこで喉ごし良く、いい感じ。



十六のスープは、


ゲンコツ、鶏ガラ、豚ガラ、モミジなどを寸胴で5時間煮込み、


豚骨と煮干し・昆布・カツオ節ベースの2種類を合わせたというものだったが、


こちらも大差ないと思われる。



ただ、ちょっと甘めの仕上がり。



チャーシューは柔らかいものがごろごろ入っていて、


これだけでも満足。


このチャーシューでご飯を食べたくなる。。。



最後はスープ割りをしてもらって、ごちそうさま。



感じのいい、奥様?とお二人でがんばってください。


いずれB麺をいただきに来ます。



∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞


2009年12月29日に「あまみ屋」に店名変更。



あまみ屋情報はぼぶのラーメン店DATAで。



感想など。。
posted by ぼぶ at 15:21 | Comment(4) | TrackBack(2) | 東京都板橋区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【閉店】【285】めん処 田中屋@大山(東武東上線)(醤油つけ麺)

訪問日時:2007/11/27  12:10

負死鳥カラスさんのブログで知った店。
この辺は宿題店が増えた。
一気に消化するために行って来た。

浅草開化楼の麺を使っており、
スープは独学ながら、
レベルの高い動物魚介らしい。

店内は8席のカウンターのみ。

メニューはこう。

NEC_1952.jpg(クリックで拡大)

おしぼりと水を持ってきてくれた女性に、
醤油つけ麺を並で頼んだ。

どちらかというとつけ麺の店で、
寒い間はらーめんもあるらしい。

店はあっという間に満席になった。
いわゆるフリークっぽい人はいないので、
地元民でしょうな。
人気があるんだね。

6分後到着。

NEC_1953.jpg

この写真だとわかりづらいけど、
麺に茹で野菜(もやし、にんじん)が乗っている。
ちなみに小盛(150g)にすると、野菜ましがサービス。

どこかの情報ではこの茹で野菜が取り放題と
あったけど、その形跡はなかった。
夜にやっているのかは不明。。。

麺は食べなれたちぃめん。
がっしりして、相変わらずおいしい。

スープはやや濃厚な動物魚介。
魚粉も表面にちりばめられている。

流行のタイプながら、独自の味でなかなかおもしろい。
うまく表現できないが、
麺を次から次へと食べさせるパワーあるスープ。

茹で野菜がアクセントになっていい。

チャーシューは柔らかく、
独特の風味がしてこれまたおいしい。

いい店ですね〜
らーめんもよさげだし、
味噌つけ麺がまたおいしそうだったな。。。

独学と聞いたが、参考にした店があるに違いない。
あそことあそことあそこかな。。。(^^)

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
感想など。。
posted by ぼぶ at 14:44 | Comment(2) | TrackBack(1) | 東京都板橋区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月12日

【閉店】【272/'07】麺屋 零式本店@板橋区役所前(伝家零式つけそば)

訪問日時:2007/11/12 12:30

カレーつけ麺があるとの情報をもらって、
いろいろ調べたら、何やらすごそうな店なので行ってきた。

店は住宅街に佇んでいた。

NEC_1911.jpg

店内は満席だったが、
タイミングよく、数名がずらりと退店していった。
ラッキー。^^

L字型のカウンター9席の構成。
座って、メニューを眺める。

NEC_1907.jpg  NEC_1906.jpg(クリックで拡大)

どこにも「カレー」の文字がない。。。゚(゚´Д`゚)゚。

それにしても複雑なお品書き。
どれにしたらいいかかなり迷ったが、
壁に貼られた貼り紙と石神本のコピーを見て、
伝家零式つけそばに決定。

周りの客はみんな慣れた感じで待っているし、
こういうとき、所在ない。

注文を告げると、店主が言った。

「麺ゆでは次の次になりますが、いいですか?」

勢いで「ハイ」と答えたが、
その後、こんな貼り紙が。。。

NEC_1908.jpg(クリックで拡大)

Σ( ̄□ ̄;) え・・・
ってことは15分+15分=30分待つってこと?

ま、しゃーない。
雑然と積まれた雑誌を手にのんびりと待つ。

大勝軒まる一の開店の貼り紙があったが、
直接の関係があるのかな?
大勝軒の器があったりしたので、
無関係ではないのだろう。

あと、うどんメニューの貼り紙もあった。
割烹料理屋にも手打ちうどんを卸しているとのこと。
かけそば、つけそば、らどんなどがあるが、
らどんとは、うどんのかえしをラーメンスープで割ったものとか。
なんか面白そう。

そして、30分を越えた頃、、、、

ドーン!!!

NEC_1909.jpg

うはー、すげーや。
麺の量は400g。。。
食べられるかな。。。ヽ(;´Д`)ノ

スープはおとなしめに登場。

NEC_1910.jpg

濃厚な動物魚介。

さっそく、やっつけにかかる。
「やっつける」という言い方がマッチしていると思われ。。。

スープはかなり濃厚。
まあ、これはよくあるタイプだけど、
麺がこりゃ、怪物だ。

極太で固いが、もっちり感もあり、しこしこ感もあり、
香りもよく、おいしい!

濃厚なスープも負けそうなほど。

まずは野菜類から片づけるが、
いい茹で具合ですな〜
麺と一緒に頬張るとなんとも言えずおいしい。

チャーシューは豚の細切りと
鶏のほぐしたものが乗っている。
このほぐし鶏が徐々にスープに混ざっていくと、
さらに濃厚な感じになっていく。
この変化は楽しい。

細いタケノコも面白いし、
うずらの味玉も面白い。

かなりおなかも膨らんだ頃、
麺の器の下部にスープが現れた。
味わってみると、和風出汁のスープっぽい。
こういうのってうれしいですな。

最後は極限満腹状態だったので、
スープ割りは頼まなかったが、
麺の器の底に残ったスープを使って、
レンゲの中でスープ割りをすませた。。。(^^;

かなりのインパクトあるつけ麺。
満足でした。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。


 
 感想など。。
posted by ぼぶ at 15:43 | Comment(5) | TrackBack(0) | 東京都板橋区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月17日

【閉店】【171/'07】麺屋 騎士@常盤台(醤油ラーメン)

訪問日時:2007/07/17 12:40

今年の5月7日開店なので、
新店レポートにしてはかなり出遅れたが、
とにかく行ってきた。

出遅れた理由は遠い、と言うことだけでなく、
この店主の出身店、道頓堀は未訪問だから。
まずはそっちへ行ってからというのが、
筋だと思うのだが、いかんせん遠かった。。

まあ、同じ東京23区だし、遠い遠いを連発しちゃ
いけませんやな。

200707171258000.jpg

おしゃれできれいな店構えですね〜
生理的に一目で気に入った。

店内は広くて明るい。
打ちっ放しで天井も高く開放感がある。

向かい合ったカウンター2列にテーブル席もある。
厨房内はご夫婦ですよね。
かわいらしいご嫡男も一緒にお出迎えしてくれた。

メニュ。

200707171245000.jpg

醤油ラーメンを注文した。

先客は3名いたが、すぐにいなくなって一人になってしまった。
(出る頃には2名入店)

なんか、落ち着いた店主のさばき。
表情も柔和だし、安心感がある。

4分後到着。

200707171248000.jpg

魚介系のいい香りがあがってくる。
しかして、スープは魚介系が強めのあっさりスープ。
動物系が大人しめだけど、
このくらいのバランスが魚介系が生きるのではないだろうか。

おいしいね〜
中ストレート麺は自家製麺らしいが、
ぷつっと切れるもので、好み。
最後までそれほどヘタれることもなく、いい感じ。

チャーシューがまたうまいすね。
メンマもうまい。

途中で思い出した。
ここはワカメがおいしいはず。

200707171251000.jpg

快く暖めて出してくれました。
実はワカメは好きだけど、
ラーメンには合わないと思っている。
でも、このワカメはやはり極上品かもしれない。
安っぽい磯臭さは全くないし、
歯ごたえが抜群。
酒のあてにしたい感じ。

いやー、おいしかったです。
新店ながら、風格みたいなものを感じました。

退店するときに、
ご嫡男の

「ありがとうございましたぁ・・・」

という小さな声がかわいかった。
いずれお父さんを越えるラーメン屋になるのだぞ。。

 
 
お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。

感想など。。
posted by ぼぶ at 15:41 | Comment(7) | TrackBack(1) | 東京都板橋区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月07日

【閉店】【112/'07】らあめん 菜な笑[ナナエ]@志村坂上(らぁめん)

訪問日時:2007/05/07  13:00



愚直に続いてこちら。

「ななえ」と読む。

ずっと「ななわらい」だと思ってた。



消防ポンプのメーカーである

「トーハツ興産株式会社」が経営するお店だそうな。

隣接するイタリア料理「プチアーナ」も同じ経営ですって。。

以前は「ラーメンあずま」。その後、「大成食品」の開業支援を受け、

2003年11月に「菜な笑」として開店。

その後、2004年6月に味をリニューアルしたという。



板橋区はあまりなじみがないので、

一気に2軒制覇しよう、ってことでやってきた。



病院の目の前にあるし、店は適度に混んでいる。

変則的なカウンターが2ヶ所11人、

2人がけテーブルが4つ、

計19人が座れる。



メニュー構成はこんな感じ。



NEC_1444.jpg

NEC_1445.jpg(クリックで拡大)

  

めっちゃ、きれいなおねえさまが注文を取りに来て、

まいあがった。(@^^@)



やや迷って、らぁめんを注文。



3分で到着。早いな。



NEC_1446.jpg



細麺なので、早いのですな。

最初の開業当初は麺彩房によく似ていたらしいけど、

これはあっさり和風。



スープはそばつゆのよう。

いい感じのスープですなあ。

あとをひくようなやさしさ。



動物系にうるめ、鰹節、鯖節などを合わせてある。

厳選された素材のみを使用とか。

表面にはラード、鶏油が適度に浮く。



麺は縮れの強い細麺。


ちばき屋のような食感。


大成食品のものだろう。結構おいしい。




チャーシューは柔らか、うま〜(^^)




半熟とろとろの味玉も半分付いて


600円とはお得なり。




この手の細麺であっさりスープだと、


残ったスープが結構塩辛く感じてしまう。


縮れていても、あっさりスープがなかなか乗ってこないので、

その分塩分が濃いのか。


バランスが微妙なところ。


飲み干すには至らなかった。


でも、充分満足。





お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。




感想など。。
posted by ぼぶ at 16:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都板橋区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【111/'07】愚直@中板橋(つけ麺)

訪問日時:2007/05/07 12:20
 
愚直:
正直すぎて気のきかない・こと(さま)。馬鹿正直。
(大辞林より)
 
ずいぶんとへりくだった店名だけど、
店主の思いとか、人となりが伝わるような、
結構いい名前に思う。
 
NEC_1443.jpg
 
店は川越街道沿いでわかりやすい。
まわりにコインパーキングも目立つ。
 
こちらは先月(2007年4月)5日にオープンした店。
店主は浅草の弁慶出身とのこと。
1月にオープンした足立区の颱も弁慶出身だった(未訪)。
 
それに、旧ポクポクポクチン@日吉をしめたあと、
そのご主人だったうまかつさんが、
最近、八千代市のra2に勤め始め、
「義経」なる弁慶インスパイアを開発したらしい。
 
お店以外のところで、何かと話題に上がる弁慶ですが。。
 
さて、こちらは弁慶とはスタイルが異なり、
濃厚な豚骨ラーメンと和風なつけ麺の2種類。
麺もそれぞれ違うし、自家製麺ときいた、。
 
店内は先客2名(後は2名)。
店主1人で一生懸命動いている感じ。
 
NEC_1441.jpg
 
つけ麺を注文。
 
6分ほどで到着。
 
NEC_1442.jpg
 
平打ちの麺はもっちりしていて、
しっかりした味わい。
いい味してる。
 
表面に浮かんだ赤い物体は、
麩みたいなもの。
かりっと面白い食感。
 
スープの味付けにはザラメを入れていたが、やはりちょっと甘め。
節系が濃く香る、和風濃厚豚骨魚介といったところ。
ただ、ちょっとバランスが悪いのかな。。
動物系のエグ味みたいなものを感じた。 
 
麺を食べるにはいいけど、
割って飲むには、ちと胃にきついかなと思ったのでやめた。
 
チャーシューは麺の上にスライスされたもの、
スープの中に刻まれたものが入っている。
スライスされたものはちょっといだだけない。
青葉インスパイア店で時々出会う、
柔らかいけどちょっと変な香りってやつ。
スープの中の刻みの方は素直においしい。
 
らーめんは細麺みたいだけど、
再訪はもういいかな。。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。


感想など。。
posted by ぼぶ at 15:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都板橋区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする