2024年05月09日

ラーメン 一䤚@長原(家系ブラック)079

訪問日時:2024/05/09 11:38

環状七号線、夫婦坂交差点に
突如新たな店が出現した。


5月2日OPEN、
ラーメン 一䤚
「䤚」の字は変換したことも
書いたこともなかった。
すもも の意味なんだね。

食べログによると、こちらの店主さんは
吉村家系列?の八正家(閉店)の出身で、
なおかつ、三軒茶屋の「カレタン!!」でも、
勤務経験があるとのこと。

店頭の券売機の上に商品の写真。


基本の家系、ピリ辛の家系レッド、
黒マー油入りの家系ブラック、
それにニュータンタン系のタンタンメンがある。

券売機にて、


まずは基本かな、と思いながら、
家系ブラックを購入した。

店に入ると7席のカウンター、
小上がりの4人卓×4。

セルフで水を汲んで
一番手前に着座。

調味料類は、黒胡椒、酢、ラー油、揚げねぎ、
おろしニンニク、トウバンジャン、
揚げねぎとは珍しいね。


チケット回収の際に好みを聞かれて、
すべて普通でお願いし、サービスライスも
お願いした。

前身の中華料理店の全くの居抜きのようだ。
厨房の壁は黒く焦げていたりして、
新店とは思えないな。。。

3番目で7分後到着。


チャーシュー、ねぎ、ほうれん草、海苔と
見慣れたものが乗っているんだけど、
見た目は大きく違和感がある。


マー油が一面を覆い、
まさしく家系ブラックの名の通り。

スープは醤油しょっぱく、やや濃厚で、
それに香り高い黒マー油。


これは、、、うまい。。。

やや、柔めの麺をずずいと、、、



ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!


いいよ、これ。
家系の域を脱していないし、
キワモノでは決してない。
一昨日のラーメンと少しかぶるけど、
味わいは全く違う。
とても美味しい。

揚げねぎを入れてみた。


マー油の香りに消され
あまり効果を感じなかった。

サービスライスは山盛りだ。


チャーシューは噛み切り易く、
味もナイス。


ライスのおかずとしては味は薄いけど、
充分楽しめる。

麺も良きおかず。


ライスにはトウバンジャン、
揚げねぎ、胡椒をかけて楽しんだ。

麺と具がなくなってから、
マー油をよけてスープを飲んでみると、


基本の味がよくわかった。
これはデフォルトの家系も美味しいに決まってる。
隣人のタンタンメンもおいしそだった。


お客は常に出入りしていて、
小上がりも使われている。
周囲に美味しいラーメン店は少ないので、
人気は出ると思われる。

また来てみたい。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。




感想など。。。
posted by ぼぶ at 18:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都大田区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年05月07日

なんつッ亭 戸越銀座店@戸越銀座(らーめん)078

訪問日時:2024/05/07 11:15

なんつっ亭が戸越銀座にやってくる、
と聞いたときはにわかには信じられなかった。
でも、そう言えばなんつッ亭は2022年12月に
せい家に買収されていたんだった。
せい家ならこの城南地区に進出も納得。

なんつッ亭も一時は10店舗くらいあったけど、
その買収時は秦野本店と川崎店、
タイ店、シンガポール店の4店舗まで縮小していた。
昨年町田に久々にできたなあ、と思っていたけど、
せい家の仕事だったのだね。

戸越銀座店はすし三崎丸の跡地。
明るくリノベーションされている。


「うまいゼ ベイビー」か、
懐かしいな。
昔秦野の大行列に並んだことを思い出す。
それからいろいろなところで食べたなー。

券売機で、


基本の黒マー油のらーめんと
豚まんまを購入した。

L字型カウンター9席、
2人卓×1、4人卓×2。

卓上にもメニューあり。


しかし、今どき安いよね。
ラーメンと豚まんまで1000円切るからね。

卓上調味料類は、唐辛子、ラー油、
酢、醤油、黒胡椒。


5〜6番目で5分後到着。


オペレーションは慣れたもの。
せい家で培ったノウハウか。。

懐かしのビジュアル。


スープは豚骨マー油。


かつて一斉を風靡した味。
豚骨スープの甘み、マー油の程よい苦み、
今でもさびれてはいない名作と言える。

麺を一気に、



ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!


美味しい。
でも、わくわくするような
感動は感じなかった。
あくまで個人的見解。


この細切りもやしがいいんだよね。


このラーメンにはこのもやしなんだよなあ。

チャーシューは厚切りで美味しい!


こんなに分厚かったかな。


豚まんま。


味がしみしみでいいね。


海苔で巻いても楽しんだ。


さてさて、戸越銀座で輝きを
保てるか注目である。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。




感想など。。。
posted by ぼぶ at 19:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都品川区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年05月06日

らぁ麺 善治 日吉店@日吉(濃厚醤油らぁ麺)077

訪問日時:2024/05/07 11:38

らぁ麺 善治が日吉にもできた。


2024年4月19日OPEN。
前身はステーキ屋さん、その前は餃子バルだった。

横須賀中央本店、赤羽店、
平塚店、新橋店に次ぐ5店舗目。
他に極み豚骨虎徹 横須賀店というのもある。
豊富な資金力を感ずるね。

商品は新橋と同じく、


濃厚、淡麗の醤油と塩、
それに油そば(5/1から)。

先にチケットを買うらしい。


もうすぐ冷やし担々麺も登場の予定。

濃厚醤油らぁ麺と、またもうなぎ丼を購入。
ちょうど満席にて1人で外で待つけど、
キュートな女子スタッフさんに
すぐに呼ばれた。

厨房に向いたカウンター5席、
窓に向いたカウンター4席。
窓側に案内された。


こだわり書は同じ。

調味料類は胡椒、一味唐辛子、山椒、おろしニンニク。


5番目で3分後到着。


相変わらず、オペレーションが良い。

乗せものは淡麗と同じで、


炙りを入れたチャーシュー、メンマ、
青ねぎ、江戸菜、小梅。

スープは鶏白湯醤油そのもの。


まろやかで香りもよく
これはかなり上質なスープと感ずる。

麺は淡麗と同じく、
細ストレート。



ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!


当然のように美味しい。
面白みはないかもしれないけど、
既視感は感じない美味しさ。

チャーシューは、


保存臭がして残念。。。

メンマは最高。


鶏白湯には胡椒だ。


合うに決まってる。


うなぎ丼を再び。


小梅も乗せて悪い食べ合わせ(^^;


しかしこのうなぎ、
ふっくらして非常に美味しい。

山椒をかけてみたけど、
花椒のような香りだった。
これは和山椒がいいと思うよ。。

ねぎチャーシュー丼の割引サービスを
やっていたけど、こちらにしてよかった。

最後はスープをかけて、


うまし!
でも、この試みは淡麗の方が
合っているように思った。


日吉かあ、、、
大勝軒に来なくちゃな、
と思いながら店をあとにした。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。




感想など。。。
posted by ぼぶ at 23:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 神奈川県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年05月01日

中華そば ときわ@黒磯(チャーシューメン)076

訪問日時:2024/05/01 11:15

黒磯、大田原あたりは
ここのところ、白河ラーメンで賑やか。


白河手打中華 ときわ
2024年3月22日OPEN。

またもややたべ系のお店になる。


記名帳には前に4組5名の
名前があった。
店頭で14分待ち、名前を呼ばれたので、
券売機の前へ。


チャーシューメンを購入した。

中に入ると、7席のカウンター、
2人用に仕切られた4人卓×3。

カウンターに案内されたた。


黒胡椒とラー油のみ置いてある。
お酢、追いタレ、鶏油はリクエスト制。

お約束のガラがやってきた。


少し味が薄いので、
追いタレはこれで使う方が多いようだ。
私はラー油をかけて楽しんだ♫

座って12分後到着。


チャーシューは2種。
メンマ、ねぎ、なると、海苔、ほうれん草が
あしらわてている。


さて、スープはと、、、


あれ?

もう一口、、、、

そうなんだ。。。。

白河ラーメン特有の醤油のキリッと感はありつつ、
そばつゆのような和風の味を感ずる。
白河ラーメンとしては珍しい。。

麺はもちろん手打ち。



ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!


食感的にはやさしい部類。
縮れ度合いが楽しく、
もっちりとした食感がナイス。

和風なスープとも合っている。

チャーシューはもも肉。


見た目は違うように見えるのもある、


でも、同じだよね?

さて、このチャーシュー、
ちょっと違和感ある香りがした。

かぶり肉は問題なく美味しい!


薫香も適度にあり、
2枚あるのがうれしかったり。

メンマはたけのこの煮物みたいな
食感と味わい。



和風な白河ラーメン、美味しかった。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。




感想など。。。
posted by ぼぶ at 17:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 栃木県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年04月30日

中華そば 結。@大森(背黒煮干ブラック)075

訪問日時:2024/04/30 11:40

4月27日に商品リニューアルをかけた、
大森の中華そば結。に訪問。


丿貫そごう横浜店(閉店)の元店長を
迎えて、生姜ラーメンから煮干そばへと
変えてきた。


並びはなく、すんなり入店できた。
券売機に向かう。


四種の煮干を使った純煮干、
背黒煮干メインの背黒ブラック、
煮干しと貝三種の淡麗の塩柚子煮干塩、
という3種がラインナップ。

お得意の和え玉は
生姜、浅利バターがある。

純煮干は先人のレポートを見て、
なんとなく味が類推できたので、
背黒ブラックをプッシュ。

店長さんがスープ、麺を担当し、
女性スタッフさんが、麺を整えて、
盛り付けを行っている。
そして、最終的に店長さんが整えて
お客に提供していた。

ただ、麺線を揃えるのに、櫛を使っているのが、
とても違和感があった。。。
もちろんそれ以外には使わないのだろうけど。。

純煮干とブラックでは麺が違うので、
何人か飛ばされて、12分後到着。


直前にスライサーで薄切りされた
チャーシュー、ねぎ、バラ海苔、背脂が乗り、
最後にブラックペッパーをかけていた。


スープ、うま!


やや塩味強く、甘みもあるけど、
エグミに近いような煮干し感。

もっちもちの麺が合いまくり。



ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!


このブラック煮干はいいね。
蒲田の潤を思い出すような味わい。
バラ海苔、背脂も良い脇役ぶりを示す。
黒胡椒がやはり絶妙に合うね。

白飯がピッタリな味わいだけど、
今日はいいや。

チャーシューも美味しい。


切り出したときはピンク色だけど、
すぐに火が通った安心の色になり、
スープの味も手伝い、かなり好み。

究極のTKGはこのチャーシューが
たっぷり盛り付けられいて気になった。


美味しかった。
今後どのような限定をリリースしてくるかが
楽しみではある。






感想など。。。
posted by ぼぶ at 13:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都大田区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年04月22日

博多水たき さ和鳥 八丁堀@八丁堀(鳥坦々麺)074

訪問日時:2024/04/22 11:55

かれこれ20年以上参考にしている、
日本一の担々麺サイトだと思う。
管理者の戸台さんには担々麺情報を
仕入れるたびにお知らせしている。

八丁堀のこちらの店は
ランチの鳥そばと鳥担々麺が人気なので、
情報提供したらすぐに実食されており、
★★★★★で評点している。

私も食してみたくなった次第。


粋な外観の建物だな。。。
かっこいいわ。

中に入ると、1階は厨房のみ。
席は2階にある。
階段を上がって驚いた。
ほぼ満席だ。

4人卓×4、6人卓×1、8人卓×1、
10人卓×1。
6人卓に相席で案内された。

団体が多いね。
これは回転悪いね。

お品書きを拝見。


鶏そばは鶏白湯みたいだけど、
水炊きのスープと同じなのかな?

セットの小丼も魅力的。

ご飯ものは親子丼と鴨重。


親子丼を召し上がっている人が
とても多かった。
お隣は鴨重でそれも美味しそう。。。

鳥坦々麺と鳥天丼をお願いした。

七味唐辛子、ゆず胡椒、胡椒が
置いてある。


混んでいるので時間かかるかな、
と思っていたら6分後到着。


>これは回転悪いね。

いやいや、これは回転早いね(^^;

鶏そぼろと白髪ねぎ、青ねぎが乗っている。


担々麺としては寂しい見た目だけど、
スープは、


美味しい!
ライトな鶏白湯で、ごまが品よく効いている。
上質なラー油もナイス。

麺をZuzzzzz〜



ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!


担々麺として美味しい。
優等生的な味わいだけど、
物足りない、と思う人もいるかも。

肉味噌は鶏そぼろ。


和食屋のそれ、という感じ。
これも物足りない感の原因の
一つかも。。

鳥天丼。


これは美味しい!
柔らかな鳥天がとってもいい。
天丼のタレもいい感じ。


ここでは鶏そばに加えて、
小丼を合わせるのが吉と存ずる。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。




感想など。。。
posted by ぼぶ at 19:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都中央区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年04月20日

Minatoya 3@乃木坂(肉やきそば)073

訪問日時:2024/04/20 11:45

六本木まで来たので、
テクテクと乃木坂方面へ。。。


久々のMinatoya3。
温かい肉そばに加えて、
肉やきそばがリリースされてるのよね。

セルフコーナーで花椒とラー油を
取って待つ。


4番目くらいで8分後到着。


麺はそば粉も練り込んだ
玉子入り小麦粉麺。


パッと見、中華麺なので、
もうそれでいいかと、食らいつくと、、、


ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!



あの港屋独特のごわごわ蕎麦。
それを彷彿とさせる食感にテンション上がる。

ソース味にかなりのニンニク度合いで、
パンチのある焼きそばっすね。
これはうまい。

具は豚肉とねぎのみ。
肉そばの肉と一緒。
そしてこのねぎが実にいいね。
肉そばでも存在感あるんだよ。

花椒をパラッと、


もっとほしかったけど、
取りに行くのが面倒なのでやめた。

ラー油もかけた。


でも、味変はいらないね。
やや濃い味付けなので、
ライスがほしいかも。。。

付属の温玉を、


ややマイルドになるけど、
パンチある印象は変わらず。
最後まで楽しくいただいた。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。




posted by ぼぶ at 22:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都港区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年04月19日

藤@三河島(冷たいつけめん)072

訪問日時:2024/04/19 12:06

三河台に謎のお店がオープンした。


え。これって、二代目にゃがの跡地だ!
懐かしい〜〜〜

店名は 「
ラーメン麺、などの冠が何もない。
目立たないし、何の店か一見ではわからんね。

4月15日にプレオープン。
5月1日にグランドオープンということだ。

重たいドアを開けると、
ちょうど満席。
しばし外で待つ。


煮干しらーめん、釜あげつけめん(所謂あつあつ)、
冷たいつけめん(所謂ひやあつ)、釜玉めん、油そばとある。
らーめん、油そばは細麺、
釜玉、つけめんは太麺。

昼夜で若干呼び名が違って、
夜はすべて「プレミアム」が付いている。

5分くらいで1人出たので、中に入る。
厨房には店主さんとその御母上。

改めてメニューを見て、


冷たいつけめんを御母上に注文した。

らーめんもつけ麺もスープを選ぶシステム。


いつものスープは淡麗。
今日のスープはやや濃厚な混合という。
今日のスープでお願いした。

茹で時間は12分。
ちなみに細麺は2分。
複数で来て、違うメニューを頼んで、
つけめんが出る前にらーめんを
食べ終わってしまうのが2組いた。。

調味料類は、
胡椒、ラー油、一味唐辛子、酢、
ごま油、釜玉タレ。


こちらの特徴は昼夜で麺の小麦粉を
変えること。
こんなの業界初じゃない?


昼のらーめん用の中華チャンピオンは
外国産の強力粉で、日本ではほぼ使っている店は
ないそうだ。

サンドウィッチもあるけど、
そのパンも自家製かしらん。。。

17分後到着。


うはー、すっげー麺だ!


御母上が

「顎が疲れますよ」

と仰っていた。


そのまま一本口に入れてみると、
確かにゴワゴワだけど、香り高くて
素晴らしいじゃないすか。

スープに浸していただくと、



ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!


スープは豚の香りがして
乾物魚介も加わっている。
サラサラで麺との相性は正直イマイチかもしれん。
でも、インパクト抜群の麺が楽しくて、
あまり気にならなかった。

するずるとすすれないけど、
その分、多めの咀嚼も余儀なくされて
香りまで充分楽しむことができる。

具は別皿でチャーシュー、メンマ、海苔、
揚げねぎ、柚子皮。


メンマを食べてびっくり。


こんなに柔らかなメンマは
あまり記憶にない。
実に美味しい。

チャーシューはもも肉?


柔らかで丁寧な仕込みを感ずる。
美味しい。

具の入っていた器が空になって思いついた。


一本取って、釜玉のタレをかけてみたら、
これがうまいわ!
釜玉めんも美味しかろうね。

調子にのって、タレ、酢、唐辛子、
ごま油を入れて、


もう一度麺をこちらに入れてみた。
楽しい遊びだった。。。

麺がなくなり、スープ割り発注。


それでも濃かったし、豚の香りが強調されて
少し苦手な部類になり、残してしまいました。
ごめんなさい。


面白い店だ。
店主さんも気さくでいい人だし、
細麺も気になるし、いつか来られたらな〜


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。




感想など。。。
posted by ぼぶ at 19:00 | Comment(1) | TrackBack(0) | 東京都荒川区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年04月18日

SPICE×RAMEN ススス@中津(スパイスラーメンスペシャル)071

訪問日時:2024/04/18 11:39

大阪に泊出張。
今日は中津までやってきた。
駅を出て5分くらい歩くと、


目指す店のA看板があった。
狭いけど、魅力的な路地。。


SPICE×RAMEN ススス
2022年9月23日開業。
スパイスラーメン専門店。

店に入ると、先客なし。
意外・・・

券売機に向かう。


スパイスラーメン(エスニックスパイス)、
スパイスラーメン椒(和スパイス)、
つけ麺に加え、普通の中華そばもある。

すでに決めていた
スパイスラーメンスペシャルをプッシュ。
あと、追加スパイス100円も。

10席のL字型カウンターに2人卓×2。
端っこの席に案内された。
スパイスはグリーンを所望。
カルダモン、ランペ、ペパーミントなどで
作ったものらしい。

他にはブラック(クミン、コリアンダー、クローブなど)、
レッド(ハバネロ、レッドペッパー、パプリカ)がある。
レッドのみ辛さ★★★★★表示。


古民家リノベーションで作られた店内。
お客がいないせいか、ゆったりと時間が
流れる感じがいいね。

キュートな女子2名によって作られ、
5分後到着。


スススと書かれた器がかわいい。


スパイスチキン、パプリカとピーマンのアチャール、
スパイス玉子、キーマスパイス、ココナッツスパイス、
パクチー、レモンが乗せられている。

まずはまだ澄んだスープをそーっと、、、、


ひゃあ、スパイシーだね!
複雑なスパイスの香りですごいスープだ。

でも、スパイスの奥に煮干しもキチンと
感じられる。

少しぬるいけど、これは熱々では
ない方が香りがわかるかもね。

麺はシコシコストレート。




ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!



いやー、うまいわ。
スパイス好きとしては
最大限に美味しい!

塩味はやや低いんだけど、
スパイシーな香りで全く問題なし。
箸がどんどん進むったらない。

ニッチなジャンルだけど、
こういうスパイスラーメンって
もっと流行ってほしい。
あの人にもあの人にも食べてもらいたい。

スパイスチキン。


柔らか鶏もも肉。
これは良きご飯のおかずになるよ、きっと。


これは、左がキーマスパイス、
右がココナッツスパイスと呼ばれているもの。


キーマスパイスは20種のスパイスを
玉ねぎ、そぼろ豚肉、蓮根、玉葱などと一緒に炒めたもの。
ココナッツスパイスはスパイスとココナッツミルク、
キドニービーンズ、トマトと一緒に煮込んだもの。

キーマはやや辛くて、ココナッツは甘い。
このコントラストが実に面白い。


スパイス玉子。


半熟で味はあまりなく、


ただただ、スパイスを楽しむ仕様。
これも面白い。

レモンはお箸で潰しながらまぜていったけど、
それほど変わらなかった。


そして、興味津々だったグリーンスパイス。


キーマとココナッツもスープに馴染んで、
トロトロになったところで混ぜ込んでみた。
すると、ミントの香りで少し爽やかに、
そして、より一層複雑なスパイスワールド全開になる。

なんと楽しい食べ物か。
ずっと笑顔だったと思う。


麺がなくなり、ダイブ飯発注。


へへ。
バスマティライスなんだよ。
しかもターメリックで色付け。

これを残ったスープにいれるのは
スープを単体で楽しみたいので、回避。
スープをこちらにかけた。


なんと幸せな食べ物か。。。
もうため息が出る。。。
やはりスパイシーなスープには
バスマティライスだな。


そしてすべてを平らげ、
店をあとにした。

大阪には宿題店が350店くらあるんだけど、
ここは是非再訪したい気持ちが強い。


素敵な路地を歩いて、また地下鉄に乗った。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。




感想など。。。
posted by ぼぶ at 22:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 大阪府 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年04月16日

世紀末の小麦祭り 新宿店@東新宿(らーめん魚介醤油祭り)070

訪問日時:2024/04/16 12:30

新宿か。
あまり時間もないし、
目の前にあった新店に行ってみるか。


人類みな麺類系列の新たなお店。
社名は絶対に書きたくない。
youtuberのラファエル氏とのコラボとか。
よう知らんが、彼はラーメン作るのかい?

こちらは、
1月18日に渋谷で開店したと思ったら、
3月31日に閉店し、こちらに移転してきた。


1階の肉とパスタ くれあの間借り?
渋谷でも間借りだったね。

暗い店内に入ると先客1名。

メニューは


らーめん魚介醤油祭り、
らーめん濃厚にんにく祭り、
らーめんピリ辛淡口祭り、
の3種。

大阪や渋谷ではフランス醤油とか
イタリア醤油とかあったはず。。。

席札のQRコードを読んで。


らーめん魚介醤油祭りをオーダーした。


厨房には松村社長もいるじゃん。
力入ってるのかな、、、

6分後到着。


レアチャーシュー、メンマ、葱が乗る。
チャーシューは思ったほどピンクじゃないね。

スープは干し海老、干し牡蠣、干し帆立で
出汁をとっている。


その魚介類を良く感じ、
そして甘い。。。
人類みな麺類の味に近い。

麺はもっちり太麺。


スープの持ち上げは今ひとつながら、
美味しいではないかい。

チャーシューは抵抗なく美味しい。


ただ、都度切り出しでなく、
袋から出していた?みたいで、
なんとなく萎える。。。

メンマ美味しい。


麺と具がなくなると、
甘いスープはあとを引かずに
箸を置いた。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。




感想など。。。
posted by ぼぶ at 21:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都新宿区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする