2006年01月17日

【11/'06】カネダイ@白河(拉麺)

訪問日時:2006/1/17 12:00


関係の工場が白河にあるので、

時折出張してはラーメンを食べることにしている。

っていうか、ラーメン店を選ぶことの方が

思考が先だったりする。(^^;


なわけで、カネダイへ。

超らーめんナビでもおすすめの店。

白河のラーメン屋さんはたいがいそうだが、

駐車場が信じられないくらいでかい。(*_*)

ここいらの人は車が生活手段ってこともあるのだろう。


で、難なく停めて入店。

すいているようでラッキー。

靴を脱いであがる。

ふつうの家に入るみたいだ。

広間みたいな部屋の障子を開けると、

座敷にテーブルが6台。

6分の入り。

すぐにおばちゃんが水を持ってくる。

メニューは


NEC_0464.JPG


という潔さ。

部下と2人なので、ラーメン2つと餃子1つを注文。

ところで餃子って、5個入りのことが多い。

2人で行ったときに頼むと、たいてい遠慮の固まりが残る。

でも、ここは6個入り。

これだけで良心的と感じた。


NEC_0463.JPG


これで500円?

すごい具の種類。

半ライスもサービス。

デザートにところてんまでついている。


ラーメンにはなんとフカヒレが小さいが煮こごり状態で入っている。

まずはスープから。。。うーん、うまい。

白河系とはちょっと違うかもしれないが、

深みがあるうまさ。

麺はやや太めの白河特有の手打ち。

これがまたうまい。

チャーシューやメンマもおいしい。

筋煮みたいな肉もいい(これご飯にめちゃ合う♪)。

ネギの豆板醤和えもいい味出している。


餃子がまたうまい。

小さめサイズだが、きっちり2人で3個ずつ。

すっきり気まずい空気なし。


まいったなー。

餃子もラーメンも普通の半分の値段だなあ。

コストパーフォーマンスは最高だと思う。


満足だあ。白河はいい街だ。





お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。

評価&データです
posted by ぼぶ at 23:05 | Comment(2) | TrackBack(1) | 福島県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月12日

【223】かまや食堂@須賀川(煮つけ玉子入り中華そば)

訪問日時;2005/12/12 12:20


須賀川の近くまで行ったので超らーめんナビで検索。

ヒットしたのがここ。

北島達人が「究極の醤油ラーメン」と称していた。

迷わず、ゴー!

着いたら駐車場があった。

こういう郊外店は駐車場があるケースが多いので助かる。

でもいっぱいだった。

となりの理容室のスペースに停めちゃった。( ̄Д ̄;)


店は満席。

ほぼ常連さんっぽい。

煮干し系の香りが充満していて、癒される。

システムが解らずに前の客に続いて立ちすくむ。

したら、あとの客が空いた席に座ってしまった。

あれ?立ち待ちじゃないんだ。

あたふたしていたら、店員さんが「ご注文は?」

ここぞとばかりに「煮つけ玉子入り中華そば」を注文。

で、あいていた席に相席で座る。

メニューをしげしげと見るとそばとうどんもある。

何でも150年続く店だとか。

5代も続くなんてすごい。


出てくるまで結構時間がかかった。

笑っていいともが終わってしまった。




おお!これはいい。一目惚れだ。
画像なし

スープは梅乃家に煮干しや節系を足した感じ。

動物系の香りはあまりしない。

タレはチャーシューの煮汁っぽい。

東京にはないタイプかもしれない。

麺は中の縮れ麺。加水適度でスープによくからむ。

チャーシューはご機嫌のうまさ。

ちょっと小さいがこの値段では文句は言えない。

煮つけ玉子が抜群の茹で加減と味のしみ具合。

味が濃くなく、スープのじゃまをしない。


いやー、行って良かった。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。


.
評価&データです
posted by ぼぶ at 21:05 | Comment(6) | TrackBack(2) | 福島県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月17日

【205】とら食堂@白河(2代目の味 業)

訪問日時:2005/11/17 12:15


白河は行きたい店がたくさんあるのだが、

ここは一度は行っておかないとと思っていた。

近くまできたので、ついに訪問。

めちゃくちゃわかりづらいのね。

国道から矢印に従って入ってもすぐにはわからなかった。


店の前は5人ほどの行列。

ほどなく店内まで進むことはできたが、、、。


広い店内。50席もある。

そのほとんどの客が食べていないのが不安。

まあこれくらいの時間はしかたないでしょう。


ワンタンメンにしようと思っていたが、

「2代目の味 業(わざ)」という壁のメニューに目を奪われた。

後で知ったのだが、レギュラーメニューとは麺が違う。

手切りをしているので、太さがまちまち。

チャーシューも炙った物がプラスされている。


12:45にやっと到着。


NEC_0378.JPG


麺の食感はぷりぷり、つるつるとたまらなくおいしい。

スープはちょっと醤油の角が立っている。

コクはこのくらいなのかな。。。


炙った方のチャーシューもそうでない方もかなりおいしい。

煮玉子も半熟でちょうどいい味付け。

やっと白河ラーメンのルーツに触れ、満足。


お店のデータはこちら


∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

感想など。。
posted by ぼぶ at 17:08 | Comment(7) | TrackBack(2) | 福島県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月01日

【閉店】【192】喜楽@白河(しょうゆラーメン)

福島出張、一夜明けて、今日こそは昼に食うぞ。

白河はこれから来る機会が増えるので、一軒一軒つぶしていこう。


超らーめんナビで達人オススメの白河駅周辺を見ると、

カネダイ、喜楽、すずき食堂、とら食堂の4軒が出てくる。

今日は元フレンチシェフが開いたという「喜楽」へ。

店は国道沿いにあり、駐車場もあり広い敷地。

店内も広い。

フランスではスープはもてなしの料理なのでスープにこだわった

旨が書いてある。

テーブルごとに自己紹介と蘊蓄が書かれたファイルがあった。

それによると、店主は地元生まれで、赤坂プリンスホテル、

地元のリゾートホテルで計20年間フレンチレストランを経験し、

昨年ラーメン店を開いたらしい。


しょうゆラーメンを注文。


NEC_0347.JPG


麺は手打ちをあきらめ、切るだけをやっているということで、

不揃いな切り方を書面でわびていた。

しかし、それもまたいい。

白河系らしいコシのある食感でとってもおいしい。

スープもコンソメを連想させるような味わいでこれもまた絶品。

一緒に行った、醤油ラーメンしか食べない弟も絶賛。

チャーシューが炭火焼きで、ローストポークとも言える味わい。

完食!うまかったー。


ので、店主と立ち話をした。

スープは白河系には透明スープ。

店主が好きだという味噌には豚骨白湯とのWスープを使用しているとか。

Wスープで醤油味はできないかと、聞いたところ、

出来るには出来るしおいしいとは思うが

地元では濁った醤油ラーメンは流行らないとのこと。

なるほど、やはりここは白河だな。

でも、味噌はあまり食べないのだが、ここの味噌は食べたいと思う。


店主のこだわりを感ずるラーメンだった。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。


評価&データです
posted by ぼぶ at 21:51 | Comment(1) | TrackBack(0) | 福島県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【191】あじ平@新白河(醤油ラーメン)

福島へ出張。
昼はラーメンを食べられず3麺休でいらいらがつのった。
夜も飲みで食べられず、1人で締めに行った。
白河系のラーメン店は夜遅くまでやっているところが少ないので、
地元の人にリサーチ。
新白河駅のそばの「あじ平」ならまあまあいけるのではないかと
いう情報が得られた。

行ってみたら天下一の品揃えみたいだった。
11時だが、まずまずの入り。
後で知ったが、味噌がおすすめらしい。
つまり白河系ではないってこと。
なんとなくがっかり。
醤油ラーメンを注文。
炒め野菜と揚げネギが乗っていて、525円で安い。
CPはいいし、そこそこおいしいが、期待していたものと違った。
ま、いいや。久しぶりのラーメンで満足。

評価&データです
posted by ぼぶ at 21:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 福島県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月26日

【127】あずま食堂@白河(ラーメン)

NEC_0264.JPG


ゴルフ場で食べた冷やし担々麺が不満だったので、

口直しに行ってきた。

ここは南湖というきれいな湖があるところで、ラーメン屋が3軒

並んでいる。


店に入ると巨大な食堂という感じ。

はやってるなあ。

ラーメン500円を注文した。

混んでいたので15分ほどかかったが、それほどのストレスもなし。


見るからに白河系。

でも、苦手なワカメが入っていた。

私はワカメともやしはラーメンに必要ないと思う派。

ワカメの周りのスープはほのかに鉄分臭くなる。

ま、栄養にはいいのだろうが。

もやしは嫌いでないが、ラーメンにはじゃま。

麺を箸でつかむとき、一緒にもやしが入ってくると、

もやしの太さよりも細い麺は滑り落ちるんだよね。

だから、私はもやしは先に食べてしまう。


閑話休題。

スープはあっさり系。

麺はコシのある平手打ち。これはとってもおいしい。

チャーシューは自家製炭火焼き。これもいい。

とら食堂よりもあっさりという感じでした。



お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。



評価&データです
posted by ぼぶ at 17:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 福島県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月12日

【99】松食堂@喜多方(ラーメン)

NEC_0073.JPG
訪問日:2005/6/11
所在地:福島県喜多方市字細田7230
実食メニュー:ラーメン550円
他のメニュー:チャーシューメン
スープの種類:豚骨+鶏+野菜
麺の種類:中太平縮れ
具:チャーシュー、ねぎ、メンマ、
スープの余韻:△
チャーシュー評価:◎
メンマ評価:○
再訪問希望度:×
完食したか:×
総合評価:☆☆☆☆

コメント:
さゆり食堂のあと、はせ川に行ったが超行列中。
時間がないのでやむなく、中心地へ戻り、迷った挙げ句松へ。
タクシーの運転手さんには一平を薦められたが、何となくこちらへ来てしまった。
となりの坂内は行列していたが、味が予想できるので最初からパス。

やがて来たラーメンはビジュアルが第一旭@京都に似ている。
スープもかなり似ている。
麺は柔い喜多方という感じ。
チャーシューはかなりうまかった。
ただ、さゆりさんのインパクトが大きく、こちらがあとになったのは失敗。
でも、私は第一旭好きだし、ここも好き。

あとでいろいろ調べたら、もっと行ってみたいところがでてきて
困ってます。。。バッド(下向き矢印)
続きを読む
posted by ぼぶ at 23:30 | Comment(2) | TrackBack(1) | 福島県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【閉店】【98】さゆり食堂@喜多方(チャーシューメン)

※2015/10/12閉店

NEC_0072.JPG
訪問日:2005/6/11
所在地:福島県喜多方市清水が丘1-11
実食メニュー:チャーシューメン750円
他のメニュー:ラーメン500円、ラーうどん550円
スープの種類:大勝軒風
麺の種類:中太平縮れ
具:チャーシュー、ねぎ、メンマ、なると
スープの余韻:◎
チャーシュー評価:◎
メンマ評価:◎
再訪問希望度:◎(遠いけど)
完食したか:○
総合評価:☆☆☆☆☆

コメント:
福島旅行の祭、部下を伴い二人で行脚。一軒目は一番行きたかったここ。
11時50分着で待ち客0。ラッキー!
店にはいると煮干しのいい香りが充満している。
私の五感をくすぐる、最も好きな臭い。
食べる前からもうわかる。おいしいに決まってる!

ほどなく到着したどんぶりのビジュアルは見事。
スープを一口。大勝軒風と書いたがかなり違う。
煮干しは店の臭いほど主張してこないが、バランスの点では
このくらいでないと、喜多方のカテゴリーをはずれてしまうのかも。
しかし、抜群のバランス。部下と思わず「うまいなー!」と目を合わせてしまった。
3枚肉のチャーシューも最高。

ラーうどんなる、ラーメンのスープにうどんを入れたメニューが気になった。
いやーまた来たいです。
posted by ぼぶ at 23:13 | Comment(0) | TrackBack(2) | 福島県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月25日

【88】英@白河(ラーメン)

NEC_0058.JPG

訪問日:2005/5/23
所在地:白河市二番町6
実食メニュー:550円
他のメニュー:タンメン、ミソタンメン、つけめん
スープの種類:とら系
麺の種類:白河手打ち
具:チャーシュー、ねぎ、メンマ、のり、ゆで玉子、なると

スープの余韻:◎
チャーシュー評価:◎
メンマ評価:○
再訪問希望度:◎
完食したか:○
総合評価:☆☆☆☆☆

コメント:
白河訪問の宴会後のしめに、タクシー情報で行った。
この辺の人はほんとにラーメン好きが多いみたいだ。
で、ラーメン。
見た目とら系らしく、色が濃いがスープはコクがあり、
あっさり。
麺は白河手打ちの平打ち縮れ麺。
チャーシューもおいしく、白河ラーメンを堪能した。

玉子が薄切りで残念だたったが、大した問題ではない。
これからの白河巡りが楽しみだ。

posted by ぼぶ at 22:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 福島県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする